Page: 1/1   
2月吹雪の西穂高独標 2日間  
西高東低の冬型の天気・・・
だけど、長野県まで来ちゃいました。
前から計画してた西穂高に向かってます。
中央道から見える早朝の景色はまるで山が迫ってくるような迫力!!!

安房トンネルを抜けると、雪とアイスの世界!
ぼ〜っとハンドル握ってたら、リアタイヤがアウトにはらんでいく〜
下りカーブ〜 これだから、雪に慣れてないドライバーは危ないですよね。
気をつけないと!

新穂高ロープウェイ 登山者の駐車場は乗り場から100mほど下がった
ちょっとわかりにくいところ。
待ち合わせてた2人と合流。 山の方は雲に覆われてるけど、とりあえず行きますか!

わぁーーーーステキな世界だわーーー
観光のお客さんがほぼ99% 残念ながら外は真っ白の世界だけど、
雰囲気は十分味わえる!
隣にいた老夫婦が、わたしの山格好をみて「私たちも若い時に穂高に登りましたよ」
と、奥さまが旦那様と目を合わせてほほ笑んでる。
いいなぁ~ 私、こういうの大好き。勝手に彼らの若い時代、山を歩く楽しそうな
姿を想像してこっちまで、ほっこり気分♪こうして何十年(?)たって、
またその山に訪れる、2人の思い出ってステキですよね。

ロープウェイ乗り場から、小屋までは1時間ぐらい。
すでに誰か歩いてるので、ラクラク歩行。
寒いかと思って、厚着してたら、途中で汗が噴き出る・・

小屋に到着。風が強く、時折薄い雲から太陽の明るさを感じるけど、
雪も降ってて今日はどうかなぁ・・・

西穂山荘、秋に来た時と様相がちがって、雪に完全に埋まってる!
到着早々、ラーメンをいただく。 Tさんはビールまで飲んでる!!!

この日は、だれも西穂を目指すことなし。
なんだけど、わたしは丸山だけでも行きたい!!!もう山みちゃったから、
歩きたくて仕方ない!!!

ということで、出発!
この時はまだ雪も風も強くなかったけど、丸山に着く手前ぐらいから、
立ってるのもたいへんな強風に。

でも、わたしはどうしても吹雪の中の山が見たくて、
結局、独標まで行っちゃいました。

もちろん、すべてが真っ白。
轟音とともに全身を叩き押し出す強風、本来は柔らかいはずの雪がきらりと光る
小さな凶器のようにバシバシと全身に攻撃

高山の吹雪ってこういうことか・・・
それにしても、最近の山のウェアはすごいって思っちゃいます!
実は、こんな短い間なのに、右こめかみ辺りが軽い凍傷になってしまって。
そこの小さな部分だけ、露出していたんです。

強風とホワイトアウトの世界を制覇するので必死だったら、その時はわかりませんでしたが、こうしてブログ書いてる今、鏡を見ると殴られたような跡に・・・

その部分以外は、全く寒くないし、のぼりで汗をかいてるのに
冷えてもこないし。本当に各メーカーに感謝です!
(ちなみに、Finetrackメインです・・・)

ゴーグルはファン付を装着していたけど、独標から下りるときは
完全に凍りついて、全く何も見えない。
けど、外すと下から吹き上げる風と雪の鋭利な攻撃でとても耐えれない!
ゴーグルの隙間から、足元を確認して下山。

行きの時に、ルートをおぼえながら歩いたはずだけど、
やっぱり下りで迷いそうになるところが数か所。
吹雪の歩行って、本当に危険です。 

結局、往復2時間かかって小屋に戻ってきました。
あまりにも強風で、伏せないとだめなこともあり、時間かかってしまいました。

明日も天気悪いらしい・・・でも、せっかくなので泊って翌日チャレンジすることに。

小屋は快適。平日なので空いてました。
いくらストーブとかあっても、やっぱり冷えるもので、ダウンジャケット着たまま。

吹雪いたところ歩いたので、隙間に積もった雪がとけて、
インナーが若干濡れてたのはいいとして。。。
びっくりしたのが、ちゃんとしめてでかけたはずなのに、
ザックの中は雪だらけ!!! 四方八方から吹き荒れてたからね・・・

お酒が好きな二人は、楽しいだろうなぁ。いろんな日本酒がありました。

外では・・・シェラフ過ごす 穂高マニア(ベテラン?)
ある実験中です・・・

いろんな話で盛り上がって楽しい夜を過ごしました。

4時ごろ起きて、ライト付けて歩こう!なんて、提案したわたしですが、
起きたのは5時過ぎ!!! 普通に寝坊(-.-)
みんなは吹雪の轟音で目覚めてたみたいだけど、
わたしは、この時まで熟睡・・・

おにぎり用意してもらったのに、小屋でいただくことに。
朝ごはんおいしそうだったなぁ〜

しばらくすると、天気が少しマシになってきた かも・・・・?
時折薄い雲から太陽の明るさがある!
といっても、見ての通り、ぐるぐる強風吹き荒れる状態なんですけどね・・・

でも、わたしはどうしても上りたい!
出発〜

わーーー!なんて素敵なトレールなんだろうーーー!
吸い込まれる感覚で足が勝手に前に前に・・・

吹き荒れる風と巻き上がる雪

わたしこんな所歩けるなんて、なんて贅沢なんだろう!って感動!

晴れてる冬山は最高ですけど、でも、でも、吹雪いちゃってる雪山っていうのは・・・
すごーーーい!
安全マージンはかりながらですけど。

あっという間に丸山。
3人そろって撮影。埼玉の方、撮影ありがとうございました。

時折姿を見せる西穂の独標やピラミッドピーク。
ナイスチャンス〜!!!

昨日より、前方がみえるので、とりあえず、独標までは行けそう。

これこれ!見たかった景色!!!
かっこいい〜

実は、これらの写真、適当に撮ってるんです。
ゴーグルの状態は刻々と悪くなっていたので、目の前がはっきり見えないんですよね。
適当に、シャッターボタンを押して、押せてるかもわからなかったけど、
大丈夫でした!

カメラはLumixのTZ30。ー20℃以下の悪条件だけど、ちゃんとこんなに
きれいに撮れてる!!!
山用とかのタイプは、光学5倍なので、この40倍と比べると、納得のいく景色が
撮りにくいんですよね。
日本製ってやっぱりすごい。実はネパールで-25℃の環境でもミラーレスを普通に
使っていたので、山用とかの剛健タイプじゃなくてもいけるって知ってはいたんですけど。

自分が見た景色より、きれいなのにはびっくりします!裸眼を超えるれんずの性能!

おお!ズームも適当だったけど、撮れてる!
独標だ。昨日より条件いいから、大丈夫そうです。 
後ろを振り返るのをすっかり忘れるぐらい、夢中で歩いてる。
わたし、変態かも(笑)
楽しくて仕方ない!

そして、独標へ。とりあえず、一人占め!

西穂高とピラミッドピークと向き合う・・・
感動で心がみちていく・・・
黒い岩と白い雪が形どった山の姿!
吸い込まれるような美しさと荘厳さ。
こんな山に会えるなんて。

胸にこみ上げる感動って、人生で何度あるんだろう・・・
そのこみ上げてくる思いって、感謝の気持ちなのも不思議。

ここは数十年前までは、まさに神様の領域だったんだろうなぁって
神奈川県から、快適な高速に乗って、山奥だけど、整備された道を通って、ぐんと標高をあげてくれるロープウェイ。どんなに吹雪いたって、快適に過ごせる山小屋で談笑する楽しい夜。

本来人間が踏み込めない領域に、いとも簡単に、神様の領域に来ちゃってる。
たくさんの人の、たくさんの物の、たくさんの時間・・・そんなたくさん労力や苦労や、もしや犠牲の上に、わたしは来させてもらってるって。

山に行くと、そのあと数日は満たされた気分なんですよね。
帰りの道も、ずっといろんなことを考える。
もっと謙虚に、そしてすべてに感謝するべきなんだなぁって。

タラタラ長くなりましたが・・・

山が見えてるうちにーーー撮影!

このまま、西穂高に向かいたいけど、
それにしては、天気の条件は悪すぎる。
秋に一度逆から歩いただけだし。状況がわからない。

今年は冬山で苦しめられることがあったっだけに、
言い訳をあえて作って、目の前の西穂をあきらめることにしました。

なごりおしい・・・けど、あきらめさせるには十分の悪条件。

ピラミッドピークと西穂高
今度は晴れた日に、その魅力的な稜線を歩かせてくださーい!

さーて、戻るか!
この景色も・・・わたし好きだなぁ。 ま、全部好きなんだろうけど(笑)

独標まで、道のりは簡単なのですが、ここの最後急斜面は要注意です。
なぜか、風が弱いのが助かります。

今日は、他に4人がのぼってきていたのですが、
一人は昨晩実験してた穂高マニア(毎週ぐらい来て、いろんな攻め方してる)な彼は、
なんと、西穂まで行ってきたって!いいなぁ〜

そして、ソロの男性と、2人組。
彼らは、吹雪ですっかりたいへんな状態でしたが、

わたしたちは、昨日より幾分マシになってる環境で、
このまま降りてしまうのももったいないので、途中で遊んでゆっくりと。

ピッケルストップの練習!

わたしは、固い雪をピッケルでどれだけ掘れるか実験
15分ぐらいで、横に寝転べるぐらい!

ちょっと座ってみたら・・・
ひゃーーー!気持ちいー!

斜面に寝転がると・・・もっと気持ちいいーーー!

適当に遊んで、下山。

下山する10時ごろになるとちょっと晴れてきた!

途中で遊んだりしたのに、往復で1時間半。
晴れてたら、あっという間なんでしょうね。

ぜひ、今度は晴れてる日に!
こういう山って、ソロで行くより数人で行くのが楽しいですね♪



| あゆっち | 23:23 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode