Entry: main  << >>
ルクラまでの国内線が飛ばなーい!ということで旧街道
カトマンズに到着
埃まみれ、喧騒、せせこましい、何もかもが雑・・・汚れてるし
臭い・・・

いやぁーーー、ここから脱出したい!!!

考えてみれば、学生時代は東南アジアにどっぷりはまっていたけど、、、
ネパールってば!違う!!!
東南アジアと違う!すべての悪い要素が+されてる!
しかも、わたしはいい年になってて、とても喧騒にはお付き合いできない。

はぁ、といっても、明日には国内線に乗って、お待ちかねの山に出会える!

よしよし、念入りに持ち物をチェックして、9時には就寝


ところが・・・なんと、これから3日連続 カトマンズのホテルに戻る生活が。
つまり、カトマンズから、トレッキングの出発点ルクラまでの
国内線が天候不順で飛ばなかったのです。

空港は連日、飛行機待ちの人たちが増えてたいへん。
誇りまみれ、喧騒、せせこましい・・・(冒頭の繰り返し)

早く、飛行機のりたーい!

けど、噂だと、
去年は8日連続飛ばず、レコードでは2週間飛ばなかった時もあるとか!
今回お世話になったヒマラヤ・アクティビティーズのスタッフの方と
相談の上、
空港で仲良くなった、超旅慣れたお二人MんとTさんとで3人、

1週間のルート(車1日+歩き6日)追加
ジリというところから歩いてルクラ(トレッキング出発点)を目指す
ことに。

4駆だとジリからもう少しバルダンって所まで行けるらしい・・・
(つまり、歩く距離が1日分短くなる!)
よっし!高いけど、3人でワリカンでチャーター。(でも45000円します)

+ガイドとポーター代と、宿代などなど かかりますが。
でも、ここんところは安いのでネパール様様です♪

カトマンズから、ジリまでバスもあるけど、
こんな感じ!? ぎゃーーー!
座るっていうか立つ?想像するだけで怖い。私には5秒が限界だなぁ。
でも、乗るなら、屋根だね・・・

それでもって、途中で事故に2回遭遇、ガケ下に転がってるの1台発見
ガイドが、
「去年落ちて、40人以上が死にました」

へぇ~ 45万しても、車チャーターするね!!!!!

ドライバーさんは、丁寧かつ運転がうまい!助かりました♪
左はMさんTさんのガイド、
右側が私のガイド(25歳だって!若!)

バスに群がる物売りの人たち
TATAのバス、一度は乗ってみたいような、やっぱりやめておきたい

朝6時にカトマンズを出発して、意外と走りやすいアスファルト
快走に飛ばしてジリには2時過ぎには到着♪

うんうん、楽ちんだねぇ

なんて・・・ジリからが地獄ですよ

むむむっ!アスファルトとおさらばすると、やたら道がぬかるんでーる!

ガッタンガックウン!!! 川渡ること数回・・・


アップダウン! 私が乗ってる右側がガケまる見え!
ギリギリだし!!!
めっちゃタイヤ滑ってるし!!!
もちろん、ショックアブソーバーってのはとっくにないから・・・
ダイレクトにボディーを痛めつけるこの震動!!!

+シートベルトとか、
伸びきってるし、締めてもカチッてならないし・・・
必死で、つかめるところを強くつかむ!

ガッタン、ガッタン!ズルルルルーー!ゴオオオーー

ヒャー、これこそ4駆の活躍の場!?
(って余裕なこと、あとで思ったんですけど)

強靭な私の胃がシクシクなるぐらい、怖いやら振動やらで

それでもって、なかなか進まんし、ドライバーは
よく車から降りて、道の確認をしにいってるし・・・

かれこれ、4時間たっても、目的地まで半分も来てないとか・・・

すっかり辺りは闇です

ガイド2人と、MさんTさんがいるので、怖くはないものの、
(2人は以前にのったバスでもっと怖い目をみたらしい・・・)

歩いた方が良かった。とポツッって思いました・・・
といっても、ここから歩きとなると、ポーターがいないから、
荷物はガイドと分けっこして持つのか・・・暗闇、ドロドロ
考えたくないなぁ

なんて、トロトロ進む車の中で考えていたら、
ドライバーがまた車を止めて降りてしまった

・・・帰ってこない

あの光は何・・・!!

・・・え!!!暗闇によく見ると、バスが2台立ち往生

酷いぬかるみで、全く進まなくなっていて、

せーーーのっ!でみんなで押してる。

降りてしばし見学。

もう絶対無理っぽい、押したり、紐かけてひっぱったり、
その紐が勢いよく切れて、大騒ぎ

・・・祭!?

ここで1時間以上、時間をかけても動かないとわかり、
バスに乗っていた人たちは、全員降りて、ぞろぞろと歩きだした

私たちの4駆は、バスの脇を通って(これもたいへんでした)
なんとか、先の道に出ることができ、バルダンへ出発!

ところが!
なんと、バスに乗っていたネパール人が、乗せてくれー!!!って
ドアを開けて、入ろうと大騒ぎ!!!

映画のワンシーンか!?
キャー、どっかで見た!ベトナム戦争の映画だ(プラトーン?)
そんなん、200人以上も無理!!!

とにかく、私たちだけ乗って、出発しようとすると、ガイドが
赤ちゃんを抱いたお母さんを乗せてしまった・・・

私はこれはいけない選択だと思ったよ。
だって、旦那さんもいたから、明日までバスの中で待ってた方がいいと思う。

実際、車は、バルダンには行くことができず、シヴァラヤって所まで。

お母さんと赤ちゃんは、標高2700mので降ろされて、
どうしたんだろうか・・・
旦那様もいないし、荷物も持ってなかったし。
お母さん、すごく薄着だったし。

やたら暗い場所で、ガイドに誘導されて宿に着くのが精いっぱいで、
お母さんたちがどうなったのかは、いまだわからずです。









| あゆっち | 23:01 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
yciqayrgxxz zdwphhzdf etxrsxzv www.homelessandhungry.org ケイトスペード 財布, yqilflbfbvn xmprmpidq ysxfnbfy www.mujernovia.com レッドウィング アウトレット,qnpirgxiosf yyttrrqlo rybuazic www.mitchellsdreviews.com クラークス メンズ, vosgxwukmwr rnrryyauw dnbnozwf www.kidsetoys.com トゥミ バッグ 2013 tkmirglzoqq eittjxgip epioppem サマンサタバサ バッグ www.quizverse.com, ahqyxkqtlee foyiburks cmjhnyqd オロビアンコ バッグ メンズ http://www.anteloperidgehomes.com/, cdihfzcnawd wvhvllexq slmsfhxr オニツカタイガー アウトレット www.sassywomeninspired.com, wwmlrsadbpr thgyotoic ppwvvnay ヴィヴィアンウエストウッド アウトレット www.reviewbusters.org, szuznnlhfbv pwjoiynyq mjpgqlie
Posted by: feeteebrowarf |at: 2013/12/07 7:36 PM








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode