Entry: main  << >>
冬の竜ヶ岳と雨ヶ岳
年が明けてから、晴れた寒い日が続きます。
冬はいつも空気が澄んでいるので、山からの景色もすばらしいのですが、
特に富士山がきれいな竜ヶ岳に行ってきました。
本栖湖の駐車場までの道が凍っていますので、スタッドレス要です。

朝寝坊したので、日の出には間に合いませんでしたが、
本栖湖の朝の景色は寒そうでいて、すばらしいものです。


冬の太陽が寒い山を温めてくれます、道は雪があるものの
竜ヶ岳までは、アイゼンなしで全く問題ない程度です。
連日寒いので、溶けてアイスバーンになっている個所もありませんでした。


竜ヶ岳までは途中から富士山を左手に眺めることができる
楽しいコース
逆光ですが、やはりすばらしい景色です。


目指す、竜ヶ岳の頂上が見えてきました。
空に向かって登っていくような爽快な気分が味わえます。
コースは簡単で、単調ですが、景色がすばらしく十分楽しませてくれます。


写真組み合わせてみました・・・
富士山の両裾野が見え、樹海が広がり、右手には駿河湾まで見えます。
富士山周辺の山もすべて見た渡せるすばらしい景色


枝にまとわりつく霜は夜間に作られたもので、早朝は見ることができます
お昼過ぎると、溶けて消えてしまいますけど


大きなカメラを抱えたプロのカメラマンが撮影しました。
白い枝と青空のコントラストが、えも言えぬ美しさです


あっという間に、竜ヶ岳に到着
ひと組のカップルが休んでいるだけで、静かな頂上です。


竜ヶ岳だと物足りないので、雨ヶ岳も目指します。
標識はありませんが、この一帯は笹なので、方向から雨ヶ岳がわかります。

のんびり、雪道をすすめます、
アイゼンは頂上まで使用しませんでした。
雪が浅く、爪が引っ掛かりそうだったからです。



到着です!
頂上はそれほど広くありませんが、日当たりがよく、景色も堪能できるので、
ここで昼食です。


冬はやはり温かいものがいいですね。
普段はぜったいに食べないカップラーメン、山登りの時だけ解禁です。

下りは、アイゼンを装着してみました。
今年買ったばかりの、10爪

アイゼンがなければ、速効でくだれるのですが、足がちょっと重さを感じるので、
のんびり 竜ヶ岳に向かいます。


雪がすっかり溶けていました
それにしても、簡単なトレ-ル・・・ 眠たくなります・・・


戻ってきました、竜ヶ岳頂上付近、笹がきれいに刈り込まれていて、
本当に登りやすい山です。

私のおすすめ富士山絶景ポイントの一つです


1時間ほど、休憩 富士山を見ながら、心からくつろげます
今日は、登山者も少なく、雨ヶ岳から竜ヶ岳、そして下山まで誰にも会いませんでした
冬山は孤独を感じて不安になるものですが、この山は、下界も見えますし、
太陽の日があたたかく、いつまでもいたくなる山です。


とっても、厚着していますが、これでもさすがに冬はじっとしていると寒いです。

お一人様撮影の強い味方!足がフレキシブルな小型三脚 今日も役立ちました

ぐずぐずしていると、だんだん夕焼けぽくなってきました

このまま、富士山がピンクに染まるまで待ちたかったのですが、
ライトを持参していなかったことを思い出して・・・あきらめました

ということで、鳴沢道の駅で撮影


すっかり山のお供になったティグワン





| あゆっち | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode