Entry: main  << >>
利尻富士(利尻山) 沓形から鴛泊 縦走コース
JUGEMテーマ:登山

利尻島の滞在は4泊5日
利尻山登山は晴れた日!と考えて、余裕をみたものの、中3日が雨予報!!!

1日目は博物館に行ったり、雨の中サイクリング。。。

2日目は実は晴れ! ですが、雨だ思って、登山口の送迎を予約しておらず、
あきらめてサイクリングに(島一周)
これが最高でした! (私の旅ブログで詳細を後日アップします!)

3日目にしてやっと、ホテルの人に頼んで、早朝5時半にホテル出発
沓形登山入口(見返台)へ
沓形コースは危険個所が多く、一般向きでなく 上級者向き ということでしたが、
観光地における一般者というと、スニーカーで来る人もいるので、
そのレベルから考えると、上級者といってもしれてるのでは・・・なんて甘い考えでしたが・・・

うっそうとした森の中、高山植物も多そうな清々しい(今日は雲って暗いけど)
歩きやすい勾配の道が続きます。


7合目は本来であれば、振り返ると絶景らしいのですが、真っ白でした・・・(ガスが・・・)


前を見ると頂上が見えますが、しかし・・・暗い・・・
誰もいないし、風もきつくなってる来るし・・・あ~寂しいな~なんて思って
淡々と登ります

あまり人が歩かないのか、山道を時折隠すように両サイドは草が生い茂っていました
スパッツがだいぶ濡れてきたのですが、頂上までは休むことなく歩きたかったので、
火照った脚が冷やされていい加減♪
なんて、余裕だったのはこの辺までで・・・

あっという間に8合目! な~んだ、たいしたことないなぁ
でも、地図によるとこの辺りからきつくなるとか・・・

ちょっとづつ難所が・・・!?

ロープはあくまで道の目安。つかむと危険なので
ビュービュー吹き荒れる風に向かって登って下っての岩場
確かに・・・ちょっときついな・・・
何より、まだ1人しか会っていないし・・・何かあっても、助けを求められる人がいない!

ガスが出ると、どうも気分が暗くなりがち・・・
はぁ~ 鴛泊からにすればよかった!なんて思っていたら
どんどん両サイドは草に覆われて、

背丈(私は162cmです)の草をストックをクロスさせて生い茂る草を押し出しながら
進まなければならないほど!
しかも、これがべちゃべちゃで、面倒で暑いけれど、雨具を上下に着る羽目に
しかも、痩せ尾根部分があって、しっかり下を見ていないと、斜面から落下!?

いよいよ問題の 親不知子不知

連日の雨でグズグズになっている地面は踏みだすと下にズリズリ・・・
岩を手でつかむと、同じくズリズリ・・・
上から下まで落石が頻繁に起こっている風景は、
まさに足場悪く滑りやすく、落石注意!
上も下も、目の前もガスでほとんど見えず、さらに不安をあおる状態・・・!
歩くときは、
そ~っと、そ~っとです! 

今日歩いたであろう新しい足跡があったので、それを目安に少しづつ進んで・・・
確かに、これはある意味上級者ですね!
条件が悪いと、通行ができないと思います。
大雨だと、明らかに水を含んだ土とともに、かなり下にズリズリなりそうです

これ以上このエリアを大きく崩さないためにも、四つん這いでしっかり4点に体重を
分散して丁寧に歩く必要がありです・・・



後日登った山で、出会った人からこのコースは将来的に封鎖すると聞きました
確かに、このエリアの崩壊は酷いので、あまり歩かない方がいいと思います!

通過後、すぐに鴛泊コースからの合流地点!
鴛泊から登ってきた人はこれから頂上までの道の悪さと、強風で
引き返した人もいましたが、いままで来た、沓形コースのひどさからすると
超歩きやすい!

頂上から下ってきたお兄さん、何となく沓形コースの先導の足跡はこの人!って感じだったので
聞いてみたら向こうはびっくり!「なんでわかったの?」
靴のサイズと、時間的なもので・・・ 沓形コースの悪口(!?)を少し話して
お兄さんはさっさと鴛泊コースから下山していきました

合流地点で写真とってもらいました。頂上は見えず
鴛泊から来た数名の登山者と、広い登山道にすっかり安心♪


途中で、若い3人の男女と気が合って、4人で最後頂上まで



左側の女性は、仕事で数年札幌に在住です、いいな~北海道山ゆっくり楽しめる!

頂上は狭く、写真を撮りたい人も多いので、さっさと退散(もちろん景色は真っ白)

鴛泊コースの平和な登山道!


途中で、新潟からきた2人のお兄さんたちがラーメンを作ってくれました!
これがめちゃくちゃおいしいーーー!利尻ラーメン
通販で20袋買いました♪


8合目の長官山は開けていて、展望がよい場所らしく
風が強いので、もしかすると白の世界も風が吹いて、景色を見せてくれるかも・・・
ということで、4人で1時間ぐらい待つことに!



頂上があともうちょっと!
待ちましたが、この景色が限界
4人して「あ~もうちょっと!」 「あ~おしい!」と連呼




そのかわり、どんどん晴れてくる下界の景色は抜群!
上にかかる雲もどんどん、風で流されてきます



前方に礼文島


鴛泊フェリー乗り場付近


この橋はなんと、自転車専用!サイクルロードでした(昨日通過)


一眼レフがあれば、もっといい写真が・・・ということで、脳裏に焼付!

海を眺めながらの下りは、この上ない贅沢な景色!

↑Mさん、ありがとう!いい写真撮ってくれて♪

長~い下りが終わると、ご褒美の日本名水百選の一つ、甘露湧水


利尻は水の宝庫!もう一か所、秀峰湧水がありますが、こちらのほうがまろやからしいです♪
わたしは「おいしーい!」ぐらいしか感想が言えませんけど!


結局晴れたのは、下山後!

新潟から来た2人が車だったので、プチドライブに連れて行ってくれました!
オタトマリ沼からの利尻はギザギザでかっこいい!


鴛泊-沓形 のドライブコースの途中は電柱がない場所があり
撮影ポイント!


朝は、どうなるかと思った利尻山・・・
楽しい3人との出会い、昼からの絶景に大満足!

利尻大好きーーー!になりました♪

この後、大雪山(旭岳=黒岳周遊)と十勝山に登りました
後日Upしまーす!

| あゆっち | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode