Entry: main  << >>
穂高岳山荘ージャンダルムー西穂高ー新穂高ケーブル
朝食5:30 やたら漬物なおかずだらけの朝食は物足りないけど、
おなかパンパンってのは今日はよくないので、ごはんおかわり無で出発!

気合充電~ 晴れ、無風! すべて整ってるいい感じ♪


パーっと明るい日の出。素敵なハイキングの予感♪

まずは登って、稜線にでます、ここでウォーミングアップ

ほどなくして、奥穂高山頂!
とっても、気持ちいいところなので、ゆっくりしたかった~

キターーー!ついに来ましたよ。
ジャンダルム!

って、その前にすごい難所馬の背!!ナイフリーーッジ!

いえいえ、確かに怖いんですが・・・こういうところがなぜか好きな私。

足場はしっかりしてるし、ホールドしやすい岩なので、通過はそんなたいへんじゃいのですが、下りが・・・見えない・・・
奥穂高からジャンダルムへ向かう場合は、
左にまくイメージになります。
足がかりはあくまで左側、両手でしっかりホールドして左足で探れば見つかります。

といっても、これは足の短い私の場合で、Tくんや後から来た男性は
普通に足を伸ばせば足がかり発見は困難ではないようでした・・・

そりゃ、高さがあるので怖いけど、
こんな感じで、確保しやすいです。
それに、かっこいいし~


記念撮影に適した場所、多々あり♪

それにしても、かっこいい風景・・・!

上まで行きたいんだけど・・・!写真ではわかりにくいですが、
印はあちこちにあり、迷うことありません。(右下から)


???どうやってあの上に行くんだろう~

後ろから、すごいスピードの手ぶらの人がやってきた!
「ジャンダルム、どんなのもかと思ってきました」
このひと、すっごい速い!

ロバの耳(写真)上るのどうやるかみたくて、ついていくことに。

近づくと・・・なんのことはない、左に巻いて・・・

鎖場あり!
見た目より、ぜんぜん登りやすかった~
しかし、速い彼は、わたしが2,3枚写真撮ってる間に見えなくなった!

頂上!

私「びっくりしました!すっごい早いですね!」

彼「現役じゃないけど、レスキューだったんですよ」

さすが、プロはすごいわ。なにせ、この人先に去っていたんだけど、
その時にみてたら、ほぼ走ってるっていうか、跳ねてるっていうか・・・
年齢は見た目より上ですが、動きは若い猿!(失礼!)20歳代みたい、そして
カモシカとか猿みたいに、すばやい動き!
昨日の小屋でも、すごい人の話たくさん聞いたけど、いっぱいるものです!

はぁ、ちょっとすわって休憩。
さすが、頂上のからの景色はすばらしいものでした。

T君がやってきて、後ろから2人組と、おじさまも(この人めっちゃエライさんでした)
撮影したり、お菓子食べたり、楽しい会話!
私は今日の目的を果たした感ですっかり満足。

後は、下るだけの行程だし♪って思ってたら、ここは2回目のおじさまが、
「これからがたいへんだよ、アップダウンの連続で」

私はこの言葉を信じられず、お気楽にジャンダルム山頂を後にしましたが・・・
確かに!すっごいたいへんでした・・・覚悟しておけばよかった・・・


切り立った岩場で見えないけど、実はガンガンに下ります・・・

登った!っと思ったら、向こう側はまた下り・・・
撮影ありがとうございます!

でも、景色があまりにもいいのでご機嫌な私♪



また、登りか・・・しかも、急だし


天狗のコルって所に到着。
ここからだとジャンダルムまで近い。

のぼって、おりてしてるのはこんな感じの山をいくつも・・・



また登り!
楽しかった岩場も、すっかり飽きてきた・・・
途中で売店ほしい!アイスクリーム食べたい!炭酸飲みたい!

でも、せっかくなので楽しまないと・・・

「命!」って言ってます、私。文字になってない~

それにしても、左右前後、どれも爽快な景色で、晴天無風の今日は最良の日でした!
ただ、やはり暑いので、のどが渇きます。重くても水は多めの方がいいと思います。


緩い稜線だと景色はあまり変化しないけど、ここはアップダウンが激しく、
景色がどんどんと様変わり!
見るものを飽きさせない・・・けど、続くので歩くのは飽きてくる・・・!?

そんなこと言ってり、思ってたって!また登りだよ!




いったい、どうやって登ったり降りたりしたのか・・・写真ではもうわからないけど、
途中に浮石が多いところや、ザレ場のミックスもあったので、
緊張感は続きます

ただ、ジャンダルム頂上から一緒になったみんなとすっかり仲良くなって、
ずっとおしゃべり!怖いはずのルートなのに、あまり気がづかず通過してました!

や・・・やっと西穂高到着~ 仲良くなった2人組と撮影

ここは新穂高ケーブルを使って登ってきた人がたくさんいるので、混んでました!

でも、あとは小屋について、ラーメン食べて、そして1時間歩いたらケーブル
ということで、ゆるゆるモード。

今まで歩いたルートからすると、平和~!
だけど、時折岩場があるので、まだまだ気をつけて!

そして、9月末、山の早い紅葉を感じれる景色


振り返ると・・・終わってしまうと、やはりさみしい気分



西穂高山荘、ここまでこれば、もう安心!
ここでみんな集合!
名物のラーメンをいただいてます、わたしは一口だけいただきました


混みこみのロープウェイを乗り継いで駐車場へ。

わたしの予想では地図を見る限り、今日が一番楽なのかと思っていたのですが、
実は一番たいへんでした、それに3日目ともなると、疲れもたまっていたのかも
しれませんね

山に行って筋肉痛になることはもうなくなってるのですが、
さすがに翌日太ももが張ってました、

この3日間の感動の余韻はブログを作成している今でも鮮明に残っています。

かなりお勧めルートです!
もちろん、危険な場所なので、誰にでもお勧めしませんが、
来てよかった!って心の底から思える、大満足、大楽しい!すばらしい場所でした。

来年もまた来よっと!

あ、スルメイカいただきました、これがとてもおいしかったです。
水でふやかせば、だいぶ大きくなるのを想定して、非常食になる!!!
って思うのは私だけでしょうか・・・


| あゆっち | 23:28 | comments(12) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
あゆっちさん、こんにちは

いやいやいや、凄すぎます!
馬の背、怖い(°_°)でも私もああいう所好きです。
登って下りての繰り返しで、かなり体力が必要でバテてしまいそう。でも写真からはそんなコトは微塵も感じられず、満喫しまくりの様子、素敵です!
景色もカッコ良いけど、あゆっちさんの登山スタイルもかなりカッコ良い(^^)

明日から、入門編の登山に行って来ます。
お気楽ハイキングですが、今から楽しみ&キンチョーしています。
また帰って来たらコメントさせて頂きますね。
いっぱいトレーニングするので、待っていて下さいね!!
Posted by: しろうま |at: 2012/10/05 6:06 PM
わ!すごい!
本格的に学ばれたら、わたしなんかとてもとても・・・!

レポ楽しみにしています。

写真は怖そうですが、(私も行く前はビビってました)実際は、しっかりとしたルートで、大丈夫ですよ。

来年あたりは、間違いなく制覇してそうですね!
Posted by: あゆっち |at: 2012/10/05 6:08 PM
槍穂縦走 おめでとう!!

緊張の連続なのに、凄いです。

いま 移動中なので帰ってゆっくり見せていただきます♪
Posted by: がんちゃん |at: 2012/10/05 10:44 PM
あゆっちさん、
南岳からの縦走を拝見して感動した!
私は今年7月の梅雨明けに、岩登りの経験なしなのに、奧穂岳を中心に縦走を計画してましたが、まわりからの”始めていくなら止めとけ!”の忠告に従い、涸沢からのピストンで奧穂だけ登ってきましたが、あゆっちさんのブログ見て止めとけの忠告が何故かなのが、よくわかりました。
今もいずれの時かチャレンジしてみたいですが、とくにジャンダルム!
また引き続きウォッチさせて頂きますので、よろしくお願いします。
Posted by: den |at: 2012/10/05 10:51 PM
>>がんちゃんさん

お仕事ですか?御苦労さまです。
緊張というより、笑いのほうが多い楽しい行程でした。

すがすがしい天気と爽快な景色、これらが楽しさ100倍にしてくれました!
Posted by: あゆっち |at: 2012/10/06 5:06 PM
>>denさま

ありがとうございます!

Denさんのブログ拝見しました。
身近な丹沢を観ましたが、いろんなルートがあるのですね。
参考になる場所がたくさんで、とても勉強になります、今後引き続き見させてください!リンクもさせていただきました。

涸沢岳の頂上もすばらしいですよね!わたしあそこ大好きです。

ぜひジャンダルム、チャレンジしてください!
ボルタリングジムに一度でも行かれると、身体の使い方がわかり岩場が楽になると思います。
私は1度行っただけですが、とても参考になりました。
ジャンダルム周辺の岩場は、とても確保がしやすく、浮石はほぼありませんでした、3点確保さえきちんとすれば、問題なく楽しめる山だとわかり、また行きたくてたまりません!

穂高の縦走はアップダウンが激しいので、途中からジャンダルムのたいへんさより、後半のほうがたいへんだってイメージです!穂高の縦走はさすがです。

来週から芸術週間なるものが始まりまして、山はトレーニングの大山に出勤前に行くぐらいになりそうですが、晴れで休みが取れそうであれば、八ヶ岳か、北岳に行きたいところです。

山の秋は短いですよね・・・
Posted by: あゆっち |at: 2012/10/06 5:21 PM
あゆっちさん、こんばんは

アルプス入門編の燕岳から帰ってきました。
コース内に北アルプス三大急登の一つがあるといわれていたので、かなり楽しみにして挑んだのですが、あれ?丹沢の大倉尾根の方がきつい…という感じでした。

山小屋もあゆっちさんのガイドを参考に準備万端で行ったのですが、『泊ってよかった山小屋1位』に選ばれたという山小屋(前日まで知らなかった!!!)で、今回の体験はあまり今後の参考にはならないような気がしました(笑)

何はともあれ、最高に楽しく幸せな2日間でした。帰りたくなかった。

やっと『アルプス登山』のスタート地点に立てた気分です。
これからもあゆっちさんや他の方のブログを参考に穂高や槍を目指したいです。

Posted by: しろうま |at: 2012/10/08 8:50 PM
ほんとうに、ペースが早いですね!

わたしも知りませんでした、
あの小屋が1位とは!

槍ヶ岳は5回登ってます。子供のころに。表銀座からも行ってますが、ふるーい記憶です。

槍は人気ありますよね、登っても、遠くからも、下からも・・・どこからみて、美しく、すばらしい立ち姿に、誰もが好きになる山ですね。

しろうまさんのペースなら、この秋にでも登りそうですが!?
Posted by: あゆっち |at: 2012/10/11 9:32 AM
はじめまして!
ブログが詳細ですごくわかりやすくて最高ですね!
いつかはいってみたい大キレットとジャンが詳細で見応えありました!
しかも超笑顔でめちゃいいですね☆(≧∇≦)/
感動しました!
ありがとうございました!
Posted by: ひっち |at: 2013/08/11 9:17 AM
ひっちさん
嬉しいコメントありがとうございます。
他の方のブログは私も参考にしていつもありがたく思います。
楽しそうな文章や写真は、山に行く気持ちを高めてくれますよね。
私も、このコースはお勧めブログが多かったのでチャレンジしました。
また、行きたいです!
Posted by: あゆっち |at: 2013/08/23 6:12 AM
あゆっちさん お久しぶりです
この記事を見てからずっと行きたいと思っていたこのルートと全く同じルートをようやく行ってこられました。3日間とも快晴ですっごく楽しかったです。岩岩楽しいですね〜^^
Posted by: こめっくす |at: 2016/07/25 9:35 AM
こめっくすさん お久しぶりです!
わたしもなつかしく、この記事を読んでいました。3日間とも晴天!すばらしいですね!晴天だと、景色もさぞきれいだったと思います。
夏の山、朝晩のヒンヤリした空気と岩の質感、さぞかしすばらしい山行だと想像すると、わたしも気分がすっきり!楽しい気分になりました。
楽しい報告、ありがとうございます!
Posted by: あゆっち |at: 2016/07/25 12:44 PM








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode