Page: 1/1   
レイク・ルイーズ 楽チンだけどダイナミック!
カナダでーす!

2月から山に全然行っていなかった(ひどい捻挫でまだ完治せず)ので
久しぶりの山なのですが、カナディアンロッキー!!!

カナダにはハイキング目的できたわけではないのですが、気軽に歩けるところが
たくさんあったので、いつくかハイキングしてみました。
その中でおすすめなのがレイク・ルイーズを拠点としたコースです。
マウント・ビクトリアに向かって伸びる岩壁のトラバースルートです。
(出発標高1730mから2195m 標高差465mだけです)

今回はテントの旅だったので、ここレイク・ルイーズでも3泊のテント生活

運悪く、連日の雨。ただ午前中だけは太陽が顔をたまにだしてくれるような曇りで助かったのですが、出発時間が遅くなる(テントサイトでは7時までは静かにしないとダメなんです)
あと、シーズンですごく混んでいて駐車場に停めるのもたいへん!

美しい湖畔(晴れるともっときれい!)にたたずむシャトーのようなホテルの風景
この風景が少しづつ変化する遊歩道をすすみます

日本ではないかな?ハイキングルートは馬やマウンテンバイクと共用
だから、フンに気をつけて(^^)

ここらあたりの景色もいいので、ここで引き返す人も多いです
たくさんリスがいて、すごく人懐っこいのは、餌やってるなぁ・・・
かわいいー!生まれ変わるならリスか、レッサーパンダだなぁ・・・

あっという間に森林限界!でも超歩きやすい!

景色ががらりとかわり、3000級の山がぐるりと迫り
氷河の展望
ここが終点です!
少し急斜面ガレ場を登ることもできましたよ。まぁ、景色は同じでしたけど。

わずか2時間ほどで、目まぐるしく変わる景色、しかも標高差ほとんどないし、
楽チンなのに、この迫力はさすがカナディアンロッキー

ただ、すごく人が多くて・・・普通の人からすればそうでもないかもしれなけど、
私はたいていのハイキングは閑散とした中を歩くので、山にいる気分がしなくて・・・
スニーカーやザック無の人も多かったので、ハイキングというより遊歩道散歩
感覚かも?!

この日は昼ごろに雨が降ってきて、途中かどしゃぶり!

翌日も午前中の晴れ(おおよそ曇り・・・)を狙って
ビーハイブスとその他もろもろ歩いてきました
ビック・ビーハイブスは迫力!
これ、この頂上に立てるんですよ!
頂上から眺め
湖、遠くに連なる山の景色もすばしい~!
高所好きにはたまらないところ。向こう側崖下丸見え!

お!あれはテントサイト
その場にいるときは人が多いし、お店や広い道路がありわかりませんでしたが、
こうして見ると、大自然の中にたたずんでいるのがわかります。
ソフトテントは電気柵のある中にあります(すごい広大です・・・)

下ってきました!

この周辺も歩きたい放題!当日様子を見ながらコースを決めることもできます(^^)
レイクアグネス沿いの静かな散歩道♪
登ってる途中にも時間とともに変化するレイク・ルイーズ美しい景色を楽しみながら♪

それにしても、カナダの湖たちはきれいでした!
晴れるとこの通り!

山火事も多いカナダで、そんな傷跡もあちこちに見られました
(ジャスパーにて)山火事後は観光者には珍しいので、ビューポイント?!

でも、湿度たっぷりの山もあるんですよ コケやキノコたちが元気でした!

暗くなるのは夜の9時ごろ
なので、夕方ゆっくりと散歩ハイキング

人もいなくて、静かな草原にプレーリードッグ
警戒音ー!ピー!ピー!うるさい鳴き声・・・ 写真、撮ってるだけだから・・・

わー!初めてみた!キツネ!
余談ですが、丹沢にもキツネいるんですってね~尾っぽがふわふわのキツネ!見てみたい。

またテント話ですが、夕方になるとエルクがうろうろ
食糧保管はもちろん、食器やテーブルクロスに至るまですべて厳重管理が必要な理由がわかります。

チェック・イン時に手渡されるパンフレット 
パトロールがよくまわってきて、違反者はリファンドなしで強制撤去!!!

今回参考にしたハイキングガイドブック(左上)
ロッキーでハイキングしたい方には絶対おすすめです!
すごくわかりやすいですし、点在するポイントをきれいなルートにまとめられていて
とても参考になりました!

さすがアウトドア大国で、どの街にいってもハイキングコースがあり、インフォメーションセンターでマップなど簡単に手に入ります!
今回は、釣りとマウンテンバイクのクロスカントリーも楽しみましたが、
日本に比べて規制や注意事項があるものの、それが明確になっているので
かえって日本よりは充実したアウトドアライフが楽しめるように思います。

今回は1ケ月の滞在でしたが、ぜんぜん足りなかったので、また訪れたいです。
登山装備しっかり持って行って、テント泊の縦走なんかも楽しそうですよね~
ただ、クマがでるので、単独は禁止されているとこも多いですし、かなり非常識な行動として解釈されるので、グループ行動という条件が必要みたいですけど!

| あゆっち | 12:52 | comments(12) | trackbacks(0) | - | - |

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode