Entry: main  << >>
9月初秋の槍ヶ岳 空いてました!

9月の中旬 まだ暑さが残る・・・アルプスはオンシーズン。
静かな山が好きなので、本来なら行かないけど、槍ヶ岳です!

父とです 実は私はこれで6回目
小学生時代に何度か連れられて来ています、父と二人で30年ぶり。

父から「槍ヶ岳行くけど」って連絡。
2カ月近く山に行ってないから、手始めにどこから登ろうかなって思ってたところ
だったので、74歳の父のペースでしかも1泊しての槍ヶ岳だと慣らしで丁度いいかも!

待ち合わせは新穂高ロープウェイ近くの無料駐車場(父は大阪、私は神奈川在住)
到着してびっくり! 満車って看板!
この先に有料のPがあるけれど、日帰りならまだしも、数日なら手痛い料金。
とりあえず入ってみると出入りがあるので、駐車できました
この2日後に戻ってきたときは、だいぶ車がへっていたので、週の半ば以降は
空くみたいですね。ということは、9月の連休とかは、たいへんそう・・・

初日は父の希望で槍平小屋泊 なので、かなりお気楽。

ゆるい傾斜の砂利道をのんびりと

少し山道らしくなる けど 傾斜がゆるいので小屋まではウォーキング


槍平小屋に到着して 驚ろく父。
小屋の前にある 舞台のような小さな長方形が昔小屋があったそうで、
今のは新しいらしい・・・ 小学生時代、そういえば、出入り口前が道だったなぁ。

団体がいたけど、空いていて、4人部屋(Max6人)を二人で使えることに。
快適! 二人とも夜まで仕事して5時間のドライブだったので、
昼寝することに。 といっても、あんまり歩いてないから、疲れてない。

ここは水が豊かでジョボジョボでっぱなし。せっかくので、少し寒いけど
わたしは頭から冷水をかぶって洗髪。おおっ...クールというか、コールド

小屋の洗面台の水は、夜のうちにカルキ(?)を入れて安心飲料水にするためか、
朝使うとすごく薬臭い。なので、外にある水道から水をいただいて出発。

翌日は夜空を見ながら日の出もみたいし、ということで3時起きで出発


満天の星、天の川 流れ星! 
そして、白んでいく夜の空、早朝出発ってやっぱりいいなぁ

すべての生物が眠ってるような静けさ うっすらと軽く
空の色がどんどん変わってくる
夜が明けることって毎日なのに、そんな当たり前のことが
儀式のような荘厳な時間になるのが、山の朝


向かう槍ヶ岳方面、真っ黒な山のバックのブルーのグラデーション
美しい青色に魅了される

振り返ると笹ヶ岳 すばらしい稜線を双方にもつ山ですねー!
どんどんと明るく・・・ 空は青からピンク、黄色、そして白に
そんな変化を見ながら、考えながら のんびりと
槍平から槍ヶ岳までの道のりは、ゆるいジグザグ登りで歩きやすい。

感動に浸ってると

「腹空いたわぁ、メシにしようや」

ええ!?わたしは目的地に着くまでは基本、止まらないんだけど・・・
ご飯!?まだ、おなか空いてないよ
父は昨晩の夕食は、ごはんをおかわりしてたのに・・・燃費悪いなぁ〜


お!夕食がたいしたことなかった(ゴメンなさい!)のに、朝弁は豪華!
槍平小屋の方に感謝。おにぎりだけのところもあるのに、ここのお弁当Good!
ぜひ、みなさんも朝弁はこの絶景でたべてみてください!

笹ヶ岳にスポットライト
徐々に変わりゆく空の演出を見ながらの朝食。
父もわたしも大満足!


まだ薄明るい時間は天敵がいないので、雷鳥に遭遇する確率高いけど、
5羽の子供雷鳥に会ったのは初めて!(写真は3羽だけ写ってます)

そーっと望遠で撮影

フワフワの毛、小さいサイズ、子供らしい動きが愛らしい

すっかり明るく 太陽が頭上にくるまでは、山の姿が黒く美しい
さすが 北アルプス 連なる個性あるさまざまな山の姿!


緩やかなジグザグなので、のんびり、景色を楽しみながらの上り、
気がつけば3000m地点 このコースいいですね、気に入りました!


稜線にでると、やっと槍ヶ岳が見えてくる!

テント場はそれなりに混んでたけど、山頂付近は空いていました
平日だからかなぁ?時間帯か?

荷物をおいて、30年ぶりの槍ヶ岳にとりつく
父もわたしもびっくり、鎖も梯子も増えてるし、とっても登り易くなってる
岩登りっぽい感じがしたけど、人気の山になったからか・・・
安心して登れる感じ!



頂上は6〜7人ぐらいで、空いていてよかった!
昔とかわってない、この祠も変わってない!


そして、このすばらしい景色も!!! 太陽にきらめく山たちと雲海。

南岳、穂高の山たち。 ああっ・・・行きたいなぁ
あのアップダウン、空に向かう上り、ぐぐっと下りる急降下
全身で山を感じれるのが穂高の魅力!

今回ストックを置いてきたのは、もし天気がよければ、もう一泊して
穂高狙いだったんです 昨年の縦走は最高だったなぁ〜

けど・・・!ぐるりと右を向くと

西鎌尾根、笠ヶ岳の稜線

どんだけよー きれいすぎるー! 楽しいに間違いない!!!
歩きたーーーい!!!


父:「あそこ3回歩いとるで、小学生の時」

そうなんだ・・・まったくおぼえてない。
その当時はしんどくて、登山が嫌いだったんだけど。
ありがたみがわからない子供にはもったいなぁ〜 まぁ、体力ついたかもしれないけど。

やっぱりもう一泊しよ、マップを広げる
双六小屋も魅力だけど、それだと時間が余りすぎるので、鏡平山荘に行ってみよ

父は仕事があるので、下山。

さっそく西鎌尾根!

せっかくなので、ゆっくり堪能して歩こう!

いくども立ち止まっては景色を楽しむ
誰もいない 貸し切りだ!

何度も振り返る、槍ヶ岳そして、北鎌尾根のエッジがかっこいい
空も雲も、太陽も みんな素敵な景色!

苦労して自分撮りしてたら、男性が下りてきたので、撮影をお願いしました。
ありがとうございます!

この方とは双六小屋まで一緒に歩くことに。
京都からいらっしゃってて、山を登りまくってるとのこと。
詳しい、そして海外も行かれてるので、話しが興味深い!
いろいろありがとうございました。

双六小屋到着 素敵なロケーションにあるのですね。
子供のころ、泊ったんだけど、おぼえてないな。
ここで、ランチ カレーをいただく

風もなく、暑くもなくちょうどいい

贅沢だなぁ ゆっくり のんびり・・・
出会った人とおしゃべり みんな笑顔 晴れてよかったね、最高だねって!

山は、一人で来ても出会った人と気軽に話ができる不思議なところですね。
オンシーズンもいいかも。 いつもはオフシーズン狙いだけど。

槍ヶ岳とは全然ちがう雰囲気
やさしい山、まぶしい青空と緑

花の季節はもっとすばらしいでしょうね!

振り返ると双六荘 幾度も振り返りたくなる


そして、さっきまでいた槍ヶ岳と双方のと

あ!昼寝にぴったりの場所だ
ごろ〜んと・・・


はっと、起きるとすっかり雲がでてきてる


鏡平荘が見えてきた

残念ながら個室はとれなくて
*早朝出発したいのに、寝てる人に迷惑かけたくないので、
個室をできるだけとるようにしてます。
大部屋だったけど、上段は女性2人とわたしだけで、広々
彼女たちと仲良くなって、いっしょに夕食

わ!豪華!お野菜もある。おいしー!

楽しかったな〜
明日も楽しみ

3時半起きに目覚ましセットして眠りにつく

明日の晴れを信じて・・・

ところが、これが残念なことになってしまうのです。

1日目:穂高ロープウェイ近く無料駐車場(深山荘からは入って奥)ー槍平小屋泊
2日目:槍平ー槍ヶ岳ー西鎌尾根ー双六小屋経由ー弓折岳ー鏡平山荘

| あゆっち | 23:27 | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
お帰りなさい〜
お父さんとの登山いいですね!
とてもお元気なお父さん
自分と1廻りほどちがいますが
見習います!

え! 双六にいってたのですか
本日 双六から 雨を避けるかのように戻りました

双六のテント泊で 雲の平をめざしましたが、悪天の予報であきらめ
あの写真の鷲羽に登ってきましたよ〜

西鎌の尾根をみて 行きたいと
おもいましたよ!
槍は いいね!

土曜日は お天気もよくて 双六
三俣の稜線から 槍が綺麗でした

いいお天気で よかったね
笠も凛々しい形ですよね!

まだ 夏山に間に合って  よかってたですね〜

つぎは ドコへ行くの?
Posted by: がんちゃん |at: 2013/09/15 11:50 PM
>がんちゃんさん
ただいま!
ヨーロッパもいいですが、やっぱり日本は山があるので、好きです(笑)

父は元気ですが、体力の衰えを感じてるようで、トレーニングをかかしていないようです、わたしも見習わなければ・・・でも、さすがに筋肉痛になったみたいですよ。

あら!いらっしゃのですね。
あのステキなテント場に。

槍から西鎌尾根や穂高をみたら、歩かずに帰るのに勇気がいるぐらい魅力的ですよね。

土曜日、晴れてよかったですね!
神奈川は天気悪かったですよ。

次は立山と剣に行っておきたいのですが(9月末の週)、お天気次第です。

10月と11月は南アルプスと富士山、そしてできれば、中央アルプスも行っておきたいですね。

さて、今年の紅葉はどこでみようかしら・・・
Posted by: あゆっち |at: 2013/09/16 2:52 PM
紅葉に間に合ってよかったですね
今年は、少し異常な天気でしたので
紅葉は どうでしょうか?
 雨飾など行って見たいですね
中央のいいですよ
木曽駒から 空木に回れば 周回できます。また 伊那ダムから 木曽殿山荘 空木 仙涯嶺 百越山 の縦走も オススメです。
Posted by: がんちゃん |at: 2013/09/16 3:24 PM
雨飾、行ったことないです、
がんちゃんさんからも、うちからも遠いですよね?
紅葉は迷いますね、行きたいところいっぱいあります。
秋はずっと晴れてくれたらいいんですけど。
木曽駒、なるほどわたしの想像の逆まわりですね!避難小屋がおすすめって聞いてたので、ことしはそこで泊ってみる予定です。

冬に歩く山の下調べにも、行きたい山もありますし!

1年があっという間ですね!
Posted by: あゆっち |at: 2013/09/16 4:53 PM
あゆっちさん、お疲れ様でした。、
夏は山行かないってことだったので、楽しく記事を拝見しました。
槍かぁ、うらやましい山行です!参考になります。私といえば、週末に南ア(2泊3日で仙駒)を計画していたんですが、1-2日の違いで、台風の為、南アは行きをあきらめました。→塔ノ岳に変更

感想とか質問ばかりですが、コメントさせてください。
・笹ヶ岳って滋賀県の?近いんですか?
・雷鳥の子供かわいいですね。仙駒で見たかったなぁ〜
・槍からの穂高の眺め、いいですね
・FineTrackのニュウモラップフーディーいいですか?私はモンベルにしちゃいました#夏なのでまだ着てないですが、仙駒には持っていく予定でした
・鏡平山荘の飯はモリュームもバランスもいいですね。#いいですねばっかりだ
・私のグループでは。塔で、双六へ行こうって話しが出たので、槍か笠を回るルートを考えましたが、3日はかかるんですね。時間が取れないかな?
Posted by: den |at: 2013/09/16 5:55 PM
木曽駒から 檜尾岳から 支尾根を少しくだり 檜尾避難小屋があります
今年 8月に泊まりましたが、トイレも綺麗でした。
水場は確認できていませんが
小屋から 10分ほど下るとあるようですが 持参しました

結構アップダウンがきつくて
大変でした
特に2日目の池山尾根の下りが大変

くだりなのに 登っている!

タクシーの送迎で 駐車場からも戻りましたが、テント泊の荷物で
予想以上に バテバテでした!

お天気がいいと いい稜線ですね〜
Posted by: がんちゃん |at: 2013/09/16 7:41 PM
Denさん

槍ヶ岳は人気があるだけあって、やはりすばらしい山です。そして来る人がみんなちょっと特別な思いがあるので、それが伝わって、雰囲気が盛り上がってる感じがします!

・ところで、笹ヶ岳は、槍穂高の向かい側、岐阜県の山です。
わたしの登り方の逆で、初日に笠ヶ岳小屋に泊まり、2日目に槍ヶ岳周辺の小屋泊りにすれば、2泊3日でちょうどいい割合のよい距離になると思います。
わたしは予定外の追加だったので、2日目、3日目がちょっと長くなっています。

・わたしもこんなにたくさんの雷鳥の子供一度にみたのは初めてです!
父いわく、昔はもっといたらしいです。立山はウジャウジャいたらしいです!関西人なので話し半分に聞いてますけど。

・槍からの南岳、穂高の眺めは最高です!槍ヶ岳頂上では、祠での写真が多いですが、ぜひ多方面でも撮るのがおすすめです!
奥穂高から槍までの風景も息をのむ迫力で大好きです。

・わたしはFineTrackが好きなので!
機能性は文句なしです、デザインが・・・男性の本格的なアウトドア派ターゲットですよね、なので仕方ないですが。
ミッドレイヤーまでは、ほぼFineTrackです。バラクバダもかなり優秀ですよ。靴下は・・・高い割にはやっぱり、メリノウールがいいかもって思います。
モンベルもいいですよね。
荷物を少なくしたいので、兼ねる感じのジャケットが好みです。フリースは風を通すし、雨も。なので、フリースの特性を持ちつつ、雨風をふせいでくれるニュウモラップはすばらしいです、特に、稜線にでたとたん風がつよいと、汗をかいてる場合、季節によっては危険ですしね・・・!

・鏡平山荘はわさび平小屋と、双六と黒部五郎岳と同じ系列なんです。なので、新穂高ロープウェイからのコースを考えた場合、宿泊を決めてなくても、当日、どこかの小屋にたのんで、無線で予約がいれれるので、助かります。個室が少ないので、それは予約が必要です。

・1泊2日で、笹ヶ岳と槍を目指すなら、初日に、槍を上って、西鎌尾根経由で双六まで行く、翌日に秩父平経由で笠ヶ岳にのぼり、笠新道を下りるといいと思います。

どちらの山も、日帰りする人がいるぐらいなので、無理ではないとは思いますが、。コースタイムは14時間以上なので、休憩したりのんびりができなくて、ちょっとたいへんそうです。

ただ、どちらも登りたくなるぐらい魅力的ではありますので、できれば2泊3日が理想的だと思います!
Posted by: あゆっち |at: 2013/09/18 11:33 AM
がんちゃんさん

友人たちも泊ったみたいで、写真が素敵でした。水場は涸れてたみたいで・・・水多めにもっていくのはたいへんそうですね。

友人たちはこのコースを2泊3日で歩いていました。

毎年、行こうと思うのですが、天気が崩れたりで、いまだ憧れのままおいています。

ぜひ、今年は行ってみたいですね!

台風が過ぎ去って、いきなり涼しくなって、ちょと焦っています。
雪はまだしばらく、待ってほしいですね〜
Posted by: あゆっち |at: 2013/09/18 11:37 AM
コメントがすご〜く遅くなってしましました。ごめんなさいっっっ
帰国されて、早速アルプスを歩かれていたのですね。
それもお父様と!30年ぶりに一緒に槍ヶ岳だなんて、さらに素敵。
お父様、嬉しかったことでしょう。親孝行ですね。

槍ヶ岳、いつかは行ってみたいと思っているのですが、混雑しているイメージがあって敬遠していました。
が、山頂がこんなに空いている日もあるのですね。
さらに素晴らしいお天気。こんな日なら私も歩いてみたいです。

あゆっちさんと行きたいコースがいつも同じで嬉しい驚きです。
私も槍ヶ岳に行くなら、槍ヶ岳〜双六小屋〜鏡平山荘も歩きたいと思っていました。
来年、またしてもあゆっちさんの背中を追いかけるつもりで、このコースを歩くつもりです!
Posted by: しろうま |at: 2013/09/26 8:56 PM
しろうまさん

驚きですね!行きたいコースが一緒だったとは!
このコースは最高でした。
山の美しさを存分に味わえ、平和に満ちたルート。誰もが笑顔になれるようなそんな素敵な場所がたくさん。

女性のソロ、テント泊の人も多いですよ。
しろうまさん、人気のアルプスも、日をずらせば、空いてるようです。
あまりにも空いていると、写真のシャッターを押してくれる人がいなくて、不便ですけど・・・!

槍ヶ岳は10月中旬まで狙えると思います。
今年は行きませんでしたが、来年は槍と穂高の縦走してみたいなぁって思ってます!

風呂が入れないので、汗をかきにくい時期がいいかなって思ってます(^^)
Posted by: あゆっち |at: 2013/09/27 2:01 PM








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode