Entry: main  << >>
6月 シロヤシオ残念!・・・檜洞丸-大室山-加入道山
檜洞丸 6月初旬はシロヤシオが満開になることで有名ですよね。
それと、久しぶりの山。すっかり新緑のことと思います!

イギリスから帰国したばかりなので、時差ぼけのため早朝に目が覚めることを
いいことに、ちょっと無理矢理出向いてみました。
去年は早すぎたので、今年はどうかしら・・・

西沢自然公園の駐車場に朝5時、すでに半分ぐらい埋まってる!
でも、歩きだしたら頂上までは2人しか会わなかったので、他の山に行ってる人や
魚釣りの人もいるのかも・・・

川を渡るまでは、理想的なウォーミングアップな道のり。(ツツジコース)
今年は30年来の寒さだったイギリス、乾燥もしてたし、どんより曇ってたので、
体はすっかりだるくなっていました。
日本の山の湿度と、まだそれほど暑くない心地よい清涼な雰囲気に癒されます。

昨今の山ブームであちこちの道が歩きやすくなっていますが、
檜洞丸も、まさに遊歩道のように・・・

本当に気持ちいいです。
川を渡ると急な上りになってしまいますが、
この時期のお楽しみは、花。

が! なんと、シロオヤシオはすっかり散ってしまっていました。
残念。2年前、なんの予備知識もない時に来て、すごく満開だったので
びっくりしたのですが、狙ってくるとこんなものですね。

頂上近くでは多少咲いていましたが、全体に咲き乱れたのはいつだったのでしょうか・・・
残念。


ツツジは咲いていました、
ビビットな紫のようなピンクは、新緑にあいますね。きれいです。

そして、この時期珍しく、富士山が見えます。
カラ梅雨なのが影響??? 暖かくなる日中になっても、地面からの水蒸気が少ないのか、
昼過ぎまで見えていました。

この時期の富士山は、絵具で描いたよう。独特の風合いですね。
ぼんやりだけど、ぼんやりゆっくり眺めれる気持ちの余裕。
冬みたいに、寒くないし。

下から蜩の心地よい鳴き声が響き渡り、この時期ならではの心地よさ。
日があたる明るい場所では、いろいろな鳥の鳴き声が楽しそうに聞こえてくる。

季節が変わると、山はすべてが変わってくるんですね、
だからいつきても、同じってことなくて。

頂上付近になると、ブンブンとたくさんの虫たちが花のまわりに
山に咲く花って、あまり香りがしませんよね。
思いっきり吸って確認すると、ほのかに甘酸っぱさがありますが、
ほぼ草っぽい香り。野生・・・!

頂上は誰もいませんでした。
まだ7時過ぎだったこともあって、ヒンヤリと。
まだハエも出てこない時間なので、ベンチを独占して昼寝、朝寝???

気持ちいい・・・6月って、あんまり期待しない時期だけど、いいかも。

けど、去年今時期に来て、知らない間に体温がかなり上昇していたことを
思い出して、とりあえず、凍ったDAKARAで、ゆっくり冷やします。

アラフォーともなると、疲れる前に対処しておかないと、
どーん!とまとめてお疲れがやってくるので、警戒警戒・・・

下りはツツジコースもいいのですが、犬越峠経由の道のりがおすすめ。
途中のブナ林、熊笹の道、ちょっと鎖場もあってエキサイティング!
そして最後の沢がきれいで・・・ 今日は結局行かなかったんですけど。

そして、この景色が好き。
いいですね。緑が、そして攻撃的でない天気、ぼやっとした空に連なる
新緑の山。酸素がいっぱい。いっぱい吸おう!

きちんと整備されています、感謝。

丹沢はあちこちくずれている所を見かけます。
植林をするにはとても近寄れないような場所だったり、急斜面だったりで、
なんとかならないのか・・・素人にはわかりませんが、
山も数百円でもいいから、みんなで入山料を支払って、ある程度のメンテナンスが
できるとのいいのに・・・といつも思います。
お金って、トイレで払うぐらいですもんね。

道の駅や、地元の温泉、ちょっとした買い物なんかをして、感謝の気持ちと
楽しみを併せて少しでも還元するようにはしているのですが。
途中にあった道の駅が工事中でした。もしかしたら閉めてしまうのかなぁ。

このルートは何度も来ていますが、今日は一番富士山がずっと見える日でした。
望遠で撮影したら、雪がまだあります。登ったら気持ちよさそうですね。


新緑の丹沢、そして富士山。
帰ってきて、自分ベッドで寝るとホッとするけど、こうして山でゆったりと歩いて
景色を見ると、心から帰ってきた気がする。
日本に生まれてよかったなぁ、っておおげさじゃなくて思える。
贅沢な環境。ちょっと足を伸ばせば、自然と楽しく戯れることができるんですよ。

避難小屋が見えてきました。緑の中に立派なきれいな小屋。

外は強烈な太陽だったので、中で休憩。
それほどおなかも空いてないし、どうしようかな。
このまま車に戻ったらずいぶん早く終わってしまう・・・
ということで、

大室山と加入道山、白石峠経由の道のりを追加することに

歩きだすとしばらくは登り。でも急じゃないから心地いい。
茶色だった地面も新緑がそれを覆い、

上を見上げると緑、緑 気がたくさん葉っぱのおかげで
太陽の強烈な光もやわらかい。

今日は地図持ってきてないけど、丹沢は標識が多いので迷うことないなぁ。
このルート何度も来てるし。この油断がいけないんだけど・・・

大室山も、加入道山も人がいました!めずらしい。
大室山では、仲の良いご夫婦。やまが趣味でそれが出会いらしい。
ほほえましいですよね、目上の方で失礼ですが、わたしそういうご夫婦見たら、
いつもかわいいなぁって思います。
「いいですね、そんな出会いも、そしてこれからも一緒に楽しめていいですね!」
って言ったら、照れながらも、目がとってもうれしそうなんですよね。

ま、わたしは山は一人が多いですけど(^^ゞ
一人好きだからなぁ~

そして白石峠
雨が続いて濁流になるとちょっと歩きにくそうなところも確かにあります。
そんなときは西沢自然教室にお知らせがあるので、わかるのですが、
以前より整備されている感じ
途中からは
水の音を聞きながら・・・ここは空いてるんですよね。
人に会ったことないなぁ。

冷たい石にちょっと腰かけて、ひと休み。
こんな時は、誰かと一緒にいれば、気持ちいいねぇなんて話が弾みそう!

上流はこんなにきれなんですよね、下流もきれいになって、
町の中でも清流が楽しめるようになればいいのにな。

ヤマネコ。 日陰をみつけて、どどーんと座ってらっしゃいました。

駐車場に戻ると、山以外の目的で来た人たちも。
お弁当を広げていたり、
川沿いをのんびり歩いてたり、

いいですよね、西丹沢自然教室の周辺って。
沢の美しい場所がいっぱい。

そういえば、前に檜洞丸登った時も時間があまったので、
畦ヶ丸方面にある滝を見に行きました、
そっちもいいですよ。お昼寝ベンチがあって。イビキかくぐらい熟睡した思い出が!

もう暑い季節になるので、しばらくこないかも。
そういえば、途中で出会ったおじさまに、新しいルート教えてもらいました。
神ノ川から塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳の周遊、もしくは檜洞丸。
これは長距離になるのでぜひ秋の涼しい時に!

緑の山、初夏の風景、富士山 虫や鳥たちも元気!
やってくるみなさんも、にこにこ笑顔で穏やかでゆったりとした山のぼり。

また来年も!こんどこそ、シロヤシオ狙いで!!!
| あゆっち | 00:00 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
あゆっちさん、お帰りなさい!
イギリスは30年来の寒さだったとのこと。
曇り続きの上にさらに寒さとは、体に堪えますね。

でもどんより曇り空がイギリスらしくて、
街の風景を想像すると絵になりますね。
寒いのはツライですが素敵かも。私も行きたいな〜


檜洞丸、山頂まで2人としか会わなかったとのこと。
やっぱり平日は良いですね。
シロオヤシオがすっかり散ってしまっている風景は
私が行った日と同じです。
ちょうど満開の時に行くのは難しいですね。

ピンクのツツジ、ブンブン飛ぶ虫、好きな景色。
花の香りを確認する姿、酸素いっぱい吸っちゃうところ...
私も同じように反応し、同じような行動をしていました。
あゆっちさんと同じように感動してたのって、すごく嬉しいです。

幽玄な雰囲気の富士山が一日中見守っていてくれたのも同じだし。


そして私も今回、新緑の丹沢と富士山を見て、
なんで今まで山歩きをしなかったのだろう、
こんなに自然は素晴らしいのに。
山に出会えて、生きてて良かった!
と感動しながら歩いていました。
同じように感動できるって素敵!



さらにその先の大室山、加入道山を歩かれたのですね。
さすが健脚!
ブログなどを拝見すると、山中湖まで歩かれる方もいるそうです。
どこまでも歩きたくなる気持ちは理解できるけど、
一体何時間かかるのだろう?

夏に向かってのあゆっちさんの山歩きレポ、
また楽しみにしています!!
久しぶりの日本をたっぷり満喫して下さいね。
Posted by: しろうま |at: 2013/06/10 8:30 PM
お帰りなさい。

あゆっちさん、精力的に動いてますね〜

遠征後確かに疲れがドッと出ます。

来月のジャンダルム目指して調整していきますけど、帰ってきてからのあのダルさ想像すると億劫になりますが、、、

頑張っていきます!
Posted by: 六甲登山会ヤッホー |at: 2013/06/11 12:49 PM
お帰りなさい! あゆっちさん(*^_^*)
イギリスの旅は満喫できましたか!? しっかり充電して更にお仕事頑張れちゃいますよね♪ 
で、帰国後早速お山ですか!流石です。しかも、またまたなんて素敵な写真ばかり。犬越峠経由の木道の下りの写真はそこに立ってみたくなりますね(^^) 思わず深呼吸しちゃいます。
こちらの山々も雪解けが進み、初夏を感じながらのhikeができるくらいです。今年はどこかの山で会えるといいなぁ〜 会いたいなぁ〜・・・と期待しつつ、毎週山へ向かいます!
先週末、白馬岳&杓子岳に行ってきました。ツクモグサが綺麗に咲き始めています。今月末までが見頃だと山荘の優しいおっちゃんが言ってました(^^)
Posted by: kuma |at: 2013/06/11 9:47 PM
あゆっちさん、
報告ありがとうございました。檜洞丸は私も行ってみましたが、残念ながら山中は花芽が出た感じで、何も見れませんでした。#麓は咲いてました
ちょっと(1-2週間)で、見れる見れないの境目ですね。。。
またチャレンジですね
Posted by: den |at: 2013/06/12 6:38 PM
>>しろうまさん
イギリスも素敵な国でしたが、
やはり日本の山たちのすばらしさにはかなわなかった感じです(笑)

山中湖まであるくなんて、凄い方がいらっしゃいますね!
地図音痴なので、どんなふうにつながってるのかわかりませんが、どう考えてもすごい距離ですよね!

しろうまさんも同じ思いで歩かれていたのですね!わたしもうれしいです!
素直に思えますよね、感謝とか感動とか・・・!
そうそう、生きててよかったって、
思えることがほんとうにありますよね(笑)

今年もいろいろ登りたいですね。
真夏はお休みしちゃうので、そろそろ秋プランをたてておかないと。

丹沢も暑い時期はちょっとお休みで。今度は紅葉狙いぐらいかもしれません。

Posted by: あゆっち |at: 2013/06/13 1:33 PM
>>くっすんさん
いえいえ、くっすんさんのほうがすごいですよ!
しかも、うらやましい旅で、そしてお天気でよかったですよね。

7月の遠征も快晴だといいですね!
Posted by: あゆっち |at: 2013/06/13 2:02 PM
>>kumaさま

イギリスにいるときから、5月に登るには楽しい山を想像して、山においては帰国が待ち遠しかったです!

白馬岳&杓子岳いいですね!
これから高山植物、そして新緑、山がイキイキとする季節ですね。
ツクモグサ、花音痴なので、知りませんでしたが、あとで調べてみます!

kumaさんいいですよね、わたしはいつか長野県に住んで、山に囲まれた生活を送ってみたいと本当に思っています。

中央道からそちらに向かう景色、涙がでそうなぐらいきれいです。日の出の時間・・・!
Posted by: あゆっち |at: 2013/06/13 2:09 PM
>>Denさま

満開の時期に訪れる難しさ・・・
それがあるから余計に、焦がれる季節で、満開に出会った時の感動があるのかもしれませんね。

しかも、1年に一度ですものね。
残念でしたが、他にも美しさや癒しを堪能できるのが山のいいところ。

来年もまたチャレンジしてみます!
Posted by: あゆっち |at: 2013/06/13 2:12 PM








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode