Entry: main  << >>
冬の山中湖 明神・高指山と石割山
私の住んでいる神奈川県西部はすっかり”花粉が多い”レッドゾーン
こっちに来てから花粉症になったのは、気のせいではないですね・・・

どどーんと広がる丹沢山脈、ほど近い奥多摩の山々・・・バッザバッザ花粉到来してますね〜
もう丹沢へはしばらく行けそうにありません(=_=)

ということで、今日は山中湖周辺の山に行ってきました。

眠らない街みたいなキャッチフレーズが似会う都会みたいな感じで、
眠らない湖。。。???つまり!いつでも人がいるですよね。

写真家の人たち。
夜も朝もです!昼はいないから、昼寝してるのかな?

案の定・・・山中湖パノラマ台は6時半という早朝にかかわらず、満車!
三脚立てた人たちでドいっぱいです!!!

パノラマ台を少し上ったところに、駐車スペースがあるので、そこに停めて日の出待ち。

ピンクに染まる富士山の姿〜 まだかなぁ・・・ ってもう7時なんですけど!?
どうやら、今日はピンクにならない!あとで聞いたのですが、月が(ほぼ満月)
明るすぎるとダメみたい。来る時、月がとっても明るかったので、そのせいですね〜
残念・・・

ということで、パノラマ台に戻ると、すっかり写真家の車たちは立ち去って
駐車できました(ホッ

数日、雪がふっていないですが、最近は記録的な冷え込みだったこともあって、
アイス混ざりの雪道。
途中までは歩きやすいのですが、上から下りてきたカメラの人たちは
超コワゴワモードっだったので、やっぱり軽アイゼンか、チェーンスパイクが
あったほうがいいですね。

明神山の頂上までは、パノラマ台から20分ほどという近さながら、
ススキに覆われているため、見晴らしがよくて、大きな富士山と山中湖の絶景を背中に
歩くことができるですよ!

頂上近くです。

フゥ〜 いつ来てもいい景色です。この時期は南アルプスもしっかり見えるんですよね。

富士山頂上ズーム! こうやってみると、登りやすそうなんだけどなぁ

続いて湖方面、ズーム 巨大白鳥は時間になると湖を静かに横切る姿をゆったり
見るのもいいものですねぇ

平日なので、誰もいなくて、またまた貸切!
頂上はひろ〜いんですよ。

続いて、富士山を背中にして左側へ 高指山へ向かいます。
同じく、山というより、丘のようなならだかな姿なんですよ。

ゆるやかなアップダウン、週末は結構な人が訪れているようで、
しっかりと歩道ができてます!
雪の上をあるく軽いサックサック足音、暖かい冬の太陽が木々の間からさす
光が雪を照らして・・・そんな静かな情景の中を歩く・・・
こういうハイキングって心からリラックスできますよね!

標識があるので、迷うことはありません。

1時間ぐらいで高指山 到着です!
ベンチもあるのですが、せっかくなので、雪上に新兵器を敷いてみました。

お風呂のお湯がさめないようするマット・・・です。
薄いスポンジとアルミシートで、できており、雪の冷たさをシャットアウトしてくれる
上に、太陽がでてると蓄熱してくれるので、暖かいですよね。

しかも、びっくりするくらい軽く、折りたたむと小さくなるし
なのに、大きさは寝転べるサイズ。
緊急時には、ツェルトの中に敷くと暖かい避難場所にもなるし、すばらしい発見だ!!!

実際、あまりの気持ちよさになんと2時間もウダウダ(笑)
枕があったら、危険ですね、夕暮れまで寝てますよ・・・

そして、何より今時期だとこういうものがおいしいですよね。
トマト!しっかり冷えてる! カンパーニュの中にチーズと一緒に入れて
食べるとおいしい〜

フルーツも冷えてておいしい!
春や夏だと、ぬるくなるし、
秋は、体が寒さに慣れてないので、こういうものがほしくならない・・・!

春先の冬山、ベジタブルやフルーツはお勧め! な気がします♪

普段はカフェでゆっくりなんて、生活をしていない私ですが、
山ではやたらお茶したくなる。
ジェットボイルと、スティックタイプのコーヒーや紅茶、ココアは必需品。
砂糖やミルク入りじゃないとダメなんで、これが便利です。

ブラックコーヒー飲んでる人見たら、かっこいいなぁって思います。(子供か・・・+_+)

最近のお気に入り非常食は(非常じゃなくても食べてるけど)
1本満足バー 期間限定 ストロベリー 
酸味と甘さのマッチがすばらしぃ・・・

10時半ぐらい… 西から雲が・・・明日から雨ですからねぇ。

もと来た道を戻って、再び明神山へ。 これは午後から曇りそうです!

2月中旬から下旬にかけては山中湖からダイヤモンド富士が見れるんですよ。
なので、4時半ぐらいまで、時間をつぶそうかと・・・

意外と山中湖って、することないなぁ〜 

なので、すぐ近くにある 超有名な 石割山に行くことに。
ここは人気があるので、ツアーもくるし平日でも ガヤガヤしがちなですよね。

だから、わざと12時半ぐらいまで待って、人が下山してる時間ぐらいから登ることに。

駐車場で準備していたら、下山してきたおじさんが「どろどろでたいへんですよ」って。
そうなんですよね、わたしはここにもう10回近く来てるので、
この時期から5月末までは、雪融けによるドロドロ地獄を良く知っています!

おじさんは石割山だけじゃなくて、大平山も行きたかったらしいですが、
ドロドロ攻撃ですっかりやられたらしいです! しかも、軽アイゼンも持ってないし、
雪が凍ってるところとかも苦労したみたいですね〜

低山ですけど、どこに危険が潜んでるかわからないので、この時期はやっぱり
何らかの対応グッズを持参するべきですね。
名物の長い階段の雪は凍ってました!
といっても、ここではないも付けなくても歩けるレベルです。
しっかりと雪があって、歩きやすい。
これが石割神社。 もう何度もこの大石をくぐってるので、今日は手を合わせて
お願い事をしただけでササッと頂上へ

神社からの道は、ドロドロ攻撃でした・・・!
ドロドロ嫌だけど、実はちょっとおもしろい。
泥がたくさんついていくると、下駄はいてるみたいにかさ高くなって、
足が変に重くなって笑える!

さっき楽しんだ、高指山と明神山。
山中湖周辺の山はこんな感じで穏やかライン。おだやか・・・
なんと、30分で頂上に。
数年前 初めて上ったのは、夏だったのですが、大汗かいて、余裕で1時間以上かかってたし、石割山だけでずいぶん疲れていたので、やっぱり数年、山をやってると
体力がつくものだなぁって 感心。
富士山に雲が完全にかかってちょっと夕方みたい、

ここもささっと通過で、とりあえず平尾山へ

気分よく歩いてたら、なんと、平尾山には20人ぐらいの人!
どうやら、なんかのツアーみたい。

ツアーで行動するって、本当にすごいと思う。
添乗員のバイトを昔やってたけど、時間どおりに動かないとだめって言う制約に
わたしはまったくなじめず、仕事だらか我慢できたけど、
山みたいなところは、それぞれのペースもあるだろうし、見たい景色も、感動ポイントも
違うだろし、どうやって満足するのだろうか、不思議でたまらない。

ツアーの人たちは立ち去る前だったので、少し離れて彼らが立ち去るのをまって
ベンチに座って休憩。

こんなに天気が暗くなってしまったら、大平山に行く気もなれなくて、
車に戻ることに。

帰りは本格ドロドロ攻撃でしたが、最後に軽く川を横切るので、
そこで靴を洗うことができてよかった♪

ツララ 2本ポキッと折って 空へ向けてみる・・・ああ、冬じゃなくて春っぽい空だ。
冬の山、もっと楽しみたかったなぁ。

春は、杉大群な丹沢には近づけないし、景色もぼやけるし、
高い山は、雪崩が心配だし・・・ 

さて、3月はどこにでかけようかなぁ〜


明神山・高指山:パノラマ台駐車スペースあり、お手洗いあり
http://yamanakako.info/leisure_hiking.php?mode=takazasu

石割山:駐車場のお手洗いは冬場Close 平野の観光案内所1FにWCあり
http://yamanakako.info/leisure_hiking.php?mode=ishiwari

石割山と大平山を歩くと、充実ハイキングコースになります!
http://yamanakako.info/leisure_hiking.php?mode=ohira

| あゆっち | 17:23 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
あゆっちさん、こんばんは(^^)

富士山がピンクに染まる染まらない理由は、月が関係していたのですね。勉強になりました!
明神山の頂上からの絶景、素敵ですね。
富士山と山中湖と南アルプス、贅沢です。巨大白鳥もいいアクセントかな?!
高指山へ向かう雪の道。暖かい冬の太陽が木々の間からさす中、自分の足音のみ。キラキラと輝く雪。そんな静かな情景の中を歩く。
う〜ん、わかります!!心からリラックスできますよね!
新兵器のマットや冷えたフルーツ、カフェ気分になれるランチ。2時間も過ごせたということは、よっぽど快適だったということですね。
工夫次第でますます山が楽しくなりますね。たくさん参考にさせて頂きま〜す。
Posted by: しろうま |at: 2013/03/02 11:29 PM
あゆっちさん、お久しぶりです。

シートいいですね。一昨日の雨で座って食事するには自分も寒さや濡れから守らなきゃ行けないですが、折角の暖かな食事も直ぐ冷めちゃうし、対策を考えたいと思ってました。

雪歩きも楽しそう。石割山の降りは結構急で雪が無くてもきついのに大したもんだ〜
Posted by: den |at: 2013/03/03 9:06 AM
しろうまさん

そうなんですよ、山って意外と写真家の人はハードなことやってたり、知識満載だったりで、話せる機会があるといろいろ勉強になります!

山中湖周辺の山からみる富士山はどれも大きくてすばらしいですよ。

足が寒くなるので、靴を抜いて、ザックの中に下半身半分ぐらい入れると暖かいですよ(笑)
ただ、これは誰もいないからできただけで、こんな姿を見た人はびっくりしちゃうと思います!

山においてはいろんなスタンスがあると思うのですが、刺激を求めることもやってみたいのですが、やはり長く続けたいので、楽しいことはなんだろう?!って追求するのもいいかなぁって思うこの頃です!
Posted by: あゆっち |at: 2013/03/03 9:42 AM
denさん お久しぶりです!
時折、ブログを拝見しております。
方向音痴な私としては、
denさんのルートはとても自分では行けそうにありません(笑)

わたしは単純なルートばかりで。
山が流行ってることもあって、どのルートもわかりやすく、人にもあいますし、いろんな意味で安易に始めやすい趣味になったのかなぁって思います。

シートよかったですよ。
今までも持参していたのですが、適した場所がなくて・・・
汚れも、ササットとれますし、
300円ぐらいなので、ひどく汚れたら、捨てるのも気が引けないなぁって思っています!

夏も、緊急時には、遮熱効果ありそうですし!
Posted by: あゆっち |at: 2013/03/03 9:46 AM
あゆっちさん、こんばんは。
今回はのんびりハイクだったんですね。
あゆっちさんのブログを読んでいると、いろんな楽しみ方があるんだと参考になります。だから、ますます山に興味を持っちゃうんですよね。
明神山、景色が素敵ですね。今月はどこに登ろうか物色中だったので行ってみようかな。丹沢は近くていいんですが、この時期は花粉とバカ尾根の泥地獄に躊躇しちゃうんですよ。

この時期、オススメの山って他にもありますか?もしあったら、是非教えてくださ〜い。
Posted by: あゆのん |at: 2013/03/03 10:20 PM
毎度!!アユっちさん!!

山中湖と言えばその昔、我らがエーちゃんこと矢沢永吉様が初めて豪邸を建てたとこですね。

でも、アユっちさんの写真を見ると何となくわかる気もします。

素晴らしい景色ですね。

日曜日に鳥取大山で67歳の女性が遭難して亡くなりました。

雪山で道に迷うとラッセルしかなくなるそうです。

でも、67歳で一人ラッセルは厳しいですよね。

お互い、無事に下山することを前提に登山しましょうね。

神戸より。
Posted by: ヤッホーです |at: 2013/03/05 12:37 PM
あゆのんさん

山は日常とは全く異なる空間なので、それを感じて楽しむのがハイキングの醍醐味だなぁってかっ勝手に思ってます!

私は花粉症なので、これからはどの山にするか本当に悩みます。

今回行った山中湖周辺もおすすめですよ!
富士山周辺の山はたくさんハイキングコースがありますよ。
Posted by: あゆっち |at: 2013/03/05 3:55 PM
くっすんさん

え!そうなんですね!
えーちゃんがいらしたとは!
確かに高級そうな別荘がたくさんありますよ。
東京からも近いですし、河口湖だと、バスも電車もダイレクト便があります。
ここら辺は本当に美しい景色と、素敵な環境なので、私も住みたいぐらいです!

大山の事故、お気の毒です。
私も、同じような経験で、ギリギリ危なかったこともあり、冬山への警戒心は強めてます。

デポのよういがあれば、ラッセルぐらいの雪がふれば、身を隠す穴ぐらいは掘って身を守る方法もあると思いました。
雪山で危機に面すると、緊張から、低体温対策と、歩く力の維持のために、食べ物を定期的に口に入れることも大切だと思います。

もっとも、事前に天気と体力を計算した行動が一番重要だと今年の山は痛感させられました。

先週の穂高でも、ホワイアウトで、帰り道をロストしたご夫婦が亡くなりました。そのルートを、歩きましたが、もし天気が悪い条件なら、コンパスで、細かくポイントを上りの段階でチェックしながら、ホワイトアウトを想定して行動するようにしましたが、それでも、やはり吹雪いていると視界が狭くなりたいへんでした。
冬山は本当に危険だと想定して行動ですね!
Posted by: あゆっち |at: 2013/03/05 4:13 PM








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode