Page: 1/1   
9月初秋の槍ヶ岳 空いてました!

9月の中旬 まだ暑さが残る・・・アルプスはオンシーズン。
静かな山が好きなので、本来なら行かないけど、槍ヶ岳です!

父とです 実は私はこれで6回目
小学生時代に何度か連れられて来ています、父と二人で30年ぶり。

父から「槍ヶ岳行くけど」って連絡。
2カ月近く山に行ってないから、手始めにどこから登ろうかなって思ってたところ
だったので、74歳の父のペースでしかも1泊しての槍ヶ岳だと慣らしで丁度いいかも!

待ち合わせは新穂高ロープウェイ近くの無料駐車場(父は大阪、私は神奈川在住)
到着してびっくり! 満車って看板!
この先に有料のPがあるけれど、日帰りならまだしも、数日なら手痛い料金。
とりあえず入ってみると出入りがあるので、駐車できました
この2日後に戻ってきたときは、だいぶ車がへっていたので、週の半ば以降は
空くみたいですね。ということは、9月の連休とかは、たいへんそう・・・

初日は父の希望で槍平小屋泊 なので、かなりお気楽。

ゆるい傾斜の砂利道をのんびりと

少し山道らしくなる けど 傾斜がゆるいので小屋まではウォーキング


槍平小屋に到着して 驚ろく父。
小屋の前にある 舞台のような小さな長方形が昔小屋があったそうで、
今のは新しいらしい・・・ 小学生時代、そういえば、出入り口前が道だったなぁ。

団体がいたけど、空いていて、4人部屋(Max6人)を二人で使えることに。
快適! 二人とも夜まで仕事して5時間のドライブだったので、
昼寝することに。 といっても、あんまり歩いてないから、疲れてない。

ここは水が豊かでジョボジョボでっぱなし。せっかくので、少し寒いけど
わたしは頭から冷水をかぶって洗髪。おおっ...クールというか、コールド

小屋の洗面台の水は、夜のうちにカルキ(?)を入れて安心飲料水にするためか、
朝使うとすごく薬臭い。なので、外にある水道から水をいただいて出発。

翌日は夜空を見ながら日の出もみたいし、ということで3時起きで出発


満天の星、天の川 流れ星! 
そして、白んでいく夜の空、早朝出発ってやっぱりいいなぁ

すべての生物が眠ってるような静けさ うっすらと軽く
空の色がどんどん変わってくる
夜が明けることって毎日なのに、そんな当たり前のことが
儀式のような荘厳な時間になるのが、山の朝


向かう槍ヶ岳方面、真っ黒な山のバックのブルーのグラデーション
美しい青色に魅了される

振り返ると笹ヶ岳 すばらしい稜線を双方にもつ山ですねー!
どんどんと明るく・・・ 空は青からピンク、黄色、そして白に
そんな変化を見ながら、考えながら のんびりと
槍平から槍ヶ岳までの道のりは、ゆるいジグザグ登りで歩きやすい。

感動に浸ってると

「腹空いたわぁ、メシにしようや」

ええ!?わたしは目的地に着くまでは基本、止まらないんだけど・・・
ご飯!?まだ、おなか空いてないよ
父は昨晩の夕食は、ごはんをおかわりしてたのに・・・燃費悪いなぁ〜


お!夕食がたいしたことなかった(ゴメンなさい!)のに、朝弁は豪華!
槍平小屋の方に感謝。おにぎりだけのところもあるのに、ここのお弁当Good!
ぜひ、みなさんも朝弁はこの絶景でたべてみてください!

笹ヶ岳にスポットライト
徐々に変わりゆく空の演出を見ながらの朝食。
父もわたしも大満足!


まだ薄明るい時間は天敵がいないので、雷鳥に遭遇する確率高いけど、
5羽の子供雷鳥に会ったのは初めて!(写真は3羽だけ写ってます)

そーっと望遠で撮影

フワフワの毛、小さいサイズ、子供らしい動きが愛らしい

すっかり明るく 太陽が頭上にくるまでは、山の姿が黒く美しい
さすが 北アルプス 連なる個性あるさまざまな山の姿!


緩やかなジグザグなので、のんびり、景色を楽しみながらの上り、
気がつけば3000m地点 このコースいいですね、気に入りました!


稜線にでると、やっと槍ヶ岳が見えてくる!

テント場はそれなりに混んでたけど、山頂付近は空いていました
平日だからかなぁ?時間帯か?

荷物をおいて、30年ぶりの槍ヶ岳にとりつく
父もわたしもびっくり、鎖も梯子も増えてるし、とっても登り易くなってる
岩登りっぽい感じがしたけど、人気の山になったからか・・・
安心して登れる感じ!



頂上は6〜7人ぐらいで、空いていてよかった!
昔とかわってない、この祠も変わってない!


そして、このすばらしい景色も!!! 太陽にきらめく山たちと雲海。

南岳、穂高の山たち。 ああっ・・・行きたいなぁ
あのアップダウン、空に向かう上り、ぐぐっと下りる急降下
全身で山を感じれるのが穂高の魅力!

今回ストックを置いてきたのは、もし天気がよければ、もう一泊して
穂高狙いだったんです 昨年の縦走は最高だったなぁ〜

けど・・・!ぐるりと右を向くと

西鎌尾根、笠ヶ岳の稜線

どんだけよー きれいすぎるー! 楽しいに間違いない!!!
歩きたーーーい!!!


父:「あそこ3回歩いとるで、小学生の時」

そうなんだ・・・まったくおぼえてない。
その当時はしんどくて、登山が嫌いだったんだけど。
ありがたみがわからない子供にはもったいなぁ〜 まぁ、体力ついたかもしれないけど。

やっぱりもう一泊しよ、マップを広げる
双六小屋も魅力だけど、それだと時間が余りすぎるので、鏡平山荘に行ってみよ

父は仕事があるので、下山。

さっそく西鎌尾根!

せっかくなので、ゆっくり堪能して歩こう!

いくども立ち止まっては景色を楽しむ
誰もいない 貸し切りだ!

何度も振り返る、槍ヶ岳そして、北鎌尾根のエッジがかっこいい
空も雲も、太陽も みんな素敵な景色!

苦労して自分撮りしてたら、男性が下りてきたので、撮影をお願いしました。
ありがとうございます!

この方とは双六小屋まで一緒に歩くことに。
京都からいらっしゃってて、山を登りまくってるとのこと。
詳しい、そして海外も行かれてるので、話しが興味深い!
いろいろありがとうございました。

双六小屋到着 素敵なロケーションにあるのですね。
子供のころ、泊ったんだけど、おぼえてないな。
ここで、ランチ カレーをいただく

風もなく、暑くもなくちょうどいい

贅沢だなぁ ゆっくり のんびり・・・
出会った人とおしゃべり みんな笑顔 晴れてよかったね、最高だねって!

山は、一人で来ても出会った人と気軽に話ができる不思議なところですね。
オンシーズンもいいかも。 いつもはオフシーズン狙いだけど。

槍ヶ岳とは全然ちがう雰囲気
やさしい山、まぶしい青空と緑

花の季節はもっとすばらしいでしょうね!

振り返ると双六荘 幾度も振り返りたくなる


そして、さっきまでいた槍ヶ岳と双方のと

あ!昼寝にぴったりの場所だ
ごろ〜んと・・・


はっと、起きるとすっかり雲がでてきてる


鏡平荘が見えてきた

残念ながら個室はとれなくて
*早朝出発したいのに、寝てる人に迷惑かけたくないので、
個室をできるだけとるようにしてます。
大部屋だったけど、上段は女性2人とわたしだけで、広々
彼女たちと仲良くなって、いっしょに夕食

わ!豪華!お野菜もある。おいしー!

楽しかったな〜
明日も楽しみ

3時半起きに目覚ましセットして眠りにつく

明日の晴れを信じて・・・

ところが、これが残念なことになってしまうのです。

1日目:穂高ロープウェイ近く無料駐車場(深山荘からは入って奥)ー槍平小屋泊
2日目:槍平ー槍ヶ岳ー西鎌尾根ー双六小屋経由ー弓折岳ー鏡平山荘

| あゆっち | 23:27 | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |
鏡平山荘ー笠ヶ岳ー笠新道
今日はずっと真っ白 雨とガス

朝3時半に起床 今日は笠ヶ岳に登って下山予定
誰も起きてないかと思いきや!結構人がうろうろしてる!
そうか…失礼だけど、お年寄りはおトイレタイムなんだ!
 
この時間に起きて周りの人に迷惑かけるのが心配だってけど、
ぜんぜん大丈夫でした!

外に出ると暖かい!そして、湿度が高い。
星も月も見えない・・・

歩きだして5分しないうちに、パラパラと小雨が葉を叩く音が・・・
晴れと想定した今日はどうやら、天気が悪いよう。
どうしようか・・・
とりあえず、弓折岳まで行ってみることに。

雨はやんだけど、条件は悪い空。座ってしばらく空を眺める、どうしようかなぁ
とりあえず、チョコレート食べてる・・・元気出すために!
あんまり天気悪かったら、下山して温泉や観光楽しもうって決めてたけど、
雨ではなさそうなので、笠ヶ岳に向かう。途中エスケープもあることだし。
 
なかなか明るくならない。こういう時、ちょっとさみしい気持ちになるな。
本来だったら、音楽聞いたりポッドキャスト聞くんだけど、充電が切れてて。
(スイッチがOFFになってなかった・・・)
明るくなっても、こんな感じ
とんだ一日だなぁ・・・来るんじゃなかったって
思わせないのが、山のいいところ

景色がダメでも、行く先々の足元にはそれぞれの風景
 
雨や湿度が高いときは、花や緑がイキイキしてるのが伝わってくる!
しゃがんで、花目線で見るとまだ夏の優しい風景。
やさしい風景 そろそろ紅葉が始まっています
 
鮮やかな赤色は秋を告げてるんでしょうか・・・?

庭石のように点在した存在感ある岩と花畑のコラボレーション
コバイケイソウは湿度を含んで、晴れてる日より元気に見える!
標高が高い場所なのに、水が流れてる・・・
湿度が高くて、雨がパラリと降るような時に気がつかされるのですが、
植物たちが朝になったら水滴を集めてくれて、地面に吸い込まれて
集まったものが川になって・・・わたしたちの生活の水になるんですね。

広がるハイマツの風景が愛おしく思える・・・!
そして、ハエマツはその実を猿の食べ物として提供したり、
これは鳥がつついて食べた跡。このいくつかが根づいて、育っていくんだそうです。
あとで、出会ったガイドさんに聞きました

お天気が悪いと、彼らはたくさん出てくるようです!雨でぬれた岩に気持ちよさそう
そして、今日は3か所で、雷鳥に出会いました
 
下の方が白い毛に。冬の準備ですね。
静かな山道で、そんなこといろいろ考えてると、
なんだかとっても謙虚な気持ちになる、
植物ってただ存在するだけで、どれだけの命をはぐくん出るかと思うとすごいなぁって。
そんなこと、日常じゃ考えないし

あれ、そろそろ森林限界かな?
そうじゃなくて、登りきると、歩きやすい道が待っていましたが、
岐阜側は風が山肌を上ってくるので、ヒンヤリ。
今までみなかったような草花もでてくる!ふと足をとめてしまう
小さな草花の世界が目に楽しい
ビタミンカラー! 元気もらえたー!
日本は世界でも稀にみる高山植物が生息してるって聞きました。
厳しい条件で生きる彼らは強い!って思ってたのですが、下界で勝てずに、
弱くてどんどん上に逃げて・・・そして高い山の植物になったっていうことも
聞きました
なので、とても愛おしいです

看板がありましたが、立ち入り禁止って 
でも、踏まれてしまって広がってしまった道や、
今年成長したであろう植物が踏まれているのも・・・
 
摘まないってのは常識ですが、踏まないっていうのも常識になればいいのに

小さな芽や、傷んでしまった植物たちのまわりに、小さな石で囲い。
来年大きくなればいいのにね。

雷鳥とか虫は人間がきたら逃げるけど、きっと彼らも逃げたい気持ちになってるかも
一人で周りに景色がみえない静かな世界にいると
いろいろ思わされることがあるものですね
 
分岐点 帰りはここまで戻ってきて笠新道で下りる予定
笠ヶ岳は道がわかりやすく、分岐点もここぐらいしかないので、迷うことはまず
なさそうです。
割れた石!中は広かったので、緊急時に使えそう
相変わらずいろんな小さな植物や、鳥たちを見つけながら
ゆっくりと稜線を楽しむ!
晴れてる日には気がつかないけど、今日はミクロな世界に目が行きます!なんだろうこれ?!

ゴロゴロ石エリアに!
どうやら頂上も近いよう

ガンバレ だって! ありがとう!この文字あちこちにあるんだけど
センスある(^^)

ふぅ〜 小屋についた!
りっぱな石垣に囲まれてる あとで戻ってお茶でもいただこう
山頂へ・・・
ゴロゴロ大きな石、たくさんの人が踏んでくれてるから歩きやすい! 
 
頂上についたら真っ白だけど、祠が見えてきた
もちろん誰もいない・・・
祠の岩垣のそばに座って ぼっ〜っと
そんなことありえないけど、昨日歩いた槍ヶ岳や穂高の姿が見えないかなぁって
 
冬にここにたどり着いて、見る景色はどれだけ荘厳だろうか・・・
広い頂上は銀世界で、見える冬の山たちの美しさを想像したりして!

帰りに気がついたけど、奥に行ける道があった
 
こっちが頂上???
どこなんだかまるでわからん景色!
 
笠ヶ岳山荘に戻ってきて、ココアをいただく
とても雰囲気がよくて、スタッフの一人の男性と少しおしゃべり
「10月中旬までやってるから、また来なよ!」
来たい!!!今度は晴れてる日に。笹ヶ岳、きれいな山だし!

あとは、下るだけ。
あっという間に、分岐点にたどり着き、笠新道へ
このころから、雨が降ったりやんだり。着たままだど暑いし、脱ぎぱなしだと濡れるし。
ミッドレイヤーにFinetrackのニュウモラップフーディーを来てたんでけど、
これ本当に便利。風も通さなくて、そして、多少の雨だったらカッパ代わりに
着てられるし。なのに、蒸れないし、すぐれものです!

下はさすがに濡れ草とかでベチャベチャになるので、レインパンツを履いたのですが、
これは先月買ったばかりFineTrack製にしてみました、
HPの宣伝文句が気になって買いましたが、
本当にストレッチが優れいて、軽くてストレスフリー!
何より、前は膝上までしかジッパーが、なくて脱ぎ着が面倒だったけど、
これは腰近くまであるので、脱ぎ着が簡単〜 買ってよかった〜

以前はデザインや色で選んでいた装備だったけど、
機能性とか考慮し出すと、お店のスタッフさんおすすめのFineTrackが一番いい気がする。
あと、モンベルもリーゾナブルですけど、機能性があっていいですね、
毎年バージョンアップするから、買い変えたくなるのが難点ですけど(^^ゞ

日本製・・・いいんですけど
ただ・・・もっとウエストを絞ってほしい・・・それかそう見えるデザインとか!

モンチュラとかって、さすがイタリー!おしゃれなんですよね、
しかも機能も優れてるし。

しばらく下りると開けた、美しい景色の世界が!


運のいいことに、このシャクシ平にいた時だけちょっと、太陽がでてくれたんです!
そしたら、クマタカが空を悠々と・・・

きっと、雷鳥たちはマイマツに身を隠してるんでしょうね・・・

下から心地よい湿度の風とともに、また雲がやってきた・・・


なんだろうか・・・いくら見ててもあきな・・・


シャクシ平が終わるころに、ソロの女性と出会ったら、
「ここまでたいへんでした!明日は弓折岳を経由して帰りますっ!」

そんなにたいへんなんだ!
でも、弓折岳までの稜線はすばらしかったので、それはぜひおすすめです!

そして、本当にここから林道までは、急こう配プラス、ゴロゴロ岩で
たいへんでした! 20人ぐらいとすれ違いましたが、みなさんご苦労様です。

でも両サイドの景色はすばらかったですよ。
赤実のついた木の種類が多くて、かわいらしい




この時期よくみるのが このイチゴ すごく酸っぱいですが、
鳥がたべてフンに混ざってるのをよくみかけました

ブルーベリーもたくさん見かけました!
一粒だけ、いただきます♪ 

あ!朴の木だ・・・大きな葉!

そして、途中からブナ林に

ブナって形が変わってるんが多いですよね、ここはこれ以外では
まっすぐで素直な木が多かったなぁ
ゴロゴロ大きな岩がたくさん。わぁ〜これいつまえに倒れてくるんだろ(怖)

林道の砂利道に出ると、秋の訪れを告げるようなけしきが・・・

久しぶりにやってきた山、
連日コースタイム10時間以上の道のりだったので、
足が全体的に疲れて、ゆっくりゆっくり

どんなに疲れても、雨に降られても、山との別れはやっぱりさみしですね。


右手に清流を眺めながら

こんなおもしろいもの発見! ほんとに岩の間から、ヒューヒューここだけ風がくる!

途中、ガイドさんや観光案内所の人とおしゃべり。
山以外にもいろんなイベントがあったり、これからは紅葉も楽しめて
また来たいなぁ

そういえば、ロープウェイから一番近い、立ち寄り温泉(奥飛騨の湯)
は今日は閉まってました。不定休らしいです。
ここを目指す人も多いみたいで・・・要注意ですね。
深山荘も入れますが、内湯と露天が離れてるのが〜

ロープウェイから、1kmほど下りた所に、ひがくしの湯。
わたしはほぼ貸切でゆったりできました、
温泉の後、飛騨牛ディナー。おそばも、卵もついていて大満足!


これから家までは4時間半のドライブ。
楽しかった山でのことを思い出しながらの帰宅でした。

3日目:鏡平山荘ー弓折岳ー笠ヶ岳ー笠新道ー駐車場へ

※当初は父の付き添いで1泊2日のつもりでしたが、天気がよく私だけ
西鎌尾根経由でもう一泊の笠ヶ岳にも。
あいにくの雨でしたが、なだらかな稜線、豊かな草花に癒されました
2,3日目はコースタイム10時間以上のロングコースですが、
勾配がなく、稜線がほとんどなので、疲れることなく歩くことができます。
※槍平小屋、双六小屋、笠ヶ岳で水はたくさん確保できるため助かります!



| あゆっち | 23:02 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode