Entry: main  << >>
3月雪の赤岳 こんなに簡単だったけ?
3月になると途端に暖かくなりましたね。

手短に行ける冬山も少なくなります。どこに行こうか迷ってたら、
穂高で一緒だったUさんが赤岳に行くということで、わたしも去年の2月に見た
絶景にまた会いたくなって、行くことに。

行くことを決めたのが前夜10時だったので、待ち合わせを遅めの6時半にしてもらい
朝3時半に起床して出発。
3月ともなると、5時過ぎから空が明るく。
中国大陸まで張り出していた高気圧、確実な晴天日!よーし!気合十分♪

ところが・・・

休憩しようと車を停めた八ヶ岳PAでショックなことが・・・

お手洗いに行く際に、小走りしたらすごい勢いでズベッーーー!大コケ。
手にものを持っていたので、握った拳を地面にこすり付けたため、
両手の外側を全面擦り剥いた、痛さ満載の流血・・・

関節部分だったので、動かすたびに血が出てくるし。血を水で洗い流したり、
絆創膏を買いに行ったり(6〜7枚以上貼る必要が・・・)

約束の時間に10分遅れちゃいました!ごめんなさい!
平日にかかわらず、駐車場が結構混んでましたよ。
(土日はすごいって、他の登山者の方から聞きました)

行者までの道のり。すっかりハイキング道ができあがってて、歩きやすい!
昨年12月オールラッセルとは全く違う山みたい!

木々に積もる雪も、連日の暖かさですっかり融けています。
週末から今日まで晴れでしたしね。
行者小屋に着くと、すでに5〜6人の人たち。
なんで、小屋開けないのかなぁ〜 泊りたい人とか、山から下りてきて
食事したい人とか結構いるんだと思うけど。
展望荘は4日に閉まってるから、交互に開けるとかしたらいいのに・・・
トイレは使えます。
おお!まぶしい〜 最高の天気ですね!早く登りたい!

一気に標高を稼げる地蔵尾根で上ります。
初めてここに来る Uさんは、こういう急斜面が好きなMなので
たいへん喜んでいました(笑)
驚いたことに、この場所、昨年2月ソロで登った時は、トレースがなかったし、
風が強くて、上から雪の塊がバラバラ落ちてきた場所で、それなりに緊張したのに、
ふつーの急斜面に! 
汗かきそうで困ったことぐらい。

あれ!鎖もちゃんと全部出てる!雪だいぶ融けてるんだなぁ。

微妙に雪階段ができていて、遊歩道なみだ・・・

の斜面がもうーめっちゃ気持ちいいーーー!!!
冬の寒さも残ってる(−2℃ぐらい)ので、ちょうどいい!

一番ショックだったのが、あんなにとがってたナイフリッジが
普通の斜面に・・・
ここぐらいはちょっと怖いぐらいが楽しいのに〜
Uさんも、物足りないと言いだした(笑)ごめんごめん!

地蔵につくと、風が強く、そのまま展望荘にすぐ移動。
左奥!富士山です。右が赤岳。ここから頂上は30分ぐらい。

赤岳展望荘にはなんと、芝犬が!!!
名前はマリーちゃん、飼い主さんは長野県に住んでいて、八ヶ岳にはよく来るそうです!

マリーちゃん、すっごく顔がかわいい!そしていかにも賢そう〜
テント泊するときは、抱っこして一緒に寝るそうですが、暖かそうですね。
マリーちゃん、おにぎり食べたところです。
山荘のまわりも風が強いのですが、
裏は風がなくて快適だったので、ここでちょっと休憩。
わたしは朝に指を怪我して、力が入りきらなかったのか
紐が緩んだ感じ結べてなかったので、それを
直しましたが、寒いとこれは危険ですが、今日は暖かくてよかった。

展望荘が開いていれば、ゆっくりお茶なんかも良かったと思うのですけどね。
次回だなぁ・・・

展望荘から赤岳に向かうと、風がますますきつく。
でも、素敵な景色だったので、パチリ!
しっかし、Uさんって、ペース速いわ。
なにせ、駐車場から休憩したり、写真撮ったりの時間があったりなのに、
赤岳展望荘には3時間で到着。
物足りないって言ってるし・・・

なので、頂上までもあっという間でした!

あれ!すっかり雪が融けてる!
でも、景色はすばらしかったですよー
日本の背骨 アルプスがずばーーーーと見えて、
山の名前音痴のわたしで申し訳ないですが、とりあえず、山も街もなにもかも
すっきりと!
いつも思うのだけど、わたしの知ってる人に全員見せてあげたいなぁって
きっと、感動するなぁって
感動してる人の横顔見るのって、わたし好きだなぁ。

そして、冬の景色。
あ、
もうこんなにクリアに見えるのは今日だけかも・・・
あしたから晴天が続く、勢いよく春に向かってる感じがします・・・

頂上では数名の人がいるのですが、風が強くてまとに会話もできない状態。
それぞれ感動の思いと達成感で撮影。


あ、そうだ、2月にソロで来た時に、文三郎からのくだり、最初の急斜面と
トラバース(前爪使うような)エリアがあった!

ぎゃ!!!何これ?あんなに恐怖エリアが、フツーの道に・・・
ロープが印になるし、微妙な雪階段ができているので、全く恐怖はナシ。
散々、Uさんに下りる時注意なんだよね、とか言ってたのに、
ウソつきになってしまった・・・

ええ!?なにこれ?イージーすぎじゃない(笑) ほんとに、笑えた・・・

ま、かっこいい写真撮ったりして遊べるのはいいんだけど。
これ、我ながらうまく撮ったな(笑) 気分はマッターホルン・・・???

私。

文三郎下りの鎖場も、九十九折りになっていて、歩きやすい。
積雪が段差をなくしているので、他の季節より歩きやすいぐらい!
しつこいですが、昨年の2月はアイスな急斜面で、鎖もほぼ埋まっていて、
時折アイゼンにひっかけそうになるぐらいだったのに・・・

赤のザックの方、
上りがゆっくりだった人なのに、下りは鬼のような勢いで下りて行った!
想像だけど、トイレかしらん???
展望荘が閉まっているのはみんな予想外でしたし、平日でしたが、
常に人目があったので、おトイレには困る状況でしたので。
赤岳展望荘の営業日は調べた方がいいですね。

いくら、簡単とはいえ、さすが風が強いと言われる赤岳。
常に吹いてるわけじゃなくて、突風なので、時折困難。

上りが地蔵尾根で、下りが文三郎にすると、大きく展望できる景色が楽しめるのが
私はお気に入り!

12月に吹雪で敗退したコル、阿弥陀との分岐点
そうそう、ここで強風に散々吹かれて、敗退を決心したんですよね。
晴れてても、風はすごい〜

毎度のことながら、下りで楽チンになると、山を去るのがもったいなく感じる!

すっかり安定した場所もありましたが、
一部、ずっしりと湿度がある雪の場所は、足を置くとゆっくりと崩れて
面倒くさい場所もありました。
斜面は急なので、アイゼンワークに気を使います。
冬山というのは、本当に天気や風、気温、時間、いろんなタイミングで
状況が全く変わるのがおもしろくもあり、経験が必要なハイキングだと感じさせられます。

山ガイドさんにロープで安全確保されて、連れてこられるという方法も
いいとは思いますが、わたしはやはり低山から安全マージンを測れる状態で、
少しづつのチャレンジしてきた派なので、
小さい危険や気づきが、2000mを超えてくる山に行った際には、
応用になるし、準備もそれなりに
整ってるように感じているのですが・・・
もっと経験が必要ですけど。

特に、山のレイアリングは人それぞれですよね、ブランドの特徴もあるので、
事前にいろいろテストするとベストマッチなオリジナルができるんだって
思いました! 冬山で怖いのは、寒さもですが、汗ですよね。
上りでかいてしまった汗は頂上や
慎重に降りる下りでは、一気に体を冷やし、さらに動きを鈍くすることがわかりました。

汗をかきたくないのと、トイレの心配で、
水分を取らないと高山では、内臓の動きが鈍くなって、高山病のような
症状が出てくる人もいるんですよ、
2500mでも、高山病の症状がでてしんどそうにしてる人を見たことが数回あります。

それにしても・・・
ただ、歩くだけのスポーツなんだけど、人間って、動物に比べて
なんて弱いんだろうって・・・
だって、芝犬のマリーちゃんは、ウェアーもないし、アイゼンもピッケルものないのに、
しっかり綱を引いておかないとどんどん進ぐらい達者な登山家なんですよ。
行者でまた会いました!

駐車場に戻る途中、変った形の雲がたくさん。
おおよそは上空は強風が吹いてるのだと思わせる雲で、
明日からは、山は天気が不安定なのかもなぁ・・・って。
そういえば、赤岳に来るときって、いつもぎりぎりになって決定してる!
というのも、天気が完璧だからこそ、絶景が楽しめる山なんで(^^ゞ

Uさんは、毎日でも来たいって(笑)
吹雪いてるのも、晴れてるのも好きだ! 

本当に、山が好きなんだなぁ。わたしもだよ。
不思議ですよね、なんで、こんなに好きになったんだろう。

帰りに、一緒に歩いた人が土日は凄い人で、すれ違うのもたいへんなこともあるって
聞きました!
火曜日の今日は、そんな土日の大勢人たちよって作られた歩き易い道を
楽しませてもらうことができました!
月、火曜がお得日なことが多いのが冬山でもあると思います(^^)



| あゆっち | 23:13 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
あゆっちさん、またまた綺麗な写真☆彡 いつまでも眺めてたくなる景色・空ですねー(*^−^*)
私も昨日、赤岳に行ってきました。土曜日だったのでたくさんの人と一緒になる予定が、ほとんどすれ違わず、のんびり一人hikeでした。(途中、ニホンカモシカと遭遇!しかも見詰め合ってしまった…惚れられたかって&#10084;)
私は、文三郎→赤岳→地蔵のルートでしたが、風は強くても日差しが暖かくて楽しく登れましたよ♪

以前来た時よりずいぶん雪が緩んでて、いろいろ想定&考えながら歩きましたが、私にはもっと経験と知識が必要だと思いましたよ。
ソロhikeはものすごく集中できるし、この世界を独り占め〜できちゃうから大好きなんですが、技術や知識・経験が必要な場面が多々あるので、しっかり学んだほうがいいなって思いますね。
・・・なかなか実行できませんが。
あゆっちさんのように、しっかり知識と経験を積んでいきます!
カッコイイ山girl…基! 山女になりたいから〜☆彡

また、いろいろ教えて下さい!
Posted by: kuma |at: 2013/03/10 5:52 PM
あゆっちさん、こんばんは(^^)

富士山と日本の背骨、アルプスがずば〜〜〜っと見えて、最高の山歩きでしたね!!
山も雪も太陽も青空もすべてが幸せそう!
変わった形の雲もとても絵になりますね。

Uさんが毎日でも来たいという気持ち、写真を見ただけでもわかるような気がします(^^)こんなに恵まれた晴天に山に行けたら、感動してゼッタイに帰りたくなくなります。

前回の吹雪で敗退した雪山が同じ山だとは思えないですね。ぜんぜん景色が違う!
確かに天気や風、いろいろなタイミングで山の機嫌が変わり、機嫌が悪い山も今回みたいに素晴らしい機嫌の山も、どちらもあるから面白いですよね。自然が相手だから、また楽しい!

あゆっちさんの姿勢と同じく、私も低山から少しずつチャレンジしてレベルUPしていきたいと考えています。あゆっちさんのブログの山歩きに憧れ、たくさんの夢を抱いて、日々トレーニングに励んでいます。マリーちゃんに負けずに私も次の冬には雪の中を元気に歩き回りたいな。

パーキングで怪我をしたとの事。大丈夫でしょうか?
両手のさらに関節だと動かす部分だから治りにくいかな。くれぐれもお大事になさって下さいね。

この週末は霞んだ空ばかりを見ていて憂鬱な気分だったので、青空の絶景を見れて幸せな気持ちになりました。ありがとうございました(^^)
Posted by: しろうま |at: 2013/03/10 9:15 PM
昨年の赤岳のブログに初めて訪問した時 単独で凄いかただなぁ〜思ってから はや1年がたちますね!
いつも ドキドキするブログ
楽しみですよ〜

今回の 赤岳は 雪山ハイクとのことですが、素晴らしいお天気と眺望が 山の神様からのプレゼントでしたね。

自分も低山を歩き 体力と経験を重ねていますが、まだまだ雪山は 初心者です。
 あゆっちさんのように、体力と経験があれば ドンドンステップアップが出来るのですが〜
 いいえ それと あゆっちさんの
度胸のよさがほしい!(笑)

今年の赤岳は やはり雪がすくなくて、少しは登りやすいのでしょうか?
いずれは 歩かせていただきたいですが、まずは 八の冬山の入門で
3月の23,24日に 天狗に行こうかと思っています。
 黒百合泊まりで マッタリですが
標高2千m超えの雪山は 初めての経験ですが、お天気がよければいいのですが〜

雪面はヤスリのようになっているので擦りむくと、痛いですよね〜
もう 良くなられまいしたか?
いつも 本当に 山歩きが好きな
あゆっちさん 
いつも 謙虚なお姿が 文面より
拝察されます
雪山は 危険ですので 山友との
山行きで 安心しておりますよ

ワンちゃんは 四足、人間も2足歩行になって 進化と退化した部分があるのでしょうね
多分 野生が退化したのでしょうか? その分手先が器用になり もの作りが出来るようになりましたね〜 
 
今年は 鈴鹿も雪が少なくなり
寂しくなりましたが
お花のシーズンに突入したら
また 忙しくなります〜♪
Posted by: がんちゃん |at: 2013/03/11 7:02 AM
kumaさん

こんにちは!最高の赤岳に行かれたんですね〜!
日が同じでしたら、頂上でばったりだったかもしれませんね!

確かに、雪質で状況が変わるので、経験は必要だと思わされています!
冬に限らず、山では新しい発見が多いです。

ソロだと、緊張しますが、その分、慎重に解析や判断もできるので、山の経験値は高くなるような感じが・・・私は誰かと行くとなりと、つい、気が抜けてしまいがちなんですよ・・・本当に気をつけなければ。

来月末にはいよいよ、アルプスの小屋もOPENしてきますよね。

梅雨の前に残雪の山、そして、梅雨の合間の新芽吹くフレッシュな山!
楽しみがいっぱいです!

早く花粉と黄砂はどっかに行ってほしいです(笑)

Kumaさん、どこかでお会いするかもしれませんね(^^)/

私はおしゃべりで、関西弁が出るのですぐにわかると思いますよ(^^)

Posted by: あゆっち |at: 2013/03/11 1:45 PM
しろうまさん

最近は、しろうまさんとアルプスをいつか、おしゃべりしながら歩くんだろうなぁってよく想像していますよ(笑)

ここ八ヶ岳の景色も、きっと気に入っていただけるって、頂上で思っていましたよ!

連日暖かいので、冬のシーズンは終わった感じですが、春なんかも八ヶ岳は楽しそうです。

しろうまさん、トレーニングされてるんですね!すばらしいです。
わたしは、特にやっていませんので、きっとあとから山を始めたしろうまさんにすぐに、追い抜かれそうです!

山で犬に会うと、妙にテンションがあがりますよ、私は(^^ゞ
子供もそうです、かわいいからでしょうかね〜
もし、犬を連れい行くとしたら、多少荷物を持ってもらえそうな犬種がいいですね(笑)

怪我は、関節部分で、よく使う両手だけに、治りがわるいですが、脚も強く打ちつけていて、擦り剥いてます。さすが山服、服はぜんぜん破れてないのに、肌が擦れてるってのがすごいです・・・!

大人になると、こけて怪我するってことがなくなるので、たまにやると、精神的ショックも大きいです。
階段早降りとかだえ、鍛えないと!

本当ですよね、すっかり春の陽気と霞がかった景色。丹沢や富士山も薄いブルーと緑で、すっきりなクリア感が全くなくなっています。

でも、4月からはそれなりに山が楽しめる時期がやってきます!

花粉さえ終わってくれればいいのですが(+_+)
Posted by: あゆっち |at: 2013/03/11 1:56 PM
がんちゃんさん

がんちゃんさんが、心配していただいたおかげで、よい山友達ができたような気がします。
彼らは、自営業なので平日休みなんですよ。天気に合わせて休みをお互い取れるので、よかったです!

特に、冬はなんといっても天気が最重要ですものね。

いえいえ、がんちゃんのほうが、経験も豊富ですし、特に緊急時やいざっという時にはわたしなんかよりずっとすばらしい対応をされるのは間違いないです。

プロと素人の差は、緊急時に大きくでるらしいですから、まさにそうだと思います!

わたしは、無鉄砲なだけだと思っていますので、できるだけ慎重に行動するように気をつけています、
それは、今までがんちゃんさんのコメントやアドバイスのおかげなんです。

いつかご一緒できた際には、何かごちそうしてお返しをしたい気持ちでいっぱいです(^^)

そうなんです!犬って、4駆ですしね。なにより、あの毛皮がうらやましいですよ。雪もつかないですし。
きっと、雪洞掘るのも早いでしょうしね(笑)

なるほど〜わたしたちは2足歩行になった不便さの代わりに、手先が器用になったという解釈、さすがです。

花の季節!いよいよですね!
またミクロな花の世界、写真楽しみにしています。

予定は立ちませんが、今年は数回、アルプスを泊りで縦走したいですね。まずは、残雪、そして新芽輝く梅雨の合間、花の季節・・・

山が好きになると、楽しみがぐーんと増えました。

ゆっくり、楽しく、長く続けられる"山のぼり"目指していきます!
Posted by: あゆっち |at: 2013/03/11 2:05 PM
あゆっちさん、毎度〜

中5日で登ったんですね!!

やりますね〜

僕はスポーツ障害(古傷)の関係があって、ホント様子見ながらなんでバリバリいけるアユっちさんが羨ましい〜

エンジンは強力なんですが、サスとショックアブソーバー取換えてほしい〜(泣)

今度、お店にドッグ入りさせていいっすか(笑)
Posted by: くっすん |at: 2013/03/12 3:26 PM
くっすんさん

古傷・・・聞こえはかっこいいですが、当人としてはつらいですよね。

わたしは、スポーツ障害みたいなかっこいいのじゃなくて、ハイヒール障害による、外反母趾寸前の親指痛みがあるので、やっぱり無理できないんです。
そのくせ、普段でも、ヒール高い靴はいて、短い脚を長く見せる無駄な努力から抜け出せません(>_<)

サスは膝みたいなもんですね(笑)
交換できるのだれば、わたしもしたいです。今んところ、大丈夫ですが、膝に負荷をかけないように、お尻と前太ももに力をいれるように、下りを歩いてます。

何も考えないで山を走りまわっていた幼少時代がうらめしいです・・・

って、体重落とせってことなんですけどね(^^ゞ
Posted by: あゆっち |at: 2013/03/14 2:31 PM








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode