Entry: main  << >>
真冬の金峰山

長野の山に行く時は、少なくとも4時過ぎには家を出るのですが、
冬山は朝一番に登ると・・・そうなんです、ちょっとずるいですが、
雪が積もっていると歩くのがたいへんなので、5時過ぎに家をでました

中央道から見える、長野の山を照らす朝日は美しい景色・・・
高速は空いていたので、ちょっとゆっくり走ってパチリ




駐車場には2台の車
登っていくと、男性の足跡(靴のサイズから)2人
跡を踏んでないところをみると、単独登山ですね。
静かな登山になりそうです。





最初は道路 歩きやすいので、ここで時間を稼ぎます


青空・・・今日は天気が本当によさそうです、風速も0って感じです
ここでは


富士見平に到着
ちょっとびっくりしたのが、わたしの予想では(記憶)
金峰山までの所要時間は3時間だと思ったのですが、3時間30分かかるとのこと
現在9時過ぎなので、到着が12時をまわる・・・
冬は午前中には頂上につきたいので(30分でも状況が変化するので)
大急ぎで登ることに


前の2人分の足跡があるのと、踏み固められた部分が歩きやすく
感謝 
日蔭は雪が多いもの、結局、頂上近くの尾根までアイゼンなしで
猛ダッシュで登りました





大日荘・・・何かあったらここでお世話になるかも?!


時折時間を気にしながら、休憩なしで頂上を目指しましたが、
通常なら3時間連続で歩くと疲れるのですが、今日は元気です
どうやら、お正月から低山を合わせて、結構な本数を登っているので
体が慣れているようで、雪の登りが楽しく感じるぐらいでした

それと、以前からの課題で、連続で早く歩くことができるようパワーを補充するのに
今日はあんぱん(つぶあん嫌いなのですが)を食べてみました、
これがすごく効果的で、栄養補強食材よりも、なんだか元気がでたみたいです、
それに、適度にパンやアンには湿度もあるので、のどもそんなに渇きません

それと・・・こんな景色が時折見ることができると、疲れも忘れてしまいます




極寒のはずなのに、汗をかいてきたので、スポーツドリンクを飲もうとしたら!

写真ではわかりませんが、凍っていました・・・
頂上で飲もうと思ったころには、フタがあけれないぐらいガチガチで
びっくり! 冬でも登りは汗をかくので冷たいものがいいのですが、これは
ちょっと冷たすぎですね~

林を抜けると、尾根続きで頂上(付近の岩)が見えてきました!
俄然やる気がでてきたところで、ここで初めてストップしてアイゼン装着
ストックはザックにおさめて ラストスパート!


時刻は11時、標識には頂上まで1時間
急げば、12時までには到着できます!よかった~
途中で、時間差で降りてきた男性2人とすれ違って(やっぱり単独でした)
なんだか自分だけ取り残されたみたいで、さらに急ぐ気持ちです

あと、少し!この登りが最後・・・なのですが、空気がうすいのと、風がでてきたので
しんどかった~


頂上まであと5分の地点で撮影 小さな三脚は風で飛ばされそうなぐらい
強風がでてきました


頂上は誰もいませんでした・・・冬以外は、平日でも大勢のハイカーが来るのに、
独りもいないなんて・・・!貸し切りだと普段はうれしいのですが、冬山に限っては
不安になるものです

ついに到着!
強風と、強烈な太陽光線でめちゃくちゃつらそうな顔しています・・・(苦笑)

ここまでの登りが一気でしたので、暑くて手袋をはずしていました
これがあとでたいへんなことに・・・

とにも、かくにも、ここからの360度パノラマ景色は、涙もののすばらしさ~
来てよかった!








鳥居の前で自分撮りをしているころには、
氷点下の頂上ではたちまち体が冷えてきます・・・それに12時すぎると
お約束の強風です!


強烈な日差し!UV(PF50)ファンデーションを厚塗りして
靴ひもをきつく締め直して、最後にアイゼンを靴にたいしてもう少しきつめにフィットさせようと
調整していたのですが、素手でやっていたものですから、指がガチガチになって
急いで、手袋をはめても、言うことをききません!
下界だったら、なんでもない作業なのに!時間がかかって~
涙でそうでしたが(イライラして)凍って寒そうだったので、我慢して急いで装備を整えて下山です

この指標でゆっくり山を眺めたかったのですが、そんな余裕はありません!


元来た道を戻ります!
それにしても、絶景だわぁ




日蔭側になると、ちょっとアイスバーンと、風で雪が吹き飛ばされて
岩が露出しているのとで、かなりこわごわでした!
あと、景色に目が行ってしまって、下りに集中できない(苦笑)

頂上付近の尾根が終わると
あとは、単調な下り、
雪があるので、多少滑らせながら、ザクザク、スピードを上げて降りることができて
楽しい♪

登りも下りも、急いだことなだけあって、ゴール近くで時間を見るとまだ3時前!
余裕がでてきたので、お絵かき♪


3時までには駐車場に戻ることができて、思わず車のなかでくつろいでしまいました!
それにしても、車の暖房がありがたい!

厚木まで中央道にのって、相模湖か八王子で降りるのですが、
夕方は混むので、大月から富士五湖道路→東名 の道順にしました
これが、大正解!富士山の夕日を見ることができて、朝から夕方まで
景色のごちそう満載の一日でした!




ティグワン、スタッドレスいれたのですが、タイヤ注意のインジケーターが
つきっぱなし!なんとかしないと!

2000m越えの冬山はやっぱりいいですね、
欲をいえば、もっと人がいたほうが・・・他の季節はいいのですが、
冬ってやっぱり孤独感を感じてしまいます・・・

| あゆっち | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode