Page: 1/1   
1月 冬の権現岳 
明日は、冬型が緩んだ晴天・・・山日和ー!
急いで前日に仕事を終わらせて”休み”

冬に一度は訪れたい八ヶ岳に行こう♪
赤岳なんかもいいけど、静かな山・・・
権現岳とかどうかな?調べてみると、みなさん静かな山を楽しまれる感じ!

冬の赤岳や阿弥陀、そうだ金峰山なんかもきれいに見えるはず!

期待に胸を膨らせた割には、出だし遅くて
7時半。
駐車場は5−6台ぐらい停められます、すでに2台。

ということは・・・!
一昨日まで天気が悪かったから、積雪あるとは思ってたけど、
ちゃんとトレースができてて、歩きやすい!ありがとうございます!

美濃戸から行者の道のりに似てて、なだらかで歩きやすい上りが続きます、
快適です!

距離を歩いてる割には、標高が高くならない。
まだ1900m、あと800mの標高差はどこで稼ぐんだろうか?って
心配してたら、急な道のりに!
新雪を踏めないのは残念だけど、プチラッセルが必要な道のりだったようで、
わたしは3人目だから、助かります!
稜線に出ました!
スコーンと青空と景色が広がります!
快晴の予報だったのに、曇ってるって思ってたけど、
標高が高くなるとこのとおり! 「わぁーーー」
幾度も見てきた雲海の景色だけど、やっぱり声がでます!

日本カモシカ! 今日は3回も見かけました!

ぐんぐん進むと・・・ほーら!この景色!
左手に目指す権現岳、右手は赤岳。 あら!雪少ない。

一旦、下って、ラストスパート。
今日はまだアイゼン付けてないけど、この分だと頂上まで要らないかも。
頂上付近、最後に左にトラバースするのですが、
先人は右に???ついていくと、ハイマツの上を歩いてる感じ!
これはちがうなぁって思ってたら、 左に人が見えたので手で合図したら
「違いますよー!」私が下りていくの待ってくれて、
左のトレースを教えてくれました。ありがとうございます!

左にまいて・・・ここが急斜面なので、ピッケルを手に持った方がいいことも
あるみたいですが、今日は雪がしまっていて、深く積もっているため、
問題なし!(登りきって振り返って撮影です)

権現岳頂上到着ですが、過ぎてそのまま稜線を赤岳方面に行くと・・・

小屋のすぐ上の分岐点。ここからの景色の方は本当にステキ!
編笠山の方も魅力的

日本の秀峰がずらっと左右並ぶ風景・・・
息を飲む迫力です! 赤岳からの景色も最高ですが、ここからもすばらしです!
猛々しい山たしのふもとに広がる緑豊か冬山、街並み・・・
本当に美しいですね~ 

暖かいとは言え、さすがに2700mの標高は風が強く、
冬を感じさせてくれます!
吹き抜ける冷たく強い風が、この景色を見る瞬間をさらに魅惑的に。

そして、権現岳に戻るときのこの景色!
春に来たことがあるけど、こんな風じゃなかったなぁ。
やっぱり冬の景色は特別ですね!
美しいブルーを背景に岩と雪。
自分撮り! 強風で苦労(`´)頂上写ってないけど、これがぎりぎり!

戻って、頂上に登ってみました♪

上りはいいけど、下りるときは!!!慎重に~
脚の右隣にあるのは、剱です。昔から信仰の山として歴史が長い山なんです。

今日は比較的暖かい。12時前だから、ランチにしようかなぁ・・・
とりあえず、
火をつけようとしたけど、やっぱり風が強すぎて、何もかもがやりにくい!
無駄な抵抗は中止!

下山です。

わぉ!
こんな景色を歩けるなんてーーー!気持ちいいに決まってる!

下るにつれて、風がおさまってきました・・・
まるで春のような陽気。

三ッ頭付近は快適!ランチです。
急いで上ってくる男性、カメラのシャッター押すのも頼めないぐらい急いでる!
確かに、この時間、三ッ頭だと 冬山の行程としたら遅すぎるしなぁ。

この四角いアルミの鍋。人から「レトロですね!」って言われたことあるけど、
そうなの?レトルトカレーとかすっぽり入って、便利!

昼寝できそうなぐらいおだやかな天気!

ついでにケーキも!
ジャムにクリームにカスタードはさんだ、カロリー満載ケーキ。
こういうの大好きで、毎日食べたいけど、アラフォーには許されない現実が・・・
山に来てカロリー消費した時だけだなぁ 噛みしめる~おいしぃー

はぁ 今日はゆっくりできるなぁ

ところで、今日はある意味いいコース。

今まで躊躇して履いてなかった、冬靴。
お店スタッフさんには、勧められ続けてたけど、厳冬期でも、スカルパのメッシュに
バックスキンをかぶせた冬対応靴でなんとかしてきたけど、
こうやって、立ち止まって休むなら、やっぱり、このごつい冬靴がいいですね。
ぜんぜん寒くならない!

そして、10爪のブラックダイアモンドも、密着度が悪いって思ってたけど、
同じのを使ってる人も、「このアイゼンで歩くと怖いよね」って!
アイゼンが悪かったんだ・・・
今まで知らなかったから、我慢して使ってたけど、
このワンタッチタイプのグリベル(エアーテック・オーマチック)
は抜群に使い勝手がいい!
ブラックダイアモンドより重いけど・・・
今日の足は新品づくし。これに慣れるためにこのコースは丁度よかったです(^^)

冬山って、靴にアイゼンに、オーバーパンツ、ゴテゴテになるのが
本当に面倒。
カモシカなんて、フワフワの毛だけで、超身軽!
帰り、道をふさがれました~ ずーーーっと動かないから、
こっちも、ずーーーーっと待ってます。
よけるにしても、左右崖になってるから、無理だし。

じっくり観察も楽しい。

体系はずんぐりだから、イノシシぽさもあるけど、顔は鹿とか羊系だなぁ。
これはオス???

3分以上たってるのに、しら~ん顔。保護動物に対して人間はなすすべがない・・・

結局、ストックをポイって投げてちょっと脅かせようとしたけど、
ポイっ! ボトッ!・・・
ぜんぜん、びくともしない! どんだけのんびり???

必死に遠巻きに避けましたが、後で人に聞いたら、性格が本当にのんびりだとか・・
日本カモシカ遭遇率すごく高いらしくて、
親子を見かけることもあるみたいです!

途中にすごくいい感じの場所に、ベンチ。
座ってたら、気持ちよくて、横になって 森で昼寝。
太陽が暖かい。速攻寝れました(笑)

ここらへんは美し森や天女の山は八百万の神様が集まったと
いわれてる所で、そんな感じで、山というより自然の大公園って感じです!
朝は何も見えなった天女の山。
南アルプスと富士山、山梨の街並みが美しいビューポイントだったんですね。

こんな冬の日はなかなかないのでは?

ベンチで再び、ティータイム。
まだ3時前だけど、夕陽の景色見て帰ろう。

お気に入りの音楽を聴きながら・・・

ぐんぐんと気温が下がってくる、
夕陽って、山に沈む瞬間、すごく明るくなるんでね!

さっきまで暗かった南アルプスも明るく照らされて、
積雪の模様までくっきりと。
あそこに立って夕陽を浴びることができたらどんなにステキだろうか・・・

春のようなやさしい色があたりをおおっていく

ここから駐車場まではすぐなのですが、さすがに寒くなりますね!

駐車場に戻ったら、まだ一台車が・・・
三ッ頭で会った人のだ。
わたし休憩で3時間も過ごしてたのに・・・大丈夫かなぁ。

荷物もしっかり持ってそうだったし、きっと大丈夫だなぁ。
と思いつつ、帰路に。

冬山、他のシーズンより危険リスクが断然高くなる、
出会う人は女性が一人だと、心配してくれていろいろアドバイスくれて
本当に感謝。

普段、男性ばかりの職場でえらそうに(?)おばさんしてる私ですが、
山に来ると、やっぱり男性の強さがうらやましくなるものです!
いやいや、最近はすごい女性も増えてるし(^^) がんばろう・・・!

○中央道 須玉IC下りて、コンビニ3か所あり。
○天女山駐車場は12月中旬から4月中旬までクローズ
ゲート手前の道路わきに駐車。
○お手洗いは公園にあり(駐車場から山に登っていく途中)
○森林限界が行程のほとんどなので、比較的安全です
○チェーンスパイク(軽アイゼン)が役立ちました。
○頂上付近、左にトラバース 傾斜 アイスや積雪条件ではピッケルいりそう


| あゆっち | 23:26 | comments(19) | trackbacks(0) | - | - |

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode