Page: 1/1   
9月八ヶ岳_阿弥陀の南陵と中央陵 雨と晴れ
諏訪南IC下りて、八ヶ岳の方向かったけど・・・
ずっと雨じゃないの?!この風景・・・
阿弥陀の南稜の登山口は舟山十字路ゲート(15台ぐらい停めれます)
このゲートはカーナビで出てこないので、わたしは八ヶ岳美術館を目的地にして
近くに来たら、そのまま直進してすぐの右手(丸山 別荘地方面)を直進
途中で砂利になったり、舗装になったりの数分です。

これは戻ってきたとき撮った写真なので、昼過ぎの風景です。

ゲート近くに右側に行く道あり、300m行くと、湧水あり。(地元の人愛用♪)
トイレとか無!IC下りてすぐのコンビニで
6時過ぎに到着するけど、雨がパチパチと窓を叩く!!!
雨の日に来るなんて・・・
「休みじゃなくて、天気にあわせて山って登らないとね」なんて、
えらそうに言ってたわりには、普通に雨なのに来てる私・・・

とりあえず、寝よ!・・・?30分ぐらいすると、車がやってきた。
あ!登山者が来たなら、わたしも出発だ、って思ったら、茸狩りのご夫婦。
「今日は天気やって聞いてたんだけどねぇ」ってお互い苦笑い。
ゲート超えてまっすぐ、すぐに看板があるので、わかりやすい。

トンボも雨だと休んでます・・・ 静かぁ・・・すぎ・・・寂!

あらら・・・だんだん雨がひどくなってきた。
フードを前に押し出して林道歩き。

歩く・・・歩く・・・ ムム!?小さなダムに付きあたる???
左側に登った形跡あり。無理矢理登ったような・・・
あれ???いろんな人のブログみたけど、いきなりこんなにたいへんだった?

足跡あるから、たどってみたけど、どうもおかしい。
よーく足跡みると・・・ この足底パターン、長靴じゃない???
これって!ハイカーの靴じゃない。
遠くからチャリーン チャリーンって音が。
あ、さっきのご夫婦だ。え?だいぶ上から聞こえてくる。
どうやら、もうとんでもなく道を間違ったみたい。無理矢理登って、
ご夫婦に対面!「道間違えたみたいです・・・」
ご夫婦「あら、右側に看板でてたでしょ?だいぶ戻るけど」
気をつけてたけど、フードを深くかぶって雨をよけてたので、見過ごしたみたい・・・

で、だいぶ戻って・・・あらら・・・おーいもう8時過ぎてるよ〜
この看板。
コースもどって、進むと河原にでます、それを渡って
右側にわかりにくいですが、登り口。ところどころ、赤テープあり。
これを無理やり急登すると ちゃんとした登山道にでました。

出だしから、これで大丈夫でしょうか・・・私。

遅れた分!とりかえす!!!とりかえせるぐらい快適な道のり。
この四区って文字は、帰りの中央陵でも・・・広いな〜4区。

みなさんのブログにもあったとおり、どうやらこの山は恵みがたくさんあるようで、
入ってはダメワイヤーがあちこち。

途中から、苔の美しい世界!芍薬の木もたくさん、夏に来るときれいでしょうね。
湿度たっぷりの今日は、特に苔類がいきいき
花もいいけど、苔のような静かで水を感じさせる風景も癒されますね〜
両脇は苔の世界〜! 梅雨時期くれば、もっと雰囲気がいいかも!
アキレス腱を伸ばす感じのいい登りが続く・・・立場山。見晴らし無。
たくさんの不思議な苔類は楽しい!何度も立ち止まって深呼吸〜!気持ちいい!

うわさ(?)のアオヤギに出ました〜
ヒョォォォ〜 いい感じで風が吹いてます〜
あっという間に、ホテッた身体が冷やされる。12℃ぐらいだけど、風強いし、
湿気てるしで、しばらすると・・・寒ぃぃ・・・

かなり雲がかかってたけど、風が吹きまくってるので、
ざぁ〜っと景色が変わって、山が見えたり! 
今日は結局、南稜では誰とも会わず・・・肌寒い気温、曇ったり雨降ったり・・・
わたしは一人で何してんだろう???って思いたくなる、暗いのってイヤだな。

なんだか明るくなってきた!今日の核心部?が見えた!
天気予報の言ってたとおり、9時以降は晴れてくるのかも!
でも、また雲がやってきて、暗くなったりで目まぐるしく変わる風景。
台風の影響???風がますます強くなってきて、ちょっと吹き飛ばされそうー!
帽子はとてもかぶっていられないし、岩登りもあるので、ヘルメット装着。

こんな看板がでてきます。 文字は私がPCで書いてます。
もちろん、ザイルとか持ってないので、岩溝コース。
いろんなブログで見たワイヤーのエリアだ。
このワイヤーは使うためでなく、目印用ですね。
季節的に、散々人が通った後なので、のぼりやすいみたいです。
確保しやすく、登り易い感じで、危険性は感じられませんでした。
傾斜もそれほどきつくなく、幅も広くて、落石するようなガレ場でもないです。


登りきると、青空が待ってました!
頂上までは普通の登山道です。
ただ、一般道と違うのは、目印がないことかなぁ

こんな風に↓踏み跡があるので、わかるのですが、目印はない感じでした。



岩場にでてからは、あっさりと頂上に到着します
わあぉ!誰もいないし。昨日までの3連休はさぞかし混んでたろうに・・・

振り向くとさっき通ってきた道のり、雲がなければ景色すごいんだろうなぁ


頂上は風が吹いていたので、傾斜を少し下りて休憩。
下山ルート中央陵が手前に。長野県は確かに"晴れ”、予想通りの下界の様子
太陽がでてきたので、平和な雰囲気。絶景見ながらのランチは最高だねぇやっぱり。
デザートも食べちゃお・・・ 
普段は食べないアンコ系のお菓子が山はとてもおいしい。一六タルトは好物。
時計を見ると11時。
本当は、6時ごろに出発して、赤岳も行ったり、早めに下りて、美術館なんか
に立ち寄ろうとか考えてたけど、面倒だしなんか疲れたのでここでゆっくり。

さっき登ってきた南稜、このなだらかさ加減の登り、アキレス腱伸びるー
この上りで、一生分のアキレス腱のストレッチやった感じ・・・
頂上のほうから男女の声が聞こえてきたので、写真撮影をお願いしました。
さっきまで雲がかかってた赤岳が見えた! 
今日は下るだけだ・・・でも!何人かのブログで、中央陵の道がわかりにくいって
あっただけに、コンパス出して、方向確認!
でも、道はかなり明確な感じだけど・・・???

目の前に、大岩!この間を超えていきます。

ここ中央陵からの景色 すがすがしくて・・・気持ちいいー
今日は来てよかったなぁ 朝は気持ち暗めだったけど

結構な急こう配を最初は下ります。
ロープがありますが、木の根っこにくくってあったりなので、目印として
使うぐらいがいいかも。

下から上ってきた男性とすれ違う。振り返って撮影。ここ、上りがたいへんそう!
途中雲海の景色をバックに・・・今日はミニ三脚がないので、撮影に苦労。

南稜同様に、苔の世界も。

途中からは林道歩き
昼寝に適した芝生のような場所が点在
下りるのがもったいないぐらい快適な天気に!そして心地よい気温。
すっかり昼寝爆睡〜。八ヶ岳はにぎやかな山だけど、このコースは人がいないので、
のんびりできていいですねぇ (平日だからかも)

トリカブトがゆらゆらと、秋ですねぇ

美濃戸口???!!! すごく心配になりましたが、コンパス見てもこっちの
方向だし・・・ この道でOKでした。
舟山十字路の文字がでてきてホッ。 
美濃戸口にも通じてるのであれば、この道を利用してグルリのコースが作れる!
途中で左にカーブしていくと、この看板。こっちで正解です。
この↑の方向に登るのではなく、下ってきたら右です。

山というより、森・・・散歩道。
山は雲がかかってるけど、ここはいい天気!
気分は森ガール!じゃなくて、森おばさんかぁ・・・

メジャールートとちがって、静かなコース。
この季節に登れば、危ない個所は特にないのですが、人が少ないですし、
岩場は目印が少ないです。

コメントをいただいて木がついたのですが、中央陵の看板は途中まであったのですが、
下山の半分は御小屋尾根を歩いたみたいです。
なので、わたしのブログは中央陵を最後まで歩いてません。
ただ、御小屋尾根でも、駐車場には容易に戻ることができました。

看板がきちんと立てられた(?)のか、道迷いの心配はありません。
脇道がいくつかありますが、方向さえつかんでいれば、迷うことはなさそうです。

ヘルメットは持って行きましたが、落石箇所もなさそうでした。

雨が降っていたので、岩場が滑るか心配でしたが、
土をちょっと含んだ感じの岩肌なので、滑るとかいう感じもありませんでしたが、
景色がすばらしいところなので、やはり晴れの日がよさそうです!

ここは冬に来る人が多いところみたいですが、
八ヶ岳を静かに楽しみたい人には、いつ登ってもよさそうなコースでした。
| あゆっち | 23:55 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode