Entry: main  << >>
宮ノ浦岳 屋久島にある100名山
突然、屋久島に行こう!ということで、出発2日前にあわただしく予約。
フェリー到着後、観光案内所で見た地図に、1900mの山があるじゃない!
知らなかった〜って、ちょっと調べなさ過ぎでした。

翌日は、晴れなら山、雨なら縄文杉にすることに・・・

当日、バス乗り場の縄文杉コース待ちの長蛇の列!混雑を見て
今日は山にすることに。

九州の最高山稜!屋久島の名だたる山々を見渡せる宮ノ浦岳。
10月の秋晴れ、最高のハイキング日和となり、
距離はあるものの、整備された道のり、標高差少なく、まさにハイキングコース。
(ハイカーの方に限ってです、スニカーとか軽装備は×です)
地図だと往復で所要時間は11時間ぐらい
わたしたちは休憩をいれても、半分ぐらいの時間でしたので、
実際はもっと短時間で大丈夫だと思います

そういえば、売店でガスが売っていたので、
ジェットボイルを持ってくればよかった・・・
(飛行機乗るのに可燃物はダメなので持ってこなかったのです)
すばらしい景色がたくさんあるので、ゆっくりお茶するといいと思います♪

登り口、実はここまでの道路がエキサイティング!

ここまでの道路狭く、陥没ポイントあり。ぜひぜひ、ゆっくり走ってください。
私はホイールカバー飛ばしました・・・
帰りにも飛んで行ったので、初めから外していた方がいいかも〜
10月の平日でしたが、6:30には駐車場は混んでいました。

ただ、この道はここに登る以外に目的がないので、
路駐でも大丈夫そうです、混んでいても、登り口まで歩けばいいだけです。
トイレはきれいなのを造っていました。現在は仮設です。

まさにハイキングコース!

歩きやすい〜 
何箇所か大きな岩があり、ロープがあり困難ではありません。





林道を抜けると稜線にでます、道は明確で迷うこともありません、
稜線から景色がすばらしいーーー!
ただし、雨だと意味がないコースです
(観光案内の方もおっしゃられていました)


よく見てください!道が川になっています、こんな個所が多いです。
足にゲイターを装着するほどではありませんでしたが、(暑かった・・・)
やはり雨の多い屋久島らしい雰囲気。苔があちこち!


天気予報通り、すっかり晴れてきました。
ただ、風がやってくる方向には迫力ある雲。午後からは雨になりそうです。

それにしても、超さわやか〜やっぱり秋はいいな〜




奇石が多いのも山稜の特徴です。


右の割れている石! きれーいにナイフで切ったみたいです。
これって雷ですかねぇ〜


モアイ!?


誰が・・・のせたのか・・・


落ちそう!だけど、長年こうみたいです、ガイドブックにありました


なんだか、石たちが話し合いをしているみたい。



石や景色を楽しいんでいるうちに、頂上
途中で、仲良くなったご夫婦と、若い男性との集合写真!
私は緑のシャツです

頂上は広くはありません、10組ぐらいでいっぱいになりそうです。



頂上からの景色はすばらしいものでした。山の向こうは海。
島も見えていました。 来てよかったーーー!
それにしても、こんなに山がたくさんあるなんて。
いつか、ゆっくりたくさん登りに来たい!


帰りは小雨になったのですが、これが最高でした!
(林道なので雨は直接かかりません)
コースは空いているので、何度も立ち止まって深呼吸、
見渡す苔むした世界に、心から屋久島の山を堪能・・・


小さな芽吹きがあちこちに・・・一本の木からでもたくさんの生命を感じます


静かな中に、水の音があちこちから聞こえるのです
あちこちに小さな川や湧水があるのが目じゃなくて、耳でわかる・・・!

ときおり、ピイイー!って叫び声が・・・(鹿です)
最初はビクッってなりましたよ



それにしても、こちらのコースも屋久島らしい木がたくさん
森の主っぽい・・・木 あちこち・・・





あとで白谷雲水峡にも訪れました、こちらもすばらしいのですが、
人が多くて・・・ やはりこういう世界は、独りで静かに心ゆくまで
全身で堪能するのがいいのではないでしょうか・・・

湿原には鹿がいました、自然の中にたたずむ風景はいいですね。


帰りの道路では猿も・・・やっぱりゆっくり運転で♪


私たちは永田方面に泊まっていたので、登り口まで車で2時間以上
かかってしまいました。
動物の飛び出しの心配も、街灯が少ないのも、
山の道は狭く走りにくいのもあって・・・

登山するなら登り口近くの宿泊がいいと思います。

何も調べないで出かけたのですが、
朝は4時からお弁当を用意してくれるのがこの島の当たり前のようです!

宮ノ浦岳コースは、2か所おトイレあります。(要お持ち帰りトイレ持参)
専用のが島にも売っていますが、
市販の小さいタイプを私は持参しています。

私が訪ずれる山では、ゴミなど見かけないのですが、
屋久島は普段山のぼりをしない人が8割らしく、
マナーの悪さに、地元の人が困っていました。

世界遺産なのに、規制もなくてびっくしましたが、
木の根もたくさん張り出していて、それを踏まないと通れない
道などは本当に気がかりでした。

将来的に、入山入森林制限などできるかもしれませんね。
| あゆっち | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode