Entry: main  << >>
夏の大雪山 旭岳から黒岳の往復ピストン
JUGEMテーマ:登山

一昨日、登った利尻山の楽しい思い出、次の山も楽しみーーー!

メジャーなコースは旭岳から黒岳の縦走らしのですが、
旭岳ロープウェイに車を停めているし、
事前に調べると層雲峡から旭岳戻るには駅の方までもどって折り返す、とんでもない!
こういうときは、ツアーだと、バスが送ってくれて、層雲峡でピックアップしてくれるんだろうなぁ

ということで、長距離になりますが、旭岳から黒岳のピストン往復のルート

↑見えづらい・・・ 歩いたのは結局このルート
行きは旭岳を登頂してから、中岳経由で黒岳へ・・・
帰りは黒岳から、北海岳経由にしたったのですが、雨が降り出し、
最短距離 :黒岳→中岳→分岐で右に折れて 裾合平 方面 
歩きやすく、途中からは遊歩道になるので何かあっても戻るのは簡易
ただし、小川、雪渓が何箇所かあり 増水時はちょっと濡れるかも・・・!

今日は・・・天気も条件が悪い。
昼から雨との天気予報!ただ明日から本降りになるそうで、
何が何でも今日は旭岳から黒岳ピストン(往復)のコースを歩く!
と決心したものの・・・

旭岳を目指すドライブコースから見える山は・・・ど~んより 

ロープウェイ6時発に乗り込み頂上へ、もちろん視界不良~
とりあえず、旭岳を目指して!

ロープウェイを降りると、旭岳がしっかり見えてました!
鉛色の風景・・・暗い・・・太陽がないぶん暑くなくて登りやすいかも!
ところが、暑くなるところか・・・途中でぐんぐん気温が低くなって、フリースを着るハメに
夏山とはいえ、雨具以外にも、防寒着を用意した方がいいですね



かわいい小学生の男の子は張り切って、頂上を目指していましたが、早々にダウン!
そのお父さんに写真をとっていただきました、
地元の方だそうです、写真を撮りますよと言ったのですが、「いいです」
ふ~ん、見慣れてる景色なのかな?!・・・このあと、写真を遠慮する地元民(北海道の人)
が多くて、北海道の人は写真が嫌い?!のイメージが・・・!? どうなんでしょうか・・・

旭岳の山頂までは、硫黄の香りが時々鼻をつくものの、
急な登りはなく、単調な富士山のような道のり 道幅広く、迷うこともありません

強風で、ガスが立ち込めることが多かったのですが、目印も明確



まだ標高が1000m台にもかかわらず、森林限界はとっくに過ぎており、
岩と土の世界・・・



途中で、ガスが晴れ、左手に大きく曲がり頂上へ目指す道がクリアに見えてきました
ここまでの道のりも、ガスさえなければ、景色を遮る森林がないので絶景だったはず・・・


なんと、頂上に一番に着いて、絶景を独り占め!
360℃すばらしい山の景色!
神々が遊ぶ・・・なんて、ロープウェイ内の放送ガイドで聞きましたが、
確かに!なんと大雪山は神奈川県と同じぐらいの大きさらしいです。
さすが、北海道!


左手奥がトムラウシ山らしいです

それにしても・・・カメラだとやはり迫力が・・・

今から目指す黒岳までは、緩やかな下りがメイン 見渡しがよくわかりやすい道のり!
しかし・・・、油断してあとに道に迷いかけることに・・・(汗


しばらくすると、単独の男性たちが登ってきました
地元の方がいらっしゃったので、山の説明を受けたり、写真を撮っていただいたり、
ありがとうございました、

この方には再度お会いする機会が、しかも大いに助けていただきました。

旺文社の地図では 頂上まで2時間40分とありましたが、
今日のロングコースを昼過ぎに終えるために速足だったこともあり、1時間10分ほどしか
かかっていません!まだ7時半

これだと余裕だ! ←ところが・・・あとでこの余裕はすっかりなくなります

ルートは2つ、途中で雪渓を下るか、川を渡るルート 頂上でお会いした方は以前に
川を渡るに苦労したとか。。。2~3日前まで大雨だったことも考えて、
行きは雪渓のあるコースを選びました

それにしても、快適~!  それにしても、誰もいない・・・


万年雪・・・やはり北海道・・・標高が2000m以下で、太陽光が当たるはずのエリアでも
雪がしっかり残っています、きっと秋の訪れも早いんだろうな~
土の変化が楽しい!


とにかく、360℃見渡せる景色、右手下に御鉢 これがすごい迫力!
きれいというより、怪しい景色・・・ふ~表現ができない
この御鉢にそって黒岳を目指すので、景色の変化が楽しめます


歩きやすく、珍しい景色に疲れもでず、あっという間に中岳です。


どこからやってきたのか・・・降ってきたのか!?この大きな石が・・・

実は途中にある分岐がわかりにくかったので、間違って黒岳と違うルートを歩いていました
コンパスでちゃんと確認すればよかったのですが、前に人が歩いていたので思わず・・・
すると、上から急ぎ足で降りてくる人が・・・さっき旭岳の頂上でお会いしたかたです!

「あれ?黒岳に行くんじゃないの?」 「え!間違ってますこの道?」
「全然違うよ、お疲れ様!戻らないとね」
結構登ってしまっていたので、ショック!

わかる地点まで、ご一緒しました、本当にお会いできてよかったです!!!
ありがとうございました、この方は雨が降りそうなので下山するそうです
わたし、まだ半分もきてないけど(汗っ

しばらく行くと、
あ!ありました、雪渓ポイント

右手奥が、黒岳です
目指すものが見えると、一安心!

この雪渓、ある程度の傾斜を下るのと、全く足跡がなくてちょっとびっくり!
今頃どっかの雪渓歩きは超満員だというのに。。。北海道の山は空いてますね~

大きなザッグを持ったグループに帰りにここで会ったのですが、
強風だったのもあって、女性の方はとても苦労されていました
ここで、ツルっとなったら、岩エリアに突っ込んでしまうので、確かに怖いですよね!
傾斜は30度ぐらいかなぁ、夏なのでシャリシャリ感のある感触
オールシーズン(or冬用)の山靴だと問題なく 下れるレベルでした

お鉢が見渡せるポイント


途中で、女性のガイドさん(大雪山の自然関係?!)にお会いして、
帰りのお勧めコースを聞きました、
ただ、まわりの高い山に笠雲が・・・!
ここまできて、引き返すわけにもいかず、

急げ、急げ!黒岳まで、一気に登ります。

はい!あっという間に黒岳

写真を撮って頂いたのはご家族のお父さん、わたしも撮りますよ!と言いましたが、
「いいです」・・・!もちろん、北海道の方・・・な・・・なんなんでしょう~
家族写真撮れるのに! それか、わたしが怖く見えるか、なんかかしら・・・

ぶつぶつ思いながら下山、我慢しまくっていたお手洗い(ちょっと下品ですね、失礼!)
石室におじゃましました
ここのお手洗いはおもしろいですよ♪最後に自転車こぎます!

左右のイケメンはスタッフの人たち とってもいい人たちで、話が楽しかった♪



混んでいると思った黒岳石室、「泊まれるよ」
え!空いているんだ~お盆ど真ん中なのに
雨雲がこれから目指す旭岳を覆ってきてるし、パラパラ降り始めてるし・・・

お兄さんが「今から、戻るって なんかせつないよね・・・」
そりゃそうだけど。
泊まりたいかも。。。と思いつつ、今泊まっているホテルにその連絡をしていないし、
明日から本降り・・・明日戻る方がたいへん!


やっぱり戻ります! ただ、もうこうなったら、一番早く戻れる方法を聞いて、
雨具を着てダッシュ!
おかげで、汗だく・・・

黒岳から登りきった分岐点まで来ると、一安心


あ!おにぎり食べ忘れてた。
せっかくホテルの人が用意してくれたので、雨の中、おにぎりを取り出して
"食べ歩き" 気が効く!大好物の梅干しが入ってる♪
そうそう、クエン酸補給にもなるし

雨はパラパラなので、なんだかのんびり気分♪

それにしても、誰もいない・・・相変わらず強風だし


このあとは、中岳分岐を右に裾合平方面、
このくだりがすばらしかったんです!!!

ここまで来ると安心
ただ、熊が出るのはこのエリアだそうで 確認!チリーン、チリーン、鈴の音Ok

まるで尾瀬の景色
続く草原・・・


お花畑が左右を飾ります!


少々ガスがありますが、羊とか牛とか居ればもっと雰囲気がいいのに!
北海道だけに乳牛の放牧って。。。国立公園だから無理か~



整備された道 ありがとうございます


きっかり2時に バァッーーーと降り出しました
でも、もう到着です♪


朝6時半から2時・・・
え!長くいた感じだけど、8時間か~ 標準コースタイムよりだいぶ早っ・・・

もったいなーーーい! 雨さえ降らければ、歩き続きたかった・・・
程よいアップダウン、壮大な景色、誰もいない空間・・・ すべてがすばらしい!
ず~っと歩き続けたいほど、ちょうどいい温度と爽快感

次回はゆ~っくり歩きたい! 

ただ、今回来る前に調べたところによると、遭難や死亡が多いエリア。
2000mチョイ越えだと、本州はそれほど危険な山ではありませんが、
8月中旬夏まっさかりにもかかわらず、十分涼しく、曇ると冷っとします

何より、人が少ないので、本当は単独は危ないかも・・・
歩きやすいだけに、無理しちゃいそうだし

コースわかりやすいのですが、コンパスと地図で分岐では要確認ですね
実際、なめてかかっていた私は、間違ってしまって・・・
運よく、地元の人たちに教えてもらい助かりましたが、見知らぬ温泉町へ行くところでした(汗)
雨具+防寒着(機能性の高いフリースなど身体をあたためてくれるもの)寒暖が激しいので
があるほうがいいと思います

あと、雪渓を下る場合は、ダブルストックがあると安定して歩きやすいです
他の道も、岩場がないので、ストックがあると重宝します♪

明日は天気だと、十勝岳!

その前に、脚をケアしておかないと!
もう若くないので、ビフォーとアフターのケアは重要

お部屋に夕食を運んでくれたホテルの方が、
足首も、足裏も すっきりシートを貼りまくってる様子にびっくり!

きっと、「なぜ、そこまでして登るのだろうか・・・」って思われてるんだろうな

おっと! ステーキにイクラ丼、カニまで! なんてハイカロリー
おかげで、体重は減らなかったのが。。。ちょっと(いや!だいぶ)残念

| あゆっち | 22:55 | comments(11) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
うらやましいです。私は、旭川に住んでいるので今年こそ旭岳から黒岳縦走にチャレンジしようと思っています。ピストンできるんですね。ただし、初縦走で単独はやめておいたほうがいいでしょうか?
Posted by: 相沢 敏彦 |at: 2013/11/25 4:56 PM
相沢さま

返信が遅れまして、失礼しております。夏なら大丈夫だと思います。
お盆でも人は少なかったのですが、ある程度はいるので、聞くこともできますし。
目指す山が常に見えているので、よほどガスが出ない限りは迷うことはないと思います。GPSきっちりキャッチできます!あと、コンパスで方向確認すれば、まず迷うことはないと思います!
Posted by: あゆっち |at: 2013/11/29 5:03 PM
あゆっちさま
アドバイスを読んで安心しました。何とか行けそうな気になりました。あゆっちさんは色んなところに行っているんですね。私は現在、仕事の関係で稚内に住んでいるので来年利尻山にも登ろうと思っています。
Posted by: 相沢 |at: 2013/12/01 12:00 AM
もし無理でも、黒岳で下りてもいいですし、泊ることもできると思います。山の感じではなだらかな道のりで、困難な場所はありませんし。
ただ、わたしは関西出身なので、北海道の自然の寒さを知らないので、着込むものをたくさん持っていきました!結果的には、天気が崩れても、寒いことはなかったのですが、吹きっさらしなので、条件によってはレイヤーの考慮が必要だなぁって思いました!
日本はいろんな山があるって数年前に気が付いて、行ってみると楽しくて・・・!
それにしても、うらやましいですねー!
北海道にお住まいとは!
山だけでなく、ハイキングに適したところがたくさんありますよね。
スキー場もたくさんありますし。
利尻はお盆だったので人が多かったですが、島自体に混雑さは感じられず、自転車でうろうろ散策もかなりたのしかったです。
自転車道路がすごく整備されてるところもありますので、数日の滞在がおすすめです!
海鮮も驚くほどおいしかったです(^^)
北海道は食べ物がおいしくていいですよね。繰り返しますが、本当にうらやましいです!
Posted by: あゆっち |at: 2013/12/01 9:31 AM
昨日テレビで、穂高岳に宍戸開さんが登山する様子が放送されていましたが、さすが3000mを超える山はすごいなと感じました。そして、山小屋にテラスがあったり引き立てのコーヒーも飲めるなんてうらやましいです。
北海道では2009年のトムラウシ山の遭難がありましたが、まさに夏でも気象状況によっては凍死の危険があるくらいなので、あゆっちさんが言われたとおり最悪に備えた防寒対策が生死を分けると感じます。夏だからつい軽装になりやすいんでしょうね。
僕が興味を持っているのは、クワウンナイ川(トムラウシ山が源流)の「滝の瀬13丁」という地元でもあまり知られていない場所です。
相当危険でしばらく立ち入り禁止だったんです。(以下に掲載されています)
http://yoshio49.web.fc2.com/kuwan1.htm
こちら稚内は意外とおいしいものが多いところでした。また、礼文島は夏には花も多くてトレッキングには最適のようです。
Posted by: 相沢 |at: 2013/12/01 5:48 PM
相沢さま

北アルプスは観光地のようになっているので、小屋もきれいですし、訪れる人も楽しそうにしています!
カキ氷を食べれるところもありますよ。
そうですよね、記憶に新しいです、トムラウシの事故。
いくらグループで行っても、結局は自分の力で行動するしかないので、個人の時も、誰かと一緒の時もつねに気を使って歩かないとだめですね。
クワウンナイ川!
こんなところがあるですね!
渡渉の写真はびっくり!こんな深いところを歩くのは、すごい水力がかかってたいへんそうです。
魚釣りとそれを食べてるシーンは最高ですね!
すばらしいHP!
時間のあるときにじっくり見たいです!教えていただきありがとうございました。
利尻に行ったときに、山に登ることばかり考えていたので、礼文にいかなかったのです。次回はぜひ訪れたいです。両親が行きたがってるので、来年の夏に行けるとよいのですが。ウニのおいしい時期に(^^)/

Posted by: あゆっち |at: 2013/12/02 11:05 AM
あゆっちさま
ぜひ礼文島をお勧めします。
今年の夏に仕事上で礼文島に行き、ほとんどの場所を廻ったのですが、とても魅力的でした。
高い山はなく丘陵地帯のような印象ですが海がスカイブルーできれいで、断崖絶壁の迫力もかなりのものでした。何度も行きたいところです。
あゆっちさんは、かなり色々なところへ行き危険な体験もされているんですね。
私も渓流釣りも好きなので、まだ雪の残る大雪山の山深くへ釣りに入り、登山で言うクレバスに近いところに下半身が落ちて、足の下は空洞。両腕を開いて穴に落ちずに済んだという体験はかなり怖かったです。ちょっと無理しすぎたなと後で思いました。
あゆっちさんも十分気をつけて登山を楽しんでください。
それにしても、あゆっちさんは色んなところに行き、他にも色々なことにチャレンジされて、すごいエネルギーですね。
私もあゆっちさんを見習ってもう少し行動範囲を広げたいと思っています。
Posted by: あいちん |at: 2013/12/03 10:03 PM
あいちん様

渓流釣りの危険さは耳にします!
何とも、恐ろしい経験ですね!!!
山はあくまでも、人が通ってる場所なのでよほどの無理をしなければ、怪我や事故にはなりませんが、あえて、人が少ないところに向かう釣りは本当に、すごいと思います。確かに冒険心そそられますし、釣れた時のうれしさとか、誰もいない空間の気持ちよさってわかりますけど!
釣り自体、したことないので(笑)

そうなんです、何かいつもやってないと気が済まないんです。人生って短いなぁって思います!
こんなに、あんなにしたいこと、行きたいところ、見たいことがあるのに、なんて時間は短いんだろうって。そして、無理すると疲れるし〜

だから、どんな山もできるだけ感動して心にたくさん思い出を詰め込むようにしています!

礼文島、ぜひ出かけてみます!
お仕事とはなんともうらやまし過ぎです!
Posted by: あゆっち |at: 2013/12/04 2:54 PM
あゆっちさん。冬山を楽しんでいますねー。
富士山の散歩、天気もよくてよかったですねー。写真見てるだけですがすがしさが伝わってきました。
山を見ながらのティータイムも羨ましいです。でも、さすがに樹海は怖そうですね。

私は今まで、夏から秋までしか登山は行っていなかったんですが、あゆっちさんのおかげで、冬でもスノーシューを付ければ、その辺の森でも十分山歩きが楽しめることに気づかせてもらいました。

さっそく、稚内近郊の低い山の登山というか散策に行ってきました。
うっすら雪景色のなか歩くのは、思っていたより気持ちが良く、キツツキのつがいがいて口笛を吹くと鳴き返してきて楽しかったです。ただ熊が出そうなのでちょっと怖かったですが。

山頂からは日本海とオホーツク海が両方いっぺんに見ることができて、こんな場所があるんだと感激。
ひよっとしたらオホーツク海と日本海が同時に見えるのは、稚内の山ぐらいではないかと思いました。低山登山もあなどれないと思いました。

旭川の自宅に帰ったら、大雪山の山すそでスノーシューを付けて森を探検してみようと思っています。
冬山は旭岳や十勝岳にはスキーで行っていたのですが、山歩きという目的で冬の山に行くのは初めてなので、なんだかわくわくします。富士山あたりは行った事もないし
Posted by: あいちん |at: 2013/12/06 9:00 PM
すみません、なんだか尻切れとんぼになってしまいました。富士山周辺は行ったことがないのでこちらのページで書き込みました。
Posted by: あいちん |at: 2013/12/06 9:03 PM
あいちんさん

私も昨年、はりきってスノーシューを買ったのですが、1度しか使ってなくて・・・この冬はサクサク、森の中や丘を歩いてみたいです!
こっちでは、雪があって、スノーシューを楽しめるところを探すと人が多かったりです・・・

みんな楽しそうなのに、遠くでポツーンと一人はさみしそなので(^^ゞ

稚内近郊にそんな山があるんですね。
海が見える山って、ありますが、北海道は格別でしょうね!!!

北海道〜 1カ月ぐらいゆっくりといろんなところを歩きたい、食べまくりたいです(^^)

北海道だと低山でも、こっちの3000m級の自然の厳しさだって聞きました。
いろんなところに行かれて、ぜひお話聞かせてください!
大雪山の裾をスノーシューで歩きながら山を見るなんて、贅沢ですね〜
Posted by: あゆっち |at: 2013/12/07 2:00 PM








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode