Entry: main  << >>
塔ノ岳 - 丹沢山 - 蛭ケ岳 大倉からの日帰り
急用で実家に帰省したため、山予定が立たず、
前日になってからお手軽(うちから近い)な丹沢を訪れることに決定。

そういえば、大倉から登ったのって、わたしが山始めた時で、
もう数年がたつ!ということで、久しぶりの大倉発にしました。

ところが!7時前に駐車場に着くと、まだ空いてないのですね・・・
仕方なく、そのまま過ぎて、Uターン場所を探そうとのぼっていくと、
右手側に小さなPスペース。すでに、満車でしたが、運よく、
一台分のスペース発見!

準備して出発したのが7時。
できれば、塔ノ岳を超えて、丹沢山そして蛭ヶ岳まで足を伸ばしたい、
ということで、時間と体力調整を考えながら、ゆっくり歩きます。

あ!まだ紅葉残ってる!なんだか得した気分♪
 

久しぶりに来たけど、こんなに遊歩道だったのか・・・
道もすごく広いし。さすが人気ルートだけある。

人はほとんどいなくて、空いてました。

後ろからやってきたのが、テンポ良くやってきた白のパンツがシャキと似合うおじさま

すばらしい!(失礼ですが、高齢の方です)

そして、頂上近くで、有名な丹沢の俊足おじさまが降りてこられるのともすれ違い、

元気をたっぷりいただきました!


山頂も人がまばら。9時10分。まだ昼には早い!(笑)

天気がいいので、うすい長袖一枚ですが、
気温は低いみたいですね。

そのまま丹沢山へ向かい、到着したのは10時前。 まだ!昼には早い!

とりあえず、
蛭ヶ岳に行くことに。

スコーンと青い空!

だけど、朝方霜だった箇所はズブズブの泥状態。
はねた泥がスパッツ当たるのがすごくわかって、
歩きづらい・・・

目の前の景色と、最高の稜線(塔ノ岳から蛭が岳)は
来たよかった!って思わせてくれるすばらしさ!

泥攻略で、変な歩き方してると、後ろから若い男性が
追い越して・・・
わ!すっごい泥はねしてるのに、全然気にしてない!

ということで、わたしもあきらめて、そのペースについていくことに。
しかし、えらい早いなぁと思ったら!
頂上で聞くと、トレランやる人でした(笑)

トレランって、本当に過酷ですごい競技だと思うですよね。
丹沢はトレランの人よく見かけます。

トレランの若い男性と写真取り合ってから休憩

お湯を沸かし始めて、昼食を取っていると
途中で抜いた、4人組がやってきて私の隣ベンチに。
女性の方(高齢?)が、いきなり寝転がってしんどいと騒ぎ出す・・・

そして、しんどい談義が始まる・・・内容がひどかった。

不思議だけど、そんなに嫌なら山に来なきゃいいのに。
確かにしんどいけど、頂上では爽快な気分になろうよぉ!

うーっっっ ツライ・・・
普段、ほぼソロ状態なので、人がたくさん来ると辛い。
そして、明るくて楽しいのはいいのだけど、こんな会話耳ふさぎたいわ。

ということで、大好きな助六ランチは早めに切り上げて、下山。

行きがけにティータイム用としてチェックしてた場所!
下地図にも掲載していますが、
塔ノ岳と丹沢山の中頃にある休憩所はベンチがたくさんあって、気持ちいいですよ。
ただ、富士山側じゃないですが。

残りの助六をいただき、たぶん塔ノ岳は混んでるから(12時すぎごろなので)
ここで、ティータイムも。靴も脱いで、のーーーんびり。
私のブログにコメントいただけるシロウマさんのブログでは、
横浜の景色もばっちりみていたのですが、見えないなぁ カメラも小デジなので、
望遠しても意味ないし。 シロウマさん、いいカメラ持ってんだなぁって感心!

って、寝転がって空見てたら、案の定!お昼寝してました!!!

わ!起きたら1時半。びっくりした!すっごい深い眠りについたので、
夕方になったのかと(笑)

塔ノ岳に戻ると 鹿がたくさん!
しかも、敵(笑)に尻(後ろ)をみせて余裕の行動!!!
人慣れしすぎてる・・・

塔ノ岳は想像より人が多くて、ベンチの半分ぐらい いる!
もしかして、お泊りさんかも???

そのまま通過して、下山。
しかし歩きやすい!!!
長距離だったので、体力温存してたけど、ここで今日食べた分消化するために、
小走り下山!

ちょっと寒くなってから、本能のせいで、すっかり食欲旺盛に。
すっかり体重増なんですよね。はぁ・・・



はらはらと、落葉の中、小走りって気持ちいー!

やっぱり秋っていいな。


結局、休憩していた場所から1時間半で下りてきて3時過ぎには駐車場を
出発できたのだけど、

やっぱり渋滞してる・・・246号線!
朝は、30分ちょっとで来れるけど、昼以降は1時間半かかるんですよね。

次回の丹沢は、
雪がつもったときにチェーンスパイクもって縦走しよう!って計画してます!

低山ですが、蛭ヶ岳まで往復すると結構な距離になります。
わたしの歩数計では30km歩いてました。



| あゆっち | 22:34 | comments(13) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
あゆっちさん、こんにちは(^^)

私もやってみたい「日帰り、大倉〜蛭ヶ岳」!
頑張ればできるかな〜と考えていた矢先のレポだったので、嬉しくなりました(^^)

お天気が最高に良いですね〜足元は泥跳ねが大変そうですが…
しかしコースタイムがめちゃくちゃ速い!昼前には蛭ヶ岳到着ですか?!
行ってみたいコースをサラッと颯爽と歩くあゆっちさんは、やっぱりかっこいいなぁ〜
Posted by: しろうま |at: 2012/11/25 1:46 PM
しろうまさん、私も最初はコースタイムを見て、日帰りはたいへんそうって思ったのですが、意外と大丈夫でしたよ!
行きは、帰りの心配をして早めに歩きました。
なにより、良いコンディション(気温)と、晴れているというのは最高の条件ですよね。

塔ノ岳まで戻ってこれば、暗くなってからも歩けるなぁって思いましたし、
距離は長くても、精神的に疲れる場面がないので、安心して歩けました。
しろうまさんなら、全然大丈夫ですよ!

蛭ヶ岳山荘って、朝日と夕日が見れるんですって。しかも富士山の夕日。冬に泊ってみたいです!
Posted by: あゆっち |at: 2012/11/25 1:52 PM
はじめまして♪
いつもブログを拝見していますが、書き込みするのは初めてです。
同僚に山好きな人がいて、山の写真を見せてもらってから、山の魅力にはまってしまい、自分も山に登りたいなと思っていたのですが、昨日やっと山デビューしてきました。
とっても低い山ですが、頂上に着いたときはとてもうれしくて感動しました。
あゆっちさんのように色々な山に登れるようになったら良いなと思っています。
あゆっちさんの山ガールファッションもとてもかわいくて、これから参考にさせてもらいたいです♪
Posted by: のんちゃん |at: 2012/11/25 3:07 PM
>>のんちゃん

わぁ!コメントありがとうございます。
今までも、見ていただいていたのですね、同じ年頃の方、とてもうれしいです。
私のファッション自信ないですが、ほめていただいてうれしいです!

ところで、山デビューおめでとうございます。
わたしも、とても低い山(高原?)デビューでしたが、すごく爽快で気持ち良くてそれが始まりでした。

私はソロなので、どの山も最初に登るときはドキドキですが、あの爽快感を味わいたい気持ちは抑えられません!

のんちゃんさん、これからもぜひよろしくお願いいたしますね!
Posted by: あゆっち |at: 2012/11/26 9:07 AM
あゆっちさん、今回も素敵な写真とお山情報をありがとうございます。それにしても良い天気でしたね〜 この時期のお山は本当に人が減りますね。心細い時もありますが、でもあの静けさの中に自分一人だと思うとたまらなく贅沢な気持ちになります(^^)
先日ついに雪山デビューしました!行き先は八ヶ岳『硫黄岳』 お天気も良くて風もなくて、良い雪山デビューとなりました。次は隣の北横岳に行こうと思ってます♪ 
いつかどこかの山頂でお会いしたいです(*´−`*)
Posted by: Kuma |at: 2012/11/26 9:48 PM
Kumaさん

わーとっても羨ましいです!
冬山に行かれたのですね!

さぞかし素晴らしい景色や冬の雰囲気を楽しまれたことと思います!

いいですね、本当に、今年中に一度は八ヶ岳訪れたいところです。

来週は作品展、年末は旅行なので、本格冬山は、1月になりそうです!

ぜひ、どこかの山でお会いしたいですね!
Posted by: あゆっち |at: 2012/11/26 11:26 PM
Kumaさん

わーとっても羨ましいです!
冬山に行かれたのですね!

さぞかし素晴らしい景色や冬の雰囲気を楽しまれたことと思います!

いいですね、本当に、今年中に一度は八ヶ岳訪れたいところです。

来週は作品展、年末は旅行なので、本格冬山は、1月になりそうです!

ぜひ、どこかの山でお会いしたいですね!
Posted by: あゆっち |at: 2012/11/26 11:32 PM
こんにちは!驚異的な速さですね!このコースだと大倉下山は日が落ちてからになりそうです!もうすぐ丹沢にも本格的な降雪がやってくると思いますが、その時に再度このコースを歩きたいと思います!あゆっちさんのレポは読んでいると楽しくなります。
Posted by: まさか |at: 2012/11/30 12:44 PM
まさか様

この時期は歩きやすく、空いていましたし、一人でしたので、速く歩いたのだと思います。

友人と来たときは、日がくれて、月明かりで歩きました!

私も、雪が積もったら、今度はヤビツからまた訪れますね!
Posted by: あゆっち |at: 2012/11/30 2:22 PM
あゆっちさん
いつも お天気恵まれますね〜
富士山の展望と 紅葉を眺められて
富士山の展望に恵まれない 訪問者としては 羨ましい限りです〜

それにしても いつもの健脚!
このコース 昨年小屋泊まりで2日間で歩いたのと 同じコースをそれも3時過ぎで下山 お昼寝付きで!
信じられない早さ 
メチャ驚きですね〜

トレランのかたは 荷物が少なく
すごく軽量ですよね
あゆっちさん フル装備では 比較できないですよね!

蛭が岳の手前から見る 山容は 山が深くて 都心から近くとは 思えませんね〜

今年 写真でみた 鍋割山稜のぶな林に 積雪がある3月ころ の景色
良かったですね! 

丹沢の雪山のおすすめの山と時期はいつごろですか?
Posted by: がんちゃん |at: 2012/12/01 7:21 PM
がんちゃんさん

いえいえ、がんちゃんさんも丹沢の近くに住んでいらっしゃれば、スタート時間も早くできますし、きっと日帰りですよ。

ただ、小屋泊のほうがいいですよね。天気がよければ、蛭が岳などは、日の出、夕焼け、富士山、夜景などの盛りだくさん!
一度は泊ってみたいですが、やはり一人となると・・・という感じです。

トレランの方、そうですよね、荷物少ないですよね!その点でもびっくりします。
わたしたちは、安全装備、いざっというときの装備も持ち合わせていますが、彼らは何かあったらどうするのだろう???と不思議です。
きっと、人が多いところでしかトレーニングしないのだと思いますが。

丹沢、たくさん雪が積もることが年に何度かありますよね、前夜に雪がたくさん降った時が狙い目です!
そのチャンスに訪れると、雪の稜線歩きが楽しめるので、やはりメジャーな大倉からがよいのではいでしょうか?

ヤビツからだと、アイゼンがほしい場面があります。(6爪以下で)

次、わたしが狙っているのは、
西沢自然教室から出発する檜洞丸、そこから蛭ヶ岳、足を伸ばせば丹沢山までの往復です。

ただ、このルートは他の季節でもいいかと思います!
Posted by: あゆっち |at: 2012/12/02 10:12 AM
はじめまして♪
私も山登りにハマっているアラフォーです。
今まで、友人と山登りをしていたんですが休みが合わなくなり、意を決して一人登山をしてみることにしました。以前から興味はあったんですが、なかなか勇気が出なくて…。そんな時、あゆっちさんのブログを拝見し、勇気をもらい挑戦する気になったんです。昨年、登頂した塔ノ岳に行こうと思っています。時間があれば丹沢山に行ければな〜って感じです。
それにしても、あゆっちさんのコースタイム、スゴイ早いですね&#8252;私もいつか蛭ヶ岳を登頂したいです。
Posted by: あゆのん |at: 2012/12/05 10:59 PM
>>あゆのんさん
コメントありがとうございます!
また、同じアラフォーということで、テンションがあがります(笑)

そうですよね、初めてお1人様って勇気がいりますよね。前夜もドキドキですし。

登ってるときも、なぜか人の目がきになっていました(笑)

でも、今はソロの人がずいぶん多くなりましたし、ぜんぜん大丈夫だと思います!

私は、一人に慣れると、逆に一人がよくなって、そして、山でも人が少ない方がいいって思うようになりました。

今年は雪が降るのが早くて、高い山にはソロではもう無理ですが、丹沢でしたら、どんなに雪がふっても、軽アイゼンさえあれば、いつでも行けるのでとてもいいですよね。

あゆのんさん、もしからしたら、丹沢でお会いするかもしれませんね!
Posted by: あゆっち |at: 2012/12/06 10:06 AM








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode