Entry: main  << >>
春 残雪の編笠山

今期の冬は、八ヶ岳を制覇したかったのですが、旅行や地震騒ぎで
山に行けるチャンスが少なく、桜が満開になっている今シーズン、
やっと編笠山に登ることができました

地震から約1カ月がたちますが、暗いニュースに悶々としていたこともあり、
元気を取り戻すために、思い切って出かけました

すっかり日が上がるのが早くなっていて、中央道6時過ぎでもすっかり明るく
正面に今日の目的地八ヶ岳、いつ見てもかっこいいーーー!

だいぶ雪も溶けているようで。これだと、登りやすそうです♪
実際は、そうでもなかったのですが・・・

12月から4月までは、観音平までの道のりは通行止め


駐車場に停めて、行き帰り2時間余分にアスファルトの道をあることになります
ということもあって、今シーズンはなかなか人が来ないのか今日は山は貸し切りでした
冬山の靴で単調な道路を歩くのは、足が疲れます〜


観音平の駐車場を経由して、標識があり、わかりやすい登山道
歩きやすい道のり


雪ないんだなぁ〜 なんて思っていたら、
やっぱり雲平あたりから、現れてきました
それにしても、今日は暖かい!冬用の上着が暑いー!


木々の下はしっかり積もっていました
踏み固められているので、歩きやすいのですが・・・


この時期、昼の暖かさで溶けた雪が、夜間に凍るので、あちこちで
ツルツルポイントあり!
ひゃッ!とすること数回 でも、岩も見えてるし、木の根っこも露出しているところが
多いので、アイゼンを装着することはなかったのですが


写真ではわかりにくいですが、この足跡!
太ももの付け根まで、雪を踏みぬいてる深さ・・・
自分も、ズボッとはまること数回。。。急激に温度が高くなり、雪の状態は不安定です


標識がだいぶ埋まっていますね〜
それにしても、なだらかな単調な道のり


視界が広くなってきたあたりの標高から、空が大きく見えて気持ちいい!


そろそろ、頂上?


きっと、これを登ったあたりだな〜
って、やっぱりアイゼン装着すればよかった・・・
と思ったあたりでは、風がビュービュー、急斜面で、うまく装着できそうにも
なかったので、そろそろ、一歩一歩確認しながら、ラストスパート!

到着!!!


やったーーー!思わずはしゃぎたくなるぐらい、絶景と、広々とした頂上の気持ちよさ!

今日は、ミニ三脚を忘れていたのですが、自分撮りにちょうどいい、指標の岩があって
ここからパチリ

か・・・かっこいい・・!八ヶ岳連山 やっぱり赤岳が一番かっこいいかなぁ
なんて、山比べをして楽しいでいました


写真ではいまいちですが、南アルプスもきれいに見えました
この景色をみながら、おにぎり3個をあっという間に平らげて満足♪
今日はマイナス5℃だったので、スポーツドリンクも凍ることなくてよかった
やっぱり春ですね〜



残念だったのは、富士山はぼんやりとしか見えなったこと
春なので、頂上は比較的あたたかく、冬に比べて少しのんびり過ごせていいのですが、
はやり空気の透明度は落ちているのですね〜

そろそろ下ろうかという時に、若い男性が上ってきました
甲府市に住んでいるとか(うらやましい〜山登りたい放題!)
こっちが、女性一人だったのでびっくりしたようですが、わたしも今日はてっきり独りだと
思っていたので、びっくりです

お互い写真を撮り合って下山


ところが・・・どうやら、行きの道路歩きで花粉をたくさん吸い込んだためか、
鼻水がでてきて・・・!
かっこ悪いので、ズルズルもできないし、鼻水は垂れそうになるし・・・!鼻かみたい!

ということで、わたしはお先に・・・で、ダッシュの下山!
道路に着いたのは頂上からわずか1時間後。自分でもびっくりするぐらい早い!
途中で、何度かくしゃみ連発、鼻をかみながら、なんとか車に戻ることができましたが
丹沢での花粉地獄と同じ症状です・・・

本当は、ゆっくりしたかった〜
頂上での休憩もおすすめですが、この山はハイキングレベルなので、
あちこちにベンチあります。

展望台:正面は絶景の南アルプス 暖かくて気持ちよさそうでした


観音平に行く途中にある富士見台(確か・・・)
ここからでも編笠山頂上を目指すことができます


ところで、ふと目の前の木が不審な揺れ方をしていた時があったのですが、
この日は長野県でも地震があり
めまいだったと、思ったのですが、やっぱり!

帰宅すると、「何回も揺れてたよ」って(神奈川県です)

地震はいつまで、続くのだろうか・・・花粉と余震が早く終わってほしいと心から思いました

ピッケルは不要でしたが、アイゼンは要です。上りはいいのですが、
下りが、頂上から途中まで
氷の上に薄雪が積もった部分がいくつかあり、ツルッ!となりました

| あゆっち | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode