Entry: main  << >>
12月初冬の両神山
 
アルプスを避難小屋泊まりで出かける予定だったのですが、
友人に急用があってキャンセル・・・
一人では、どかっと積雪が結構あるこの時期は無理だし。ラッセル地獄〜!

で、急いでどこの山にしようかって調べても、行きたい山はもっと厳冬時期に
とっておきたいし、近所の山は秋に散々歩いたので・・・

最近買った、100名山の本をペラッとめくってみると、

両神山 埼玉県・・・さ!埼玉って山のイメージないんですけど
(元関西人なので、関東には疎い)

埼玉県の百名山! これは行ってみたい!

大いに期待しすぎて、頂上でがっかりな結果でしたけど・・・
狭くて、展望が微妙な頂上。

メジャーなルートで往復してみました。
登り口 日向大谷:有料駐車場500円 無料もあり
両神荘周辺に、登山届、駐車料金箱があります。
戻りは、七滝沢コースにしました 
このマップには滑落などの事故多発の記載あり、マップにも”迷"と”危”マークあり
どんなすごいコースなんだろう!!!

出発しようとしたらもう一人男性がいらっしゃたのですが、
すごい偶然で、すごく家が近い!!!
二人とも、適当な行く山がなくて、ここにしたみたいな話をしてたのですが、
お互い地元なので、山の話に通じるものが多くて楽しい会話をしながらのんびりと歩きます

まさに初冬ですね~ 霜がおりて、ひんやりなのですが、
落葉したばかりの秋の雰囲気も残っていて、乾いたこおばしい香りを感じます。

だらだらと、ゆるやかで歩きやすい道のり しゃべっていたら、すごく歩きが遅いことに
気がついて、わたしは途中から、ちょっとスピードはやめて登ることに。
初めての山なので、できれば頂上には早くついておきたいし!

日陰の部分は凍ってますね!


湧水!?触ってみたら、ぬるい・・・この水ってなんだろう・・・

清滝避難小屋、お手洗いも
りっぱなのがあって、炊事場まで!
そして、中も広々。ただ、展望とかないので、そこは残念。

小屋からは、ちょっと登りが急になってきたものの、ペースが保ちやすい歩きやすみ道のり

鎖場で”危”マークがあったエリアにさしかかって

ここから本番!?と思ったら、こんな安全な階段が設置されていました

どの山も、整備されてきていて、標識も多くてとても歩きやすいです!
標高が高くなるにつれて、雪がちらほら
ほとんど凍ってる感じ。アイゼンは不要ですが、チェーンスパイクがあれば
安心ですね。
アイゼンは木々の根を傷めるのでまだこのレベルでは装着しないほうがいいですね。

目の前に鳥居が忽然と!
この山も他にあるおおくの山と同じで、修験の山なのでしょうね。

狛犬でも、狐でもない!
痩せた犬???背骨がゴツゴツしてます!尻尾は長くて細いし。
あばら骨を表してるところが気に入りました!
なんで痩せてるのを表現してるのでしょうか・・・

マップには、急坂とか危険マークがありましたが、懸念するほどではなく
歩き始めて2時間半で頂上に到着 
今日はゆっくり目に歩いたのですが、コースタイムはもう少しかかります。
基準がすこし甘い感じなんでしょうね。 
ここまで視界が開けるところはありませんが、休憩用の椅子とテーブルなんかは数か所にあります。
頂上の広さがあまりにも狭かったので、頂上と気がつかず、通り過ぎてしまいました!

休憩しようにも、こんな感じで、空いてるスペースに点在させて(^^ゞ

ところで、さすが奥秩父!!!見渡す限り山々・・・山~なですけど、
そのせいで、アルプスや富士山なんかも見えますが、ちょこっとだけです

埼玉県のイメージがかわりました!
こんな山山山があったんですね~もちろん県をまたいでますけど。
ぐるぐる回って、山々山〜を何度も見て・・・日本は改めて山国。
そして、たくさんの山の恵みが下界を麗しているんだなぁと・・・

慣れない土地でこういったものは助かります(^^)
この山は、春の花、紅葉のシーズンに人気があるんでしょうね。
今時期は中途半端なので、人気なくて、誰もいない静かな山頂です。

なので、ゆっくりとお湯を沸かして、お昼に。

せっかくなので、ついでにお茶もすることに。どう考えても、途中で展望が開けて
休憩したくなるようなところがなかったので。
下山途中にこういうところありますけど、日陰で、展望悪し。
新緑か紅葉の時期だと最高そうですけど♪

ゆっくり休憩して、ぐるぐるとまた山を見渡していたら、途中まで一緒だった男性が
やってきました。で、お昼はほとんど食べないで一緒に下山!!!
ダイエットのためだそうです。なので、朝も食べてないそうで・・・

信じられません〜私は、すでにきっと5000カロリーぐらい食べてますからね〜
まぁ、病気なのでやたら食べておかないとダメとはいえ、
そうでなくても、山登るときはめっちゃ食べておきますけど!

いろんな考え方があるものですね!

途中で、七滝沢と登りに来た道に分かれる分岐点で、男性とは別れることに。
きっとお腹がすきすぎて、早く下山したかったのではないでしょうか・・・たぶん!


おお!七滝沢のほうは、沢そば歩くなと思ってたけど、
水沿いということもあって、凍った世界が楽しめます(^^)

厳冬期になると、もっと凍った世界が広がるんでしょうね〜!

お!お見事な氷の滝!これ結構大きいですよ。
写真ではいまいちですが、実際は迫力と美しさの水の造形

迷も、危険もない感じで、急坂をいくつか下山するとあとはなだらかな道のり
川の流れの音を聞きながら・・・

すっかり落葉 雪のラッセルみたい! 落葉のラッセルはカサカサ軽い♪

水の中も紅葉 

戻ってきました!

片道2時間以上かけてやってきた割には、物足りない山でしたが、
木々の種類が豊富でしたので、新緑やもしくは花や紅葉の時期がいいんでしょうね(^^)

そして、日向大谷コースは
とても整備されてとても、歩きやすくて気軽にハイキングが楽しめました。

帰りは渋滞でしたが、車窓からの景色はいつもぐるりと山に囲まれて、
日帰り温泉も点在していて、道の駅も多くて、野菜や地元の名物を
買い物したり、お蕎麦をいただいたり
ドライブ気分で高速の乗り口まで。
ちょっと旅気分味わえて!いい所ですね(^^)

それにしても、今年は雪がすごいですね!
体調が万全じゃないので、一人でラッセル地獄はたいへんなので、
標高の高い山はからは遠のき気味・・・!
ラッセル一緒にやってくれる人誰かいないでしょうかね~(笑)
| あゆっち | 23:52 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
冬山一年生の私にはラッセルは未経験です。体力には自信ありますから必要な時は呼んでくさされww
テカ、マジに教わりたいです(ノ∀`)ペチョン
Posted by: JUN |at: 2014/12/13 9:58 PM
>JUNさん

ありがとうございます!
わたしもたくさん経験したわけではありませんが、敗退も何度かしているので、たいへんさだけはよくわかってる気がします〜


私の冬山1年生は、八ヶ岳の赤岳だったのですが、かなりビビリましたよ〜!で、怖いのとは別に、
ラッセルは、ひざ下でも、長時間歩いていると、じりじり疲れてくるので、数人で行くか、テント泊でゆっくり進むかですね!

今年はもう終わりなので、来年、行きたいところいろいろ計画してるのですが、一緒に行ってみますか?
(^^)/ 
Posted by: あゆっち |at: 2014/12/14 11:12 AM
またまた ハイペースになりましたね! 自分のペースが一番疲れにくのでしょうね〜
100名山なら 人が多くて安心ですね!

沢コース 滝の氷漠いですね!

地元裏六甲にも 氷漠の有名な滝ありますよ〜

今年は 雪の降るのが 少し早いようですが 多くなるのですかね〜
ぼちぼちで いいのですが・・・
ラッセル大変だ・・・

自分は 山をあるいて 脂肪肝なおりましたよ〜
油物へらし おなか一杯たべてるよ〜
Posted by: がんちゃん |at: 2014/12/14 8:55 PM
私は年末に西穂山荘泊りで今年を〆ようと思ってます。
今年3月の日帰りハイクでは独標まででしたが泊まって朝一出発なら西穂高往復を達成したいと思ってます(ノ∀`)ペチョン
ところであゆっちさんの当初の記事が読めなくなってしまってますよね。
少々残念・・・
Posted by: JUN |at: 2014/12/15 12:08 AM
>がんちゃんさん

滝、すごくきれいでしたよ!
お見せしたかったです!

コースに階段が設置されていたので、その難所にかかる時間がかなり短縮されていると思います。なので、みなさん、きっとコースタイムよりはだいぶ早く歩けるようになっていると思います(^^)

今年は早いですよね!!!
わたしはうずうずしていますが、休みと天気のタイミングがあわずに、雪で遊ぶ山は来年以降になりそうです・・・!

山歩きしてから、いろんなことがずいぶん変わりましたよ!
もちろん、健康にもなりましたし!
脂肪肝の改善は大収穫ですよね。普通に生活してたら、わたしも脂肪と糖分で、りっぱに太ったおばちゃんになってることと想像されます(笑)
山に感謝です!
Posted by: あゆっち |at: 2014/12/15 11:11 AM
JUNさん

いいですね!
わたしもリベンジしたいところです。
年末の〆としては、最高ですね!

当初の記事???
今のブログの容量が不足気味なので、過去に消したかも・・・!
でも、ちゃんと今みたいに山に行ってるのは、ここにある記録ぐらいからなんですよ!
Posted by: あゆっち |at: 2014/12/15 11:13 AM








Trackback

山登り日記ページへ

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode