Entry: main  << >>
12月 冬の鳳凰山貸切!薬師岳
ディズニーランドの貸切は夢のような話だけど、
山って貸切れることがあるのが、冬!

先月歩いた白峰三山から美し鳳凰山を眺めて・・・
冬には鳳凰山から今歩いてる山を
眺めよう〜 なんて、はりきってお菓子やお茶やランチを用意して出発!

なんと、今日は最初から最後まで貸切。2年前も男性1人だったけど・・・

夜叉神峠までは、写真撮影の人もおおいから、この道は楽ちん。
暗い山道は心細いけど、日が昇る経過は美しいので、やっぱり早出で正解!
下の白い点々は街の灯り。 写真だといまいちだけど、美しい景色に見とれました!

ここだけを訪れるカメラの人の人も多いけど、今日は誰もいません。
冬型気圧配置、西と東北は強風って。今日の天気予報だったしねぇ・・・
ここ南アルプスは、午前中までは晴天、風もそれほど強くない予報。
正解でした、無風、まるで時間が止まったかのような静けさ。

日が昇るのを待つ
ここでゆったりとします。
ここからしばらくは森を歩くので、山の景色はお預けなんです。

音がなく、太陽が照らす色で景色が変わっていくのってすごく不思議な感覚。
山に一人身を置いて・・・この瞬間を味わいます。
単独行の贅沢ですね。
今日はコースタイムだと無雪期でも、頂上まで6時間以上かかる、
無雪期だと速足で歩けばいいけど、
積もってるだろうな〜 前夜は雪だったし。

夜の暗さ、朝の静けさで心が緊張してたけど、
太陽の赤い暖かい光に照らされると、寒さもどっかにいって、ほくほく気分。

冬山は木たちは 彩る緑も紅葉した葉もなくなっちゃうけど、
空に浮かぶ黒い枝の芸術も なかなかのものですよね。
太陽がありがたいって、普段の生活で思わないけど、
こんなときは心から思える

雪がだんだん深くなってきた、杖立峠にやってきました
ちょっと、欲張って食糧持ちすぎたので、少しここにデポ。

途中まであった足跡もなくなり・・・
昨日は吹雪いたと想像されるので、単独の足跡は大きさからして男性、
きっと引き返したんだろうなぁ

途中から、雪が深い。くるぶし上になり、
ひざ下になり、時より太ももまで。
自分では、スピードが落ちてないつもりでも、
時計をみたら時間がジリジリと経過。
登りは体力があるから、ズボッと沈んで、持ち上げる動作もそれほど
疲れないけど、これが帰りまで持つかなぁ〜 時間と体力を気にしながら。

苺平!遅い!2年前は他の人と交代で歩いたし、積雪も今日ほどなかった〜
今日は薬師岳登れるか微妙〜
このとおり、新雪♪ 踏むのはうれしいけど、
数時間これと闘うのは結構、辛い・・・

苺平から、南陵小屋までの道のりはほぼ平坦で緩やかなアップダウン。
ただ、雪がしっかりつもり、そして重い。太陽がほぼ照らさない場所。
冬の森を歩いてる満足感はしっかり味わえます!

森を抜けると目の前に。
人工物があるとホッとする。
ここまでは、軽装だったので、頂上に向けて、重装備に。
時間がないから、焦るなぁ〜
そして、また食糧デポ。なんでまたこんなに持ってきたんだろう(笑)

ここから頂上までは2km 雪がなければ、すぐなんだけど、
し・・・しっかり積もってらっしゃいます・・・
雪深いわ〜 時折太股までくるのは、本当に疲れるよ〜

歩いても、歩いても、小屋が見えない。
なんだか、脇腹も痛いし、嫌になってきた〜

雪の中を長時間歩くのって、ジリジリ体力奪っていく・・・

薬師小屋。
もうこの地点で12時前。冬は12時までに頂上に着かなければ、天気がよくても
折り返すって決めてるんだけど!
ゴーゴーと強風が途中から吹いてたけど、稜線にでたら、さらに強そう。
ザックが風で降られたら余計に体力消耗しそうだから、
ここで、荷物もデポ。本当はおすすめしないけど、時間短縮もしたいし。
雪が少ないから、ダッシュで!!!
う〜ん、雪がないって、こんなに楽ちんだったとは!!!
今日のコースでは特に危ない場所ってないんですが、
この岩場はちょっと注意。もっと雪がしっかり積もればいいですが、この中途半端。
雪の下は空洞になっていて、すとーーーんって下まで落ちるところもあるんですよ。
ストックで確認するか、面倒でも、足で雪の下にある感覚をチェック。
岩が凍ってるので、片足もっていかれたら、支えてる手も氷の上だと体ごともっていかれそうです。

薬師小屋あたりから風の音がすごかったけど、

稜線からは、強風ーーー!
頂上はまさに吹き飛ばされんばかり!!!
ずっと吹く風じゃなくて、時折やってくる暴風ーーー!
もう、音がガガガガーッ! ヒュ〜って風じゃない、冬山の風だ〜

でも、この広々空間やっぱり、いいなぁ〜

そして、見たかったのがこの景色。

どどーんと・・・吹きっさらす風景の中で、
さらに厳しい様相の南アルプスの秀峰たち・・・

強風で、カメラが立たない・・・ミニ三脚を石で囲って撮影〜

どうどうたる富士山も!

懲りずに撮影・・・これ時間とられるんです

観音岳まではすぐなんですが、時計を見るのも怖いぐらい!
タイムリミット〜 急いで下りなければ・・・

2年前の同じ時期。
観音岳からの歩き、眺めが絶景なんですよね〜
風がない雰囲気。富士山がぼーっとしてる。

予定では、頂上でゆったりランチをいただきながら、山を眺める・・・
だったんですが、やっぱり冬ですね。
2年前は同じ時期でも条件がよかっただけに、その落差〜

では、十分に荘厳な景色を 強風に耐えながら味わって!!!


では、ダッシュで下ります!!!
といっても、一人なので何かあっても誰も助けてくれないし、慎重に。

苺平までは日照がないエリア。
冬らしい森の景色は味わい深くて好きなんだけど、
深々と冷える空間、早く歩きたいけど、進まない重い雪 
こういうときは、誰かと一緒だと全然ちがうんだけどなぁ

苺平まで来ると、太陽の暖かさが感じられる方向に向いて歩くので、
安心。緊張もとれて、ちょっとだけ食事。
ガスとかで暖かい食事・・・面倒。冷えたオニギリと、チョコレート。
全然おいしくないよ〜 ゆっくりしたい けど、まだまだ道のりは遠い・・・

西から差す太陽の光が強く感じると夕方だ!
そして、西の山は雲に覆われてる。黒いし、きっと吹雪いてそう。
こっちに来るまでにゴールしたいなぁ

冬ならではの森林の風景。
そして、強風で木々に積もった雪が
細かく空中を走るように風と一緒に吹かれてるんですよ。

よく見ると!

キラキラ・・・ものすごい きれいです!!!

この中を歩く気持ちよさ〜

着いた〜ここまでこれば、安心!あらら、山のような雲!

吹雪いてそうだね〜

もったいないので、座って瞑想(???)
普段瞑想なんて、しようなんて思ったことないけど、
こんな一人で、荘厳な山の中にいさせてもらえるなんて、何かしたくて
瞑想(笑)

プツプツと顔に冷たいもの。ついに雪が降ってきました。

下山すると誰もいない。
けど、しばらくすると10台くらいの車がやってきた。工事車両です。
広河原のほうから・・・ご苦労様です。

夏と違って、周辺の温泉はクローズしてるんだけど、
おっと!途中で発見! 白根桃源天笑閣
地元の人ご愛用。

脚〜 疲れてる〜 温泉が身に染みました。
歩数計をみたら30km歩いてるし。
しかも、雪の中だったしね・・・ 

<夜叉神峠から薬師岳までの往復>
駐車場にお手洗いあり(水でません)
山小屋2か所。
南稜室小屋は冬期小屋あり休憩所あり お手洗いも(それぞれ有料)
湧水は凍る様子がありませんでしたが、雪が積もるとダメっぽいです。
雪は積もっても、なだらかなルートなので、アイゼン使わず。
脚を疲れさせないために、頂上ぎりぎりまでそのままで、
チェーンスパイクで十分対応できました。

2年前のブログ。同じルート

今年は年末年始は台湾で過ごします。
もう一回山行けるかな???
| あゆっち | 17:32 | comments(24) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
どうも!阿弥陀帰りです。
晴れましたね、私も11日いいなぁと思ってました。
夜叉神から鳳凰は距離ありますよね、去年の3月にあゆっちさんのブログを見て登りましたけど観音岳の往復でヘロヘロになりました。
あと阿弥陀ですが今回はP1まで行って引き返しましたよ。
予報知ってましたけど2日間天気がアレでした(泣)さすがバリエーションです。
というわけで今回は青なぎのテントに18時間くらい滞在し、飯ばっかり食ってぬくぬく過ごすだけという結果になりました(笑)
また行くかは分かりませんが行くとしたら日帰りで、2月くらいがいいですねぇ。
Posted by: いとう |at: 2013/12/13 4:45 PM
>いとうさん

そうそう、冬って条件がちょっと違うだけで別物ですよね。
3月は雪が多いから、たいへんだったでしょうね。
わたしの感覚ですが、12月って狙い目じゃないですか?

ずっと、どうしてるのかなぁって思ってたのですが、やっぱりそうですよね。というか、雪も少ないみたいですし、2月が無難???そうですよね。

今回も思ったのですが、雪がしっかりあるほうがいいです。
とくに下りは、急いで歩いてたので、岩とのミックスには脚への衝撃が〜 

冬の甲斐駒ヶ岳は狙わないのですか?戸台北から歩いて、仙丈岳と両方を1泊2日で狙っていたのですが、今年は天気と休みの調整で無理そうです・・・仙水小屋って訪れてみたいですよね〜。夏に下見してないルートの冬歩きは危険そうですけど。
Posted by: あゆっち |at: 2013/12/13 5:48 PM
3月の観音岳日帰りはとても疲れましたよー
あの年は残雪も多かったんじゃないでしょうか、雪山始めたばかりだったので 雪庇でか!とか思ったりしました。
北のほうや日本海側は別でしょうけども私も12月は積雪少なくてまだ気軽??に歩けると思います。
今回はふかふかの新雪でちょっと歩きづらかったですね。
でも数日間あの天気でけっこう積もるかもしれないですよ。
甲斐駒ケ岳は2度行ってるので(1度は途中でしたが)何となく最近はあまりですね、仙丈ヶ岳は冬に行ってみたいと思ってますよ、雪の積もった稜線やカールは写真で見るときれいですよね。
冬でも連休なんかは人気あるようなので人が入ってるんじゃないでしょうか。
そしたらあちらからの甲斐駒行ってみましょうかね。
Posted by: いとう |at: 2013/12/13 7:19 PM
あゆっちさん

南アルプスいいですね!
私は学生の頃、山梨に住んでいたので特別思い入れがあります。学生の頃は甲斐駒ケ岳に登りました(黒戸尾根ではないですが)。

夜叉神峠って明け方前に通ると、あの狭いトンネルが幽霊出そうで怖くないですか?

鳳凰三山からは甲府盆地が一望できて良いですね。学生の頃に甲府盆地から眺めていた南アルプスは最高だったので、ブログを見て鳳凰三山もいいなと思いました。
Posted by: ひろし |at: 2013/12/13 9:38 PM
日帰りですか?
夏タイムとかわらないのではないですか!
冬季小屋が2か所あると 安心ですが
食料も多そうですし(笑)・・・

展望も きっと きりりとして
神々しいですね!

3000m級の 冬山は 未経験なので
行ってみたいですが
つい躊躇してしまします〜
Posted by: がんちゃん |at: 2013/12/13 11:57 PM
>いとうさん
やはり年を越すと、積雪量もすごいのですね!雪屁なんか、もちろん1mmもなかったです!

黒戸尾根は楽しかったですが、冬の洗仙状はあこがれます、すごくきれいな山でした!
ご面倒でなければ、行くときに声かけてください!テント泊ですよね?わたしは小屋に泊ります(^^)
2月の阿弥陀〜さぞかし迫力あるでしょうね!!!私もやっぱり行きたいです。
Posted by: あゆっち |at: 2013/12/15 12:54 PM
>ひろしさん

そうだ!甲府盆地の夜景を見て、頂上からもその景色を私は見ていたんですよね。
住んでたことなると、感慨深いでしょうね!

このコースはお気に入りですが、夜叉神峠を夜か、暗い早朝に走るのは本当に苦手です・・・
ただでさえ、くねくね道は苦手なのに、凍ってたり、道に小さな石とかごろごろ落ちてたり、雰囲気も暗いしで、緊張します!!

山は、歩き始めたらどんなに暗くても、一人でも平気ですが、それまでがなんだか気が重いものです〜
白夜だったらまた違ったかもしれませんね(笑)
Posted by: あゆっち |at: 2013/12/15 1:00 PM
>がんちゃんさん

日帰りですよ(^^)
一人で、小屋に泊るのは幽霊が怖いです(笑)
1月以降は小屋まわりの積雪も多くなりそうなので、スコップ持参が必要そうですけど、南アルプスのこのあたりの山は12月だとまだ初冬のイメージで、今回もそうでした。

ただ、足跡は途中までしかなくて、結局、しんどいところは積雪が多くてプチラッセルはたいへんでしたよ〜

2年前は頂上まで4時間かからなかったことを考えると、やはり積雪とソロでの行動は体力消耗のリスクを感じます!

がんちゃんさんにアドバイスいただいてからは、地図読みやGPSも導入して安全確保を怠らないようにしますよ、ありがとうございます!
Posted by: あゆっち |at: 2013/12/15 1:04 PM
あゆっちさん、今回の山行はなかなかハードでしたね!それにしても山頂はかなり風が強そうで…。音は聞こえなくても、写真見てるだけでゴオーって聞こえてきそうです。
私も今年は厳冬期の鳳凰山にも行こうと思っているのですが、どんなもんかな〜って考えてたとこでした。参考になりました。ありがとうございます。

14日に赤岳に行ってきたのですが、行者小屋あたりから雪が舞い始めて、行けるところまでと思いアイゼン・ピッケル用意して向かったのですが、鎖場手前のコルで吹き飛ばされそうになり撤退しました。雪山ってお天気次第でずいぶん変わりますよね。
月夜のsnowhikeを楽しみながら樹林帯で夜明けを待つ! サイコーでーす&#10084;

Posted by: kuma |at: 2013/12/15 9:11 PM
あゆっちさん、今回も美しい写真をありがとうございます。
写真の撮り方、綴り方大変参考になります。
私は鳳凰はずっと昔に秋に登っただけですが、冬の白峰三山の絶好のビューポイントですね!

お正月の台湾がんばってくださいね。玉山(新高山)は、富士山より高いですから〜って山じゃないでよね(笑)
Posted by: sugar |at: 2013/12/15 11:37 PM
>kumaさん

そうなんです!距離が長いのはいいのですが、誰もいなかったので雪かきながらの歩行はさすがに堪えました・・・!3人ぐらいで交代すれば、全然問題ないと思います。
来年になれば、雪も相当積もってそうですが、雑誌にも取り上げられていたので、休日は結構人がおおいかもしれませんね!
小屋も2か所ありますし、携帯も繋がる場所が多いので、リスクは低いと思います。
個人的には、泊ればよかったなぁって思いました。あと、薬師小屋にたどり着くまで展望がない山なので、やっぱり最後まで目指さないともったいないです(^^)

赤岳は文三郎から登られたのですね。確かに、あそこから風がさらに増して強くなりますよね!
わたしも昨年の12月に同じところで撤退しました。でも、あそこまで苦労してたどり着くと、結構な満足感ありますよね(^^)
天気がいい日に行くと、別の山かと思うぐらい簡単に登頂できるので本当に冬は天気に大きく左右されますよね。

月夜のスノーハイク!いいですね。
関西出身なので、雪にはなじみがないぶん、すごい憧れがあります。
雪が降ってきたら、大人になった今でも、思わず外にでて空を見上げたりしてます(笑)
Posted by: あゆっち |at: 2013/12/16 9:57 AM
>sugarさん

写真のことありがとうございます!
鳳凰は人気の山なので、冬以外はすごい人が多いって脅かされました(笑)
冬に白峰三山は敷居が高いですが、それを眺める鳳凰なら森林限界もぎりぎりなので意外とお気軽!?

あ!ご存知なのですね、台湾には富士山より高い山があるって、私知らなくて・・・
食事と温泉と博物館と海と・・・2週間ほど行ってきます。
もし気に行ったら、他の季節に台湾の山を歩きに行ってみたいです!
Posted by: あゆっち |at: 2013/12/16 10:01 AM
こんにちは、30舛論┐い任垢諭繊!
それは疲れますわな。

しかし、下から2枚目の写真ってどこでもよく見かける風景ですね。

僕も日本全国旅しますけど日本ってどこにいっても同じ道路、同じ造りですよね〜

連休は鳥取大山いってきます。
Posted by: ヤッホー |at: 2013/12/18 12:41 PM
ヤッホーさん

といっても、なだらかな道のりなので、そんなにたいへんじゃないんですよ。
ただ、今回は雪が積もっていたので、そのプチラッセルと、ほぼ平坦な通常ならスピード歩行できる道のりが、ずっしりと湿った雪で、自分の体力がどこまでもつかドキドキでした。

やはり、アラフォー・・・その点の計算はしておかないと、若いころのパワーの持続って、無理だって日常生活でも感じるこの頃です〜

大山!うらやましいですね〜
昨年の晴天写真が眩しく思い出されます!またブログ拝見しますね。
Posted by: あゆっち |at: 2013/12/18 12:56 PM
そうそう視力とね(笑)

スピードでは確実に若い人に負けるのでひたすら持久力を鍛え上げてます(笑)

粘りでは負けんぜよ(笑)
Posted by: ヤッホー |at: 2013/12/18 1:17 PM
ヤッホーさんへ

笑!わたしも、まだ老眼じゃないけど、ピントが合いにくく・・・
まぁ、座りっぱなしの仕事なんで、目には悪いとは思うのですが・・・

そそ、それと経験と変な勘は若者には負けません(笑)
あと、ノリとツッコミも、関東の山では負け知らずかも(^^)
自分よりしゃべる人、1人か2人ぐらいしか会ったことないなぁ〜
Posted by: あゆっち |at: 2013/12/18 3:13 PM
独り占めの雪山いいですね〜

秋に登った登山道がこんなになるんだとびっくりしました。

それにしても踏み跡がない新雪の状態で日帰りでとはすごいです!

関西でも雪が降っているところが増えたようなので、日帰りで登れるところにででも行ってみようと考えています。
Posted by: ノリ |at: 2013/12/25 9:54 PM
ノリさん、確かに冬はほかのシーズンと違って、厳しさが増しますが、その荘厳さと、特有の孤独感は、冬山の楽しみでもあるような、きがします。
今、海外にいて暖かい所なので、戻ったら鍛え直すのが、大変そうです(´`)
関西の冬山も、一度ゆっくりいってみたいです。お正月休みに、のぼられるのですか?雪が積もってたらきれいでしょうね(´▽`)
Posted by: あゆっち |at: 2014/01/01 1:43 PM
どうも!奥穂帰りです!
休暇中&ここでご報告すみません。
12/29〜1/1に1人で前に言っていた涸沢岳、奥穂高 行ってきました。
大晦日に吹雪の中、奥穂に登って涸沢から下るのはシビれましたが無事下山できました。
穂高岳山荘の冬季小屋も掘り起こして泊まりましたが悪天候で日の出は見れませんでした、残念。
Posted by: いとう |at: 2014/01/01 5:41 PM
いとうさん
ついにやったんですね!
ただただ、びっくり!!!
何かの機会に壮絶な穂高の冒険を聞きたいです!
やり遂げたあとの高揚感はすごいでしょうね!
私も興奮してます、台湾にて(^^)/
Posted by: あゆっち |at: 2014/01/01 8:10 PM
やりましたよ〜
あの天候で奥穂の山頂まで行けたのは本当に運もよかったんだと思っています。
ブログとかやってないので写真を見せる場もないですが機会があったら今回の珍道中をお話しします。
今回は荒れていて視界がなかったので写真は少なめでした、余裕もありませんでしたね〜。
Posted by: いとう |at: 2014/01/02 2:08 PM
でしょうね!
歩くだけでもたいへんだったでしょうね。神の領域じゃないですか!
天気荒れてると、人間の領域を超えますよね。
貴重な体験、うらやましい!!!
是非興奮の話!聞かせてください。
北鎌尾根のことも聞きたいですし。
私は帰国したら丹沢あたりで慣らしからです(´ー`)
Posted by: あゆっち |at: 2014/01/02 7:52 PM
あゆっちさん、お久しぶりです。
ブログにはちょくちょく遊びに来ていましたが、コメントを残さずにすみませんでした。
遅ればせながら、今年も宜しくお願いします。
今年こそ、どこか一緒に歩けたらいいですね。

毎回不思議なことに、私が目標(夢)としている山にあゆっちさんが行かれることが多くて、驚きと共に嬉しくなります。
今回も、「雪の夜叉神峠に行って北岳を見たいなぁ〜」と思っていたところだったので、写真が見られて幸せな気分になりました。

静寂の中、朝陽が登っていく素晴らしい景色。最高ですね!景色も独占。
これは私もゼッタイに見てみたいな〜

その後の薬師岳までの道程は大変厳しそうですが、楽しそうでもありますね!
山頂からの荘厳な景色。頑張った人にだけ与えられる山からのプレゼント。
あ〜私も山に登りたくなってきました。

昨年末からいろいろあって、心身ともに疲れていました。(主に家族の健康問題なのですが。若い頃とは悩みが変わってきました...)
そろそろ復活し、夏に向けてのトレーニングを開始しようと思っています。
また元気な気持ちで山歩きをして、あゆっちさんに報告できたらと思っていますので、宜しくお願いします。
あゆっちさんの山歩きも引き続き楽しみにしていますね!
Posted by: しろうま |at: 2014/01/25 6:20 PM
しろうまさん

同じくですよ!
しろうまさんの、鳳凰山歩きのブログを見て、冬に行ってみようって思ったんですよ!

ぜひ!おすすめです。
コースは簡単で、なだらかですから、しっかり装備を持っていけますし、避難小屋もありますし、
比較的安全な冬山です(^^)/

しろうまさんが、しばらくブログをお休みしていたので、心配していましたが、お互い同い年、悩みも一緒なことも多そうです!

わたしは過去に、すごく大変な時期があって、それがあって、山に出会ったんですよ。
それから、山でいろいろ考えたり、元気もらったりしながら、ずいぶん助けられたこともあって・・・
山だけじゃなくて、いろんな方のブログやヤマレコとか、出会った人のすごくうれしそうな顔とかからも元気もらって、感謝する気持ちがずいぶん持てたんです。

高い山も、低い山も、晴れても雨が降っても・・・何らかの形で感動をくれます、若い時は刺激を求めてましたが(笑)、この歳になると、身の回りの小さなことにも感動するようになって、だから余計に山には感動を覚えるんでしょうね・・・

今年はアルプス行かれます?
どこか、小屋待ち合わせでもいいですね!
語らいすぎそうですけど(笑)
Posted by: あゆっち |at: 2014/01/26 5:36 PM








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode