Page: 1/1   
12月 冬の鳳凰山貸切!薬師岳
ディズニーランドの貸切は夢のような話だけど、
山って貸切れることがあるのが、冬!

先月歩いた白峰三山から美し鳳凰山を眺めて・・・
冬には鳳凰山から今歩いてる山を
眺めよう〜 なんて、はりきってお菓子やお茶やランチを用意して出発!

なんと、今日は最初から最後まで貸切。2年前も男性1人だったけど・・・

夜叉神峠までは、写真撮影の人もおおいから、この道は楽ちん。
暗い山道は心細いけど、日が昇る経過は美しいので、やっぱり早出で正解!
下の白い点々は街の灯り。 写真だといまいちだけど、美しい景色に見とれました!

ここだけを訪れるカメラの人の人も多いけど、今日は誰もいません。
冬型気圧配置、西と東北は強風って。今日の天気予報だったしねぇ・・・
ここ南アルプスは、午前中までは晴天、風もそれほど強くない予報。
正解でした、無風、まるで時間が止まったかのような静けさ。

日が昇るのを待つ
ここでゆったりとします。
ここからしばらくは森を歩くので、山の景色はお預けなんです。

音がなく、太陽が照らす色で景色が変わっていくのってすごく不思議な感覚。
山に一人身を置いて・・・この瞬間を味わいます。
単独行の贅沢ですね。
今日はコースタイムだと無雪期でも、頂上まで6時間以上かかる、
無雪期だと速足で歩けばいいけど、
積もってるだろうな〜 前夜は雪だったし。

夜の暗さ、朝の静けさで心が緊張してたけど、
太陽の赤い暖かい光に照らされると、寒さもどっかにいって、ほくほく気分。

冬山は木たちは 彩る緑も紅葉した葉もなくなっちゃうけど、
空に浮かぶ黒い枝の芸術も なかなかのものですよね。
太陽がありがたいって、普段の生活で思わないけど、
こんなときは心から思える

雪がだんだん深くなってきた、杖立峠にやってきました
ちょっと、欲張って食糧持ちすぎたので、少しここにデポ。

途中まであった足跡もなくなり・・・
昨日は吹雪いたと想像されるので、単独の足跡は大きさからして男性、
きっと引き返したんだろうなぁ

途中から、雪が深い。くるぶし上になり、
ひざ下になり、時より太ももまで。
自分では、スピードが落ちてないつもりでも、
時計をみたら時間がジリジリと経過。
登りは体力があるから、ズボッと沈んで、持ち上げる動作もそれほど
疲れないけど、これが帰りまで持つかなぁ〜 時間と体力を気にしながら。

苺平!遅い!2年前は他の人と交代で歩いたし、積雪も今日ほどなかった〜
今日は薬師岳登れるか微妙〜
このとおり、新雪♪ 踏むのはうれしいけど、
数時間これと闘うのは結構、辛い・・・

苺平から、南陵小屋までの道のりはほぼ平坦で緩やかなアップダウン。
ただ、雪がしっかりつもり、そして重い。太陽がほぼ照らさない場所。
冬の森を歩いてる満足感はしっかり味わえます!

森を抜けると目の前に。
人工物があるとホッとする。
ここまでは、軽装だったので、頂上に向けて、重装備に。
時間がないから、焦るなぁ〜
そして、また食糧デポ。なんでまたこんなに持ってきたんだろう(笑)

ここから頂上までは2km 雪がなければ、すぐなんだけど、
し・・・しっかり積もってらっしゃいます・・・
雪深いわ〜 時折太股までくるのは、本当に疲れるよ〜

歩いても、歩いても、小屋が見えない。
なんだか、脇腹も痛いし、嫌になってきた〜

雪の中を長時間歩くのって、ジリジリ体力奪っていく・・・

薬師小屋。
もうこの地点で12時前。冬は12時までに頂上に着かなければ、天気がよくても
折り返すって決めてるんだけど!
ゴーゴーと強風が途中から吹いてたけど、稜線にでたら、さらに強そう。
ザックが風で降られたら余計に体力消耗しそうだから、
ここで、荷物もデポ。本当はおすすめしないけど、時間短縮もしたいし。
雪が少ないから、ダッシュで!!!
う〜ん、雪がないって、こんなに楽ちんだったとは!!!
今日のコースでは特に危ない場所ってないんですが、
この岩場はちょっと注意。もっと雪がしっかり積もればいいですが、この中途半端。
雪の下は空洞になっていて、すとーーーんって下まで落ちるところもあるんですよ。
ストックで確認するか、面倒でも、足で雪の下にある感覚をチェック。
岩が凍ってるので、片足もっていかれたら、支えてる手も氷の上だと体ごともっていかれそうです。

薬師小屋あたりから風の音がすごかったけど、

稜線からは、強風ーーー!
頂上はまさに吹き飛ばされんばかり!!!
ずっと吹く風じゃなくて、時折やってくる暴風ーーー!
もう、音がガガガガーッ! ヒュ〜って風じゃない、冬山の風だ〜

でも、この広々空間やっぱり、いいなぁ〜

そして、見たかったのがこの景色。

どどーんと・・・吹きっさらす風景の中で、
さらに厳しい様相の南アルプスの秀峰たち・・・

強風で、カメラが立たない・・・ミニ三脚を石で囲って撮影〜

どうどうたる富士山も!

懲りずに撮影・・・これ時間とられるんです

観音岳まではすぐなんですが、時計を見るのも怖いぐらい!
タイムリミット〜 急いで下りなければ・・・

2年前の同じ時期。
観音岳からの歩き、眺めが絶景なんですよね〜
風がない雰囲気。富士山がぼーっとしてる。

予定では、頂上でゆったりランチをいただきながら、山を眺める・・・
だったんですが、やっぱり冬ですね。
2年前は同じ時期でも条件がよかっただけに、その落差〜

では、十分に荘厳な景色を 強風に耐えながら味わって!!!


では、ダッシュで下ります!!!
といっても、一人なので何かあっても誰も助けてくれないし、慎重に。

苺平までは日照がないエリア。
冬らしい森の景色は味わい深くて好きなんだけど、
深々と冷える空間、早く歩きたいけど、進まない重い雪 
こういうときは、誰かと一緒だと全然ちがうんだけどなぁ

苺平まで来ると、太陽の暖かさが感じられる方向に向いて歩くので、
安心。緊張もとれて、ちょっとだけ食事。
ガスとかで暖かい食事・・・面倒。冷えたオニギリと、チョコレート。
全然おいしくないよ〜 ゆっくりしたい けど、まだまだ道のりは遠い・・・

西から差す太陽の光が強く感じると夕方だ!
そして、西の山は雲に覆われてる。黒いし、きっと吹雪いてそう。
こっちに来るまでにゴールしたいなぁ

冬ならではの森林の風景。
そして、強風で木々に積もった雪が
細かく空中を走るように風と一緒に吹かれてるんですよ。

よく見ると!

キラキラ・・・ものすごい きれいです!!!

この中を歩く気持ちよさ〜

着いた〜ここまでこれば、安心!あらら、山のような雲!

吹雪いてそうだね〜

もったいないので、座って瞑想(???)
普段瞑想なんて、しようなんて思ったことないけど、
こんな一人で、荘厳な山の中にいさせてもらえるなんて、何かしたくて
瞑想(笑)

プツプツと顔に冷たいもの。ついに雪が降ってきました。

下山すると誰もいない。
けど、しばらくすると10台くらいの車がやってきた。工事車両です。
広河原のほうから・・・ご苦労様です。

夏と違って、周辺の温泉はクローズしてるんだけど、
おっと!途中で発見! 白根桃源天笑閣
地元の人ご愛用。

脚〜 疲れてる〜 温泉が身に染みました。
歩数計をみたら30km歩いてるし。
しかも、雪の中だったしね・・・ 

<夜叉神峠から薬師岳までの往復>
駐車場にお手洗いあり(水でません)
山小屋2か所。
南稜室小屋は冬期小屋あり休憩所あり お手洗いも(それぞれ有料)
湧水は凍る様子がありませんでしたが、雪が積もるとダメっぽいです。
雪は積もっても、なだらかなルートなので、アイゼン使わず。
脚を疲れさせないために、頂上ぎりぎりまでそのままで、
チェーンスパイクで十分対応できました。

2年前のブログ。同じルート

今年は年末年始は台湾で過ごします。
もう一回山行けるかな???
| あゆっち | 17:32 | comments(24) | trackbacks(0) | - | - |

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode