Entry: main  << >>
北岳 日帰り 広河原→八本歯コル→北岳→小太郎尾根→広河原

日本で2番目に高い北岳3193m 日帰り
高低差が1710mありますが、距離が11kmなので、
早朝出発すれば、昼過ぎには戻ってこれるルートです

ただ・・・雄大な景色を楽しむのはやはり泊まりたいものです

仕事終わり、芦安の駐車場へ向けて出発
前日まで台風で通行止めだったこともあり、駐車場は
なんと、わたし一人!
ちなみに、お手洗いがあるのは第3パーキングのみです。
24時間、男女共用ですが、電気がついて
外で手を洗えます。

仮眠をとるためにスリーピングバックを敷いて 寝転がると
しーーーーーーんっ し・・・静かすぎる
なんか怖いな~ 
幽霊とか、なんかへんな想像して(いい年して・・・)
寝つけずに、4時半の目覚ましアラーム

あああ 眠いけど
4時ごろから、たくさんの車がやってきて早朝からにぎやか!
乗合タクシー乗り場に行くと、すでに数台広河原に向かって
出発していました

わたしは一人だったので、助手席に座らせてもらいました
運転手さんが、ビューポイントをおしえてくれるのですが、
ガスってて見えません!残念

広河原につくと、ワンサカの人
平日でも人気の山で、シーズンだけにすごいなぁ

でも、北岳の姿を見ると俄然やる気!
それにしても、体がだるい・・・余裕があれば間ノ岳まで行きたいけど
無理っぽいな~と弱気

最初は 川沿いを歩く 爽やかな道のり


林を抜けると 雲に隠れてますが、北岳が見えます!
それにしても、暑い~ 道は単純で 眠いし・・・

奥に見えるのは雪渓です
歩くのは一瞬で、アイゼンは不要です

二俣を過ぎたあたりから、急坂になってきます
こうなると、頂上まで距離がつめれるので、登るのもの楽しくなってきます!

急坂と、階段が続きます

頂上見えた! 

急坂も整備された階段のおかげで難なく通過
感謝、感謝です



振り返ると、登ってきた道のりが・・・歩いたな~


八本歯のコル目指します
ここからは、高山らしい岩場と絶景の広がる世界・・・のはず!



間ノ岳(ちょっと隠れていますが)、きれいな稜線 いいなぁ



岩が斜めに・・・風雪で?! かっこいい


この山を越えた向こう側! 北岳、いよいよ近づいてきました


空に向かって登ります、気持ちいい~


高山植物のシーズン お花畑たくさん、足元にも小さな花たちが
懸命に咲いていて、そっと避けながら歩行


到着! が・・・真っ白な世界・・・1時間ほど待ちましたが、晴れませんでした

先に到着していた単独の男性2人 3時間半で登ったとか・・・
わたしは4時間なので、30分も早い! 
本人いわく、今年はアルプスいろんなところを登りたいとか
理由は来年には歳で登れなくなるから・・・
「失礼ですが、何歳ですか?」
「31歳です」
が~ん。。。わたしより10歳近く若い!まだ余裕だって!心の中で叫ぶ(泣

その人は、小太郎尾根経由で広河原に戻るとのこと

もう一人の方は、間ノ岳を往復してくる!とのこと!

わたしは・・・白い世界で、すっかりやる気がなくなってるし
帰りは小走りエリアが発生しそうだし・・・小太郎尾根経由で帰りまーす!

間ノ岳を往復されたツワモノの男性はブログをおしえていただきました
拝見すると、ばっちり夕方のバスに間に合ったとのこと 尊敬です

北岳を下る途中も白い世界へ・・・これも非日常的で楽しい


肩ノ小屋を過ぎたあたりから、登りの人たちとたくさん出会います

写真撮ってもらいました、ありがとうございます


なだらかな道のり・・・ガスがなかったら、絶景だっただろうなぁ


老若男女、たくさんの人たち みんな疲れた顔ですが、楽しそう
たくさんの人とおしゃべりして、楽しい下り 時間に余裕があるし、
おやつ休憩したり、のんびり夏山 楽しいなぁ
ハエが多くて・・・景色がみえないし・・・ 残念な点もありますが

二俣に戻ってきました


行きは、頂上に向かうことだけ考えて登っていたのですが、
帰りは余裕があるので、いろいろ観察!

この不思議な花、咲き方がすごい!このあと黄色い花を咲かせるそうで
名前、帰りのタクシーで聞いたのですが忘れました (汗っ


鮮やかなオレンジ 車百合 緑の中、不意に現れてキレイ・・・


他にも撮影しましたが、ピンボケで、掲載は却下です

コマーシャルでかつて聞いた

南アルプス・・・


天然水・・・!


まさに・・・ どっからこんなにどんどん水がやってくるのか
子供のころから思う 不思議


 
2時過ぎに広河原に到着
次の乗合タクシー時間が 3時か・・・時間あるなぁ なんてうろうろしていたら
もう出発しますよ~ と運転手さんが呼びに来てくれました
わたしをいれて3人のお客さん 

運転手さん、元気でバイタリティーあふれるおじさん、知識豊富な男性 
山の話、装備の話、熊に出会った話!
あっと今に、芦安に到着 第3パーキングガラガラ
山には結構人がいた割には・・・
7月の三連休は芦安小学校まで駐車場になるぐらい混んでたらしいのですが


あ~!楽しかった

タクシーに載っていた 温泉のパンフ
金山沢温泉に立ち寄りました
なんと、貸し切り! 


人が多い山は行きたくない!と思っていたですが、
たくさんの人との出会いは楽しいですし、勉強になるので
今度、山小屋利用してみようかなぁ

今回の登山で発生したトラブル・・・

山の中で困った経験はあるものの、

帰ってきて困ったことが・・・

カミキリ虫・・・どこからへばりついて来られたのでしょう


宅配便で、南アルプスに送りたい気分(泣っ)
マンションのベランダから逃がしましたが、厚木で生きていくことができるのか
心配・・・


2012年 10月

ちょい積雪の北岳日帰りも行ってきました!冬迫る、秋の北岳です。ご参考にどうぞ。

http://yama.ayu-ayu.net/?cid=46907



| あゆっち | 22:55 | comments(24) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
富士山精進口1合目登山を調べてから、ファンになって拝見しています。僕は2年前の秋に北岳肩の小屋で1泊し絶景の富士山が見れました。この時期はお花畑がきれいですね。雷鳥はいましたか?
23日、僕は精進口1合〜山頂往復12時間楽しんで来ました。五合目から下ではこのHiシーズンでも一人も人がいませんでした。天気、景色もよく最高でした。
毎回楽しみにしてます。横浜市.ナベ
Posted by: watanabe |at: 2011/07/24 8:56 PM
うれしいコメントありがとうございます!
同じ神奈川県同士、ぜひ情報交換しましょう。
Posted by: ayu |at: 2011/07/25 10:32 AM
女性一人で登ったんですか!?
かっこいい!
私も登りたいと思いました。
Posted by: mki |at: 2012/06/16 11:04 AM
mkiさん

コメントありがとうございます。
ドキドキで出かけましたが、すっごい人で、拍子抜けしました!

女性一人だと、下界では信じられないぐらい、いろんな人がたくさん話しかけてくれて、安心して登れますよ!

平日でも、人気のアルプスとかは人が多いの人が多いので、安心して歩けます。

女性一人の方とお会いするとうれしいものです、どこかで会えるといいですね。
Posted by: あゆっち |at: 2012/06/16 11:07 AM

女性一人の登山 なんとも 格好良いですね!!

私は富士登山 2回のみの経験しかありません。
勿論 グループです。

今年は北岳に挑戦したいのてすがちょっと不安です。

仕事の関係もあり 日帰りでと思っています。

良いコースがありましたら教えて下さい。
Posted by: Rei |at: 2012/07/16 11:28 AM
ありがとうございます♪

富士山と同じような単調な上りで少々疲れますが、今時期は高山植物がとてもきれいでおすすめです!

行ってみて、しんどければ、戻るのはいつでもできるコースだと思います。人もたくさんいますし、迷うこともありません。

わたしと同じですね、仕事があるので自由が利きませんが、ストレス解消とダイエットを兼ねて山歩きはとてもいいスポーツだと感じています!

日帰りで、長距離(鎖場などが無い範囲でしたら)

まさに、富士山(10月ぐらいが涼しくて私は好きです)もですが、八ヶ岳であれば編笠山と権現岳の組み合わせ、北アルプスだと、扇沢から鹿島槍ヶ岳の往復なんかでしたら、標高がそこそこ高く、高低差と距離もあるので満足のいくハイキングができると思います。

他にもよい山がありますが、鎖場などがあるのでそういうのが好きであればご紹介できると思います。

あ、どれも距離が長いので、
できれば日ごろからトレーニングされるか、月に1-2本は20km前後のルートを歩かれるほうがいいです。
でないと、しんどいイメージばかりが強くなってしまう感じがします。

Reiさん、女性の方ですか?
どこかでお会いできるといいですね。
Posted by: あゆっち |at: 2012/07/18 2:22 PM
あ、思い出しました。

甲武信ヶ岳(西沢渓谷方面)も、長距離です。
鳳凰山も日帰りできますよね・・・そういえば!
Posted by: あゆっち |at: 2012/07/18 2:39 PM

お返事 有難うございますm(__)m

教えて頂いたコースを 早速 一緒にに行くメンバーと相談します。

北岳の鉱山植物はとっても興味があります。

8月半ば頃に行く予定です。
混雑しそうですよね^^;

今日からtraining開始です。

そうそう
私は女性です。
どこかの山でお会いできたら嬉しいです。

Posted by: Rei |at: 2012/07/18 5:08 PM

もう1つ 教えて下さい。

広河原→八本歯コル→北岳→小太郎尾根→広河原のコースは初心者には難しいでしょうか?

写真を拝見するととってもひかれるものがあります♪
Posted by: Rei |at: 2012/07/19 1:42 AM
大丈夫ですよ。
初心者の方も多かったですし、中学生や高校生の集団もいましたよ。

八本歯コルあたりからは、アルプスの美しさを堪能できます、8月いいですね。
北岳の花畑はすばらしいです!

技術を要する箇所はありません。
雪田ありますが、大丈夫です。
(溶けてるかも)

もしご心配でしたら、バスを降りられて、他の人が歩かれた後について行かれたいいと思います。
軽く数百人はいますから(平日でも)
また、泊りの人もおおいので、どの道もいつも人がいますよ、ご安心ください。

とにかく、体力勝負です!

水場がないので、たくさん持参されることをおすすめします。

私も今年は秋ごろに間ノ岳も追加で日帰りできればと考えています。
(涼しい時期に・・・!)
Posted by: あゆっち |at: 2012/07/19 10:46 AM
お久しぶりです!
北岳について いろいろ教えて頂き有り難うございました<m(__)m>

残念ながら時間の関係で仙丈ヶ岳に挑戦してきました。

8月12日(日) AM1:30 浜松出発
東名高速に入るや否や お盆の帰省ラッシュの為、早くも大渋滞(゚o゚;)
予定より2時間遅れで北沢峠着
そして バスで…運転手さんの案内を聞きながら一時間…。

9時半 登山開始
富士山と違い森林の中 冷たい空気に触れられてちょっと嬉しい!!

三合目で食事休憩 
登山 初めての人もいる為 とにかくゆっくりと…
11時45分  小仙丈ヶ岳到着!!

仙丈ヶ岳に向かうも すれ違う人達に まだ1時間半はかかると聞き 
(・_;)仙丈ヶ岳 断念(・_;)
帰りの最終バスが16時…。間にあわない(゚o゚;)

しかし、高い所でしか見られない 雷鳥、ハイマツ等が見られ楽しんで来ました。

又、いつか  リベンジです(^_-)

有り難うございました(^^)/ 
Posted by: Rei |at: 2012/08/14 9:58 AM
お久しぶりです!
北岳について いろいろ教えて頂き有り難うございました<m(__)m>

残念ながら時間の関係で仙丈ヶ岳に挑戦してきました。

8月12日(日) AM1:30 浜松出発
東名高速に入るや否や お盆の帰省ラッシュの為、早くも大渋滞(゚o゚;)
予定より2時間遅れで北沢峠着
そして バスで…運転手さんの案内を聞きながら一時間…。

9時半 登山開始
富士山と違い森林の中 冷たい空気に触れられてちょっと嬉しい!!

三合目で食事休憩 
登山 初めての人もいる為 とにかくゆっくりと…
11時45分  小仙丈ヶ岳到着!!

仙丈ヶ岳に向かうも すれ違う人達に まだ1時間半はかかると聞き 
(・_;)仙丈ヶ岳 断念(・_;)
帰りの最終バスが16時…。間にあわない(゚o゚;)

しかし、高い所でしか見られない 雷鳥、ハイマツ等が見られ楽しんで来ました。

又、いつか  リベンジです(^_-)

有り難うございました(^^)/ 
Posted by: Rei |at: 2012/08/14 9:58 AM
お久しぶりです!
北岳について いろいろ教えて頂き有り難うございました<m(__)m>

残念ながら時間の関係で仙丈ヶ岳に挑戦してきました。

8月12日(日) AM1:30 浜松出発
東名高速に入るや否や お盆の帰省ラッシュの為、早くも大渋滞(゚o゚;)
予定より2時間遅れで北沢峠着
そして バスで…運転手さんの案内を聞きながら一時間…。

9時半 登山開始
富士山と違い森林の中 冷たい空気に触れられてちょっと嬉しい!!

三合目で食事休憩 
登山 初めての人もいる為 とにかくゆっくりと…
11時45分  小仙丈ヶ岳到着!!

仙丈ヶ岳に向かうも すれ違う人達に まだ1時間半はかかると聞き 
(・_;)仙丈ヶ岳 断念(・_;)
帰りの最終バスが16時…。間にあわない(゚o゚;)

しかし、高い所でしか見られない 雷鳥、ハイマツ等が見られ楽しんで来ました。

又、いつか  リベンジです(^_-)

有り難うございました(^^)/ 
Posted by: Rei |at: 2012/08/14 10:00 AM
あゆっちさん こんにちは!!
この投稿を参考に昨日一昨日で北岳テント泊してきました^^
梅雨時期にもかかわらず2日間とも晴れてくれて北岳からの景色は綺麗でブロッケン現象も長時間見られたし今年最後のキタダケソウも見られましたよ〜。
一緒に行った人が登りでばててしまって荷物を分けてもらった?ので結局17kgくらいを背負っての登りは激烈でしたw
Posted by: こめっくす |at: 2015/06/30 8:45 AM
>こめっくすさん

わ!すごい奇跡ですね!
梅雨に入ってからは、連日天気という日がなかったような気がします!
今日は土砂降りですし、すごくいいタイミングにすばらしい山に出かけられてさぞかし大満足のことと想像できます!
しかも、ブロッケン現象も見られたのですね〜!天気が悪い時はよくであると聞きましたが、晴天プラスブロッケンにも出会えるとは、こめっくすさんも、ご一緒された方もきっと山との相性がいいのでしょうね♪
わかります!北岳は、じりじりと疲れがたまってくる上りですよね。
そして、標高が高くなるほど、急こう配になるので、疲労感がすごいのに・・・17kg?!それはさぞかしたいへんだったと思います!わたしは絶対無理です!!!重い荷物ほど疲れさせられるものはないですから・・・
今回の山で、だいぶ筋肉がもりもりついたのではないでしょうか?!
戻られてしばらくは、山の余韻を楽しめる爽快感に、今は浸っておられると思います(^^)
これからの山行も楽しみにしています!
Posted by: あゆっち |at: 2015/07/01 2:26 PM
こんにちは
土日で白馬−不帰キレット−唐松の縦走行ってきましたよ〜^^
両日天気が良くて北アルプス全部丸見えでした(剱があんなに綺麗にみられたのは初めて)
不帰キレットも思ったほど難しくなく大満足の縦走でしたよ^^
唐松からの下りは人が多すぎて一番疲れました><
Posted by: こめっくす |at: 2015/07/13 9:35 AM
>こめっくすさん

おお!この時期に行かれたんですね(^^)

しかも、晴天でしたし♪ここ数日の暑さ・・・山は気持ちいいだろうなぁって想像していました。
またとないチャンスでしたね。
雨続きで、その合間の空気のきれいさは冬とはまた違った空色と山の緑だったと思います(^^)

キレットはわたしは行ったことが無いのですが、そうなのですね!秋にでも行ってみようかなぁ〜
でも、こめっくすさんが怖くなかっただけで、私はどうか???わかりませんけど!

なにより、最高のタイミングで出かけられたこと、よかったですね!
唐松、わかります・・・
すごい人ですよね、たしかにあのあたりも素晴らしい景色ですが、山頂から降りてきたときの満足感だと、優越感ありませんか?(笑)
Posted by: あゆっち |at: 2015/07/13 9:51 AM
来週の連休後は混むだろうと思って単独突撃で行ってきましたよ(重い腰を上げてw)天狗山荘に泊まったんですが朝晩は寒くて凍えてたので下界に降りてきた時の暑さと言ったら。。。

ジャンダルム、大キレットを楽しんでこられたあゆっちさんにとっては楽勝だと思いますよw 途中会った人も大キレットよりかなりレベル下がるって言ってましたし。

ゴンドラ経由で無くキレットから唐松山頂に着いた時の優越感は相当なもんでしたw 八方池に映った逆さ白馬三山も見られたし大満足でしたよ。

あとアミノバイタルが効果てきめんでしたwww
Posted by: こめっくす |at: 2015/07/13 10:55 AM
そうですよね、下界の暑さの調子で泊まると、そこの寒さが身にしみますよね!
わたしはモンベルのプラズマ1000をアルプスに行くときは必ず持っていきます!あれと雨具があれば、まず寒さは防げますしね(^^)
布団も、この時期は湿ってるので、インナーシェラフ持参です!

特に、昨日は暑かったので、下界の暑さにびっくりされたでしょうね!

同じくです!アミノバイタル愛用者(^^)
サプリメントってすごいですよね〜
疲れる前にタブレットタイプをガンガン食べてます!
数種類持っていきますよ。
昔は、梅干しとか、氷砂糖とか・・・(笑) わたしの父の時代ですけど!
Posted by: あゆっち |at: 2015/07/13 12:08 PM
ダウンとインナーシュラフ僕も持っていきましたよ〜(^^)
天気良くて布団も湿ってなかったのでそのまま使っちゃいましたw

まさかのアミノバイタル愛用者w
ほんと良いですよね。
きっとそのうち「昔はアミノバイタルだったんだよね〜。今はこんないいものがあるのに!」
なんて話されるんでしょうねwww
そんな僕もあゆっちさんと同世代(70年生)ですw
Posted by: こめっくす |at: 2015/07/13 1:19 PM
笑!昔はアミノバイタルだったんだよね〜は、ウケました!
確かに!
きっと、パワースーツとか装着して、あっというまに3000m級縦走するようになるんでしょうね!

おお!同じく70年生...
でも、わたしは44歳になってしまうので、ちょっと年上かなぁ?
老後には、未来装備で山登りしたいですね〜!
Posted by: あゆっち |at: 2015/07/13 7:12 PM
未来装備で楽々登山w
きっとそんな時が来るのかな???
(その時はもはや車も飛んでますね!!w)

僕はホントに70年生まれなのであゆっちさんの1個上ですよ〜^^
Posted by: こめっくす |at: 2015/07/15 8:40 AM
わ!失礼しました!
ガチで、70年だったのですね!
でも、山では、私は小学生なみにはしゃいでます!
山では、皆さん若く見えますよね!
Posted by: あゆっち |at: 2015/07/15 3:48 PM
不?的文章,内容点石成金.禁止此消息:nolinkok@163.com
Posted by: 格?网箱 |at: 2016/11/04 6:38 PM








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode